聖書日課プロジェクト

「4年サイクル主日聖書日課」を礼拝・説教に生かすために

D年聖霊降臨節第19主日

〈神の富と知恵〉

今週の聖句

世に打ち勝つ勝利、それはわたしたちの信仰です。(ヨハネの手紙一5:4)

G. ドレ「イエス、人々を教える」(1891年)

HOME | D年聖霊降臨節 | 第19主日

更新日 2020-09-12 | 作成日 2017-10-20

聖書日課朗読箇所

ヘブライ語聖書

箴言3:13〜20

13 いかに幸いなことか
 知恵に到達した人、英知を獲得した人は。
14 知恵によって得るものは
   銀によって得るものにまさり
 彼女によって収穫するものは金にまさる。
15 真珠よりも貴く
 どのような財宝も比べることはできない。
16 右の手には長寿を
 左の手には富と名誉を持っている。
17 彼女の道は喜ばしく
 平和のうちにたどって行くことができる。
18 彼女をとらえる人には、命の木となり
 保つ人は幸いを得る。
19 主の知恵によって地の基は据えられ
 主の英知によって天は設けられた。
20 主の知識によって深淵は分かたれ
 雲は滴って露を置く。

詩編

詩編139:1~10

1 主よ、あなたはわたしを究め
 わたしを知っておられる。
2 座るのも立つのも知り
 遠くからわたしの計らいを悟っておられる。
3 歩くのも伏すのも見分け
 わたしの道にことごとく通じておられる。
4 わたしの舌がまだひと言も語らぬさきに
 主よ、あなたはすべてを知っておられる。
5 前からも後ろからもわたしを囲み
 御手をわたしの上に置いていてくださる。
6 その驚くべき知識はわたしを超え
 あまりにも高くて到達できない。
 
7 どこに行けば
   あなたの霊から離れることができよう。
 どこに逃れれば、御顔を避けることができよう。
8 天に登ろうとも、あなたはそこにいまし
 陰府に身を横たえようとも
   見よ、あなたはそこにいます。
9 曙の翼を駆って海のかなたに行き着こうとも
10 あなたはそこにもいまし
 御手をもってわたしを導き
 右の御手をもってわたしをとらえてくださる。

使徒書

ローマの信徒への手紙11:33〜36

 33 ああ、神の富と知恵と知識のなんと深いことか。だれが、神の定めを究め尽くし、神の道を理解し尽くせよう。
34 「いったいだれが主の心を知っていたであろうか。
  だれが主の相談相手であっただろうか。
35   だれがまず主に与えて、
  その報いを受けるであろうか。」
36 すべてのものは、神から出て、神によって保たれ、神に向かっているのです。栄光が神に永遠にありますように、アーメン。

福音書

ヨハネによる福音書10:31〜42

 31 ユダヤ人たちは、イエスを石で打ち殺そうとして、また石を取り上げた。 32 すると、イエスは言われた。「わたしは、父が与えてくださった多くの善い業をあなたたちに示した。その中のどの業のために、石で打ち殺そうとするのか。」 33 ユダヤ人たちは答えた。「善い業のことで、石で打ち殺すのではない。神を冒涜したからだ。あなたは、人間なのに、自分を神としているからだ。」 34 そこで、イエスは言われた。「あなたたちの律法に、『わたしは言う。あなたたちは神々である』と書いてあるではないか。 35 神の言葉を受けた人たちが、『神々』と言われている。そして、聖書が廃れることはありえない。 36 それなら、父から聖なる者とされて世に遣わされたわたしが、『わたしは神の子である』と言ったからとて、どうして『神を冒涜している』と言うのか。 37 もし、わたしが父の業を行っていないのであれば、わたしを信じなくてもよい。 38 しかし、行っているのであれば、わたしを信じなくても、その業を信じなさい。そうすれば、父がわたしの内におられ、わたしが父の内にいることを、あなたたちは知り、また悟るだろう。」 39 そこで、ユダヤ人たちはまたイエスを捕らえようとしたが、イエスは彼らの手を逃れて、去って行かれた。
 40 イエスは、再びヨルダンの向こう側、ヨハネが最初に洗礼を授けていた所に行って、そこに滞在された。 41 多くの人がイエスのもとに来て言った。「ヨハネは何のしるしも行わなかったが、彼がこの方について話したことは、すべて本当だった。」 42 そこでは、多くの人がイエスを信じた。

ヨハネによる福音書10章の3回目、最終週。イエスの「業」が、イエスの内に神がおり、イエスが神の内にいることを示していると言う(38節)。

箴言3:13〜20は、「知恵」の賛歌。「知恵」が天地を創造したこと、その「知恵」を得ることの幸いを語る。「知恵」は女性名詞なので、「彼女」という代名詞が使われている。

ローマの信徒への手紙11:33〜36は、神の「知恵」をたたえる。