●2015.12.29.
今日で2015年の診療は終了しました。患者様、取引業者様、スタッフ…。今年も多くの方のお世話になりました。ありがとうございました。
2014年1月の移転によって診療室は2倍近くに拡張されました。当初は余裕があったものの、来院される患者様の増加により、今年後半からは少しずつ予約が取りにくくなってきました。来年は診療台の増設やスタッフの増員をおこなう予定です。
今年はこれまでになく全国から患者様が来院された年でもありました。先月だけでも北海道、宮城、群馬、大阪、沖縄…などからも来院されました。来院された患者様には感謝の気持ちでいっぱいでおります。本当にありがとうございました。
来年もまた皆様のお役に立てるよう、全力で走っていこうと思います。中川駅前歯科は、来年もまた大きく変わります。

●2015.12.24.
ここ最近、街で横浜DeNAベイスターズの帽子をかぶったお子さんを、ちらほら見かけるようになりました。中川駅前歯科にも、何人かのお子さんが帽子をかぶって来院されました。
ご存知の方も多いと思いますが、これは球団創設5周年企画の一つとして、ベイスターズが神奈川県内の幼稚園、小学校、保育施設など、72万人のお子さんに帽子を配ったためです。
球団創設時は「東京の会社が横浜に来て何をする」などと言われたこともありましたが、すっかり地域に根ざし、観客動員数も4年で65%!も増加しているとのこと。
これからも、地域と共に歩んでいってもらえればと思います。

●2015.12.17.
今週(といってもまだ木曜日ですが)は、様々な地域から患者様が来院された1週間となりました。
宮城、福島、群馬、栃木、静岡、沖縄…。日本にはコンビニの1.5倍、7万近くの歯科医院がありますが、その中から中川駅前歯科に通院して頂けることを、ありがたく思っております。友人の娘さんが中川駅前歯科で難病が治ったとして、同じ病気をもつ患者様も来院されました。
今年の診療もあと10日ほど。年内は29日の午前まで診療しています。何かありましたら、お気軽にご来院頂ければと思います。
よこはまプレミアム商品券のご利用もあと少し。期限が過ぎると紙クズです。こちらもお忘れなく(^-^;

●2015.12.13.
あざみ野駅構内に10日にオープンした「しぶそば」で朝食。一杯のかけそばを食べ、お茶の水へ。セミナーに参加して来ました。
講師の先生は睡眠治療に携わる3人の歯科大学教授。オトガイ舌骨筋前方牽引術、クロニジンのブラキシズム抑制効果、ブラキシズムのリスクファクターへの対応…。
睡眠時無呼吸症候群の口腔外科手術とマウスピース治療、歯軋り治療について夕方まで学んできました。学んだことは、年末年始に他の研究論文を読むことで掘り下げ、診療を通して来院される患者様に還元できればと思います。
今年の学会、セミナー参加は今回が最後。来年も積極的に参加して、新しい知識、技術を取り入れていきたいと思います。

 しぶそば しぶそばあざみ野店

●2015.12.12.
師走の中川駅前歯科は大忙し。
今日は昼前に埼玉から通院されている患者様のインプラント手術。
昼休みは夏に手術をおこなった患者様のインプラント義歯の装着。サンドイッチをほおばり、すぐに午後の診療(食後の歯磨きはしっかりしています)。
紹介で来院される睡眠時無呼吸症候群の患者様は土曜日の来院が多く、今日は10名の患者様が来院。日ごろ患者様をご紹介頂いている医師の先生も、患者様として来院されました(お世話になっています)。診療後は紹介して下さった医師の先生方に経過報告書を作成。
今週は100人を超える患者様が来院した日が2日。ちょっと疲れましたが、来院して下さる患者様には感謝、感謝の気持ちでいます。微力ではありますが、少しでもお役に立てればと思います。

 インプラント義歯 インプラントを使用した入れ歯

●2015.12.10.
連日のインプラント手術。
午前の手術は、他の施設で骨がなくできないと言われた患者様。骨の量が少ないときは、骨の移植など補助手術を併用することでインプラント治療が可能となります。
インプラント治療が普及したのに伴い、手術に限らずインプラントの上部構造(銀歯など)においても転院してくる患者様が増えています。
AQBインプラントを入れた患者様は手術直後に歯科医院が経営難で閉院。京セラのインプラントを20数年前に入れた患者様は、上部構造が破損したものの、治療をおこなった歯科医院は院長高齢のため閉院。3iインプラントを入れた患者様は手術直後に転勤。
中川駅前歯科では、患者様のお役に立てればと思い、こういったケースにおいても対応できるようにしています。

 インプラント手術 連日のインプラント手術

2015.12.6.
昨日は中川駅前歯科の忘年会でした。
忘年会シーズンともなると、お酒を飲む機会が増えます。歯科医学的な話としては(硬い話です)、アルコールは体内の水分を奪うため、口腔乾燥症口臭の原因となります。また、寝る前の飲酒はいびき、睡眠時無呼吸症候群の症状を悪化させるほか、睡眠の質も低下させます。
一方で、お酒は食欲増進、ストレス緩和作用といった効能があります。赤ワインが、がん予防、美容に効果があるとされるポリフェノールが多く含まれることから、ブームになったこともありました。
診療をしていると、患者様から「お酒は飲まないほうがいいですかねぇ〜」と聞かれることがあります。ほどほどであれば良いのではとお答えしています。酒は百薬の長、酒は飲んでも飲まれるなといったところでしょうか。

●2015.12.3.
午前最後の患者様はインプラント手術。2本のインプラントを埋入。20分ほどの手術でした。
事前に専用の解析ソフトを使用して、しっかりプランニング。手術時間は解析ソフトを使用していなかった10年前に比べると短くなりました。大抵の手術は20分以内に終わります。
年内にインプラントを入れておきたいという患者様が多く、12月中旬までインプラント手術が続きます。

 インプラント手術 下あごに2本のインプラントを埋入

●2015.11.29.
神奈川県歯科医師会が開催した歯周病・糖尿病に関するセミナーに参加してきました。
予備軍も含めた糖尿病の国内患者数は2050万人、成人の5人に1人が該当します。歯周病は糖尿病の合併症の一つで、糖尿病の治療をおこなうと歯周病の症状は改善し、歯周病の治療をおこなうと糖尿病の症状は改善します。
セミナーでは最新の糖尿病治療、歯周病治療による糖尿病の症状改善効果糖尿病と睡眠時無呼吸症候群、ドライマウスとの関係について学んできました。知っている内容が多かったものの参考になりました。
今月は休みが2日と、忙しい月となりました。来月も忙しくなりそうですが、がんばります。

 セミナー 歯周病・糖尿病セミナー

●2015.11.27.
早いもので来週から師走。来月はインプラント手術が多くあります。
入れ歯が嫌でインプラントにされる患者様(逆のこともあります)、他院でインプラントは難しいと言われた患者様(慎重に手術を進めます)、2時間かけて通院されている患者様(いつもありがとうございます)…。様々な患者様のインプラント手術をさせて頂きます。
インプラント手術で大切なのは手術前の分析。特に難しい手術ほど時間をかけて分析をおこないます。そして手術前には何度も頭の中でイメージトレーニング。たった20分の手術ですが、しっかり準備。これが大切です。

 シムプラント CTデータをコンピュータで解析

●2015.11.23.
始発の「のぞみ」に乗り、名古屋郊外の医科大学で開催された睡眠歯科学会に参加して来ました。
毎年参加しているこの学会。10年前は50人ほどの参加者しかいませんでしたが、今年は150人ほどの関係者が参加。3000人以上もの関係者が参加するインプラント学会などに比べると規模は小さいものの、少しずつ参加者が増えているようでした。
学会では睡眠時無呼吸症候群と顔面形態との関係に関する発表と睡眠医療での医科歯科連携に関する発表が多く、その他では歯軋りと三叉神経との関連、無呼吸治療で使用するマウスピースの効果に関する発表などがおこなわれました。無呼吸症候群の治療によりメニエール病やうつ病が治ったという発表は、とても参考になりました。
17時過ぎに学会は終了、20時前に横浜に帰ってきました。次回は3週間後、睡眠時無呼吸症候群の外科手術、大学病院でおこなっている歯軋り治療について学んできます。

 藤田保健衛生大学 会場の藤田保健衛生大学

●2015.11.19.
来月2日におこなわれる整形外科枕の計測日。あと少しで定員に達します。
山田朱織枕研究所が開発した整形外科枕。14日はラジオ、16日にはテレビ…。相変わらずメディア多くのメディアに取り上げられています。研究所のスタッフの方と接していると、教えられることも多く勉強になります。
歯科と睡眠。一見すると関係のないように見えますが、いびき、睡眠時無呼吸症候群歯ぎしりなどの分野において、歯科は睡眠と大きく関わっています。

●2015.11.13.
職業病か、「歯」に関することについつい目が行ってしまいます。最近気になるのが、安倍首相の歯科医院通い。
安倍首相の追っかけではないのですが、新聞の首相動静の欄に目が行ってしまいます。安倍首相、歴代総理の中では最も歯科医院に通院している、最も歯でご苦労されている首相では?と思います。
先月の中央アジア5か国訪問前はよく通院されていましたし、今月も通院されています。ストレスがかかると歯が痛むようで、2年前はロシア訪問中に歯のひどい痛みから、プーチン大統領との会談直前に現地の歯科医院で応急処置。昨夏は9日間で4回も通院され、週刊誌に「ストレスから歯に痛みが出て、歯の根の治療か?」と書かれていました。
昨日もお昼頃に30分の歯科治療だったようで…。首相としての激務に加えて、歯の治療。本当に大変だなぁと思います。

●2015.11.8.
7時前の電車に乗り、千葉の日本大学松戸歯学部へ。松戸歯学部は附属病院の「口・顔・頭の痛み外来」が有名です。
その口・顔・頭の痛み外来が開催するセミナーに参加。セミナーでは、舌の痛み(舌痛症)、あごの痛み(顎関節症)、歯が原因でない歯の痛み(非歯原性歯痛)について学んできました。
講師の先生は2人の教授、受講生は私を含めて僅か5人。人数が少ない分、この分野の第1人者の先生にたくさんの質問をすることができました。休憩時間は全て合わせても10分ほど、昼食中も治療に関する討論。夕方までセミナーはぶっ通しで続きました。
収穫の多い充実した1日となりました。学んだことは、日々の診療に反映できればと思います。

 日本大学松戸歯学部附属病院 日本大学松戸歯学部付属病院

●2015.11.5.
歯科の分野で難病ともいえる病気の取材を受けました。取材された内容は、来年2〜5月頃に複数の新聞に掲載される予定です。
インプラントや審美歯科ばかりが注目されている歯科界ですが、対応している医療機関が少なく、困っている方が多くいるこの病気。そのような病気に光が当たればと思い、取材に応じさせて頂きました。このことを記者さんにお話ししたところ、「同じような病気を取材すると、医師の先生も必ず先生と同じことを言っていますよ」とのことでした。
昼休みに取材はおこなわれ、午後の診療。北海道からこの病気で悩んでいる患者様が、相談のために来院されました。遠方から来院されたことをありがたく思うと同時に、この病気に対する認識が広がればと改めて思いました。

 取材 40分ほどの取材でした

●2015.11.3.
今日は都筑区民まつりの日。毎年10万人以上もの人が参加する区民まつりですが、歯科医師会の一員として参加しました。
歯科医師会のブースでは、歯科相談をおこなったり、歯ブラシなどの口腔衛生用品を配布したり…。多くの方が歯科医師会のブースを訪れ、用意した数千個の口腔衛生用品は4時間ほどでなくなりました。歯科相談では、区民の方から貴重なご意見を頂くことが出来ました。
来年もまた参加します。

 都筑区民まつり 都筑区民まつり

●2015.10.31.