即時加重インプラント

従来のインプラント治療では、インプラントを埋入してから骨がくっつくまで待ってから、かぶせ物(上部構造)をつけていました。そのため、インプラントが歯に代わるものとして機能するまでには、期間がかかっていました。

即時加重インプラントは、インプラントの埋入手術をしたその日に仮歯をつけて、咬むことのできるインプラントです。



即時加重インプラントの治療方法

通常のインプラント埋入手術と同様の方法で、インプラントを埋入します(1)。インプラント本体(フィクスチャー)とアバットメント(土台)が別々になったもの(2)ではなく、一体化したもの(3)を使用することもあります。

インプラント埋入した日に仮歯をつけて、インプラントと骨が完全にくっつくまで待ちます。数ヶ月後に仮歯を外して型取りをおこない(4)、かぶせ物を作製します。

インプラントを入れます1   通常のインプラント2   抜歯即時加重用インプラント3   型取りの準備



●即時加重インプラントの利点

インプラント埋入手術をしたその日に仮歯をつけて、食事をすることも可能です。

仮歯を手術直後につけるため、歯のない期間がなくなります。

インプラント手術 インプラント手術



●即時加重インプラントの欠点

適応症例が限られます。

通常のインプラント埋入手術に比べると高度な技術が要求されます。

通常の方法に比べると、成功率は下がります。



●即時加重インプラントの一例(当院)

前歯2本の歯が折れたため(3)、歯を抜くのと同時にインプラントを埋入しました(1、4、抜歯即時インプラント)。
手術直後に仮歯を装着して、インプラントと歯がくっつくまで3か月待った後にセラミックスの歯(メタルボンド)を装着しました(2)。

抜歯即時埋入インプラント1 アバットメント(土台)を装着 セラミックスの歯を装着

治療前のレントゲン写真3  治療後のレントゲン写真



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)



関連するページ  インプラント


即時加重インプラント 横浜・中川駅前歯科クリニック