疾患と症状





一般の不眠症は原発性不眠症と呼ばれます。なかなか眠りにつけない入眠困難、途中で目が覚めてしまう中途覚醒、朝早く目が覚める早朝覚醒があります。不安や緊張が高まると入眠困難を起こしますし、抑うつ的な状態では早朝覚醒が認められます。
規則正しい生活、ストレスの軽減、リラックスを心がける、カフェインやアルコールの摂取を減らすなどの工夫によって改善しますが、それでも不眠が続くようであれば、睡眠導入薬を服用するとよいでしょう。依存性はないとはいえませんが、アルコールよりも少なく、処方どおりに服用すればあまり問題はありません。
効果が早い超短時間作用型、短時間作用型、持続して作用する中時間作用型、長時間作用型がありますので、状態によって使い分けます。

十分な時間眠っているはずなのに、昼間強い眠気を感じて、会議中や運転中に眠ってしまう疾患が睡眠時無呼吸症候群(SAS)です。睡眠中に気道が狭まり無呼吸を起こすことが原因です。肥っている方に多い病気です。無呼吸⇒睡眠が浅くなる⇒呼吸再開⇒睡眠が深まる⇒無呼吸 というパターンを繰り返し睡眠の質が低下します。当院で睡眠時無呼吸症候群の精密検査はできませんが、疑いがあれば専門医をご紹介します。

* *


抑うつは感情状態のひとつで人間を成長させ洞察に向かわせる働きを持っていますので、そのような場合には必ずしも病的ではありません。しかし抑うつが意欲や行動を阻害し、そのことがより一層抑うつ体験を深めるような悪循環を引き起こすとうつ病と呼ばれる状態になります。 憂うつな気分(抑うつ気分)が続き、意欲がなくなり(意欲低下)、考えや行動が緩慢(思考運動制止)になり、生き生きした感覚が失われて(生命感情の喪失)自分を責める気持ちになり(罪責感)死ぬことすら考える(希死念慮)ようになります。睡眠も不規則となり暗いうちに目覚めてしまいます(早朝覚醒)。
うつ病状態では中枢神経系神経伝達物質の生理学的アンバランス(ノルアドレナリンやセロトニンの低下)が起きています。それを誘発するのは、神経生理学的障害、職場環境などのストレス、親密な関係にある人たちとの葛藤、執着気質と呼ばれる完璧主義的な性格傾向などです。様々な要因が関係しています。
うつ病の治療には薬物療法と休養が必要です。うつ状態を増悪させる悪循環を断ち切るためです。薬物療法では抗うつ薬と呼ばれる薬を処方します。代表的なものがSSRI(パキシル、ルボックス、デプロメール、ジェイゾロフト)、SNRI(トレドミン、サインバルタ)、NaSSA(リフレックス、レメロン)で、セロトニン、あるいはセロトニンとノルアドレナリンの作用を高める働きをします。補助的に抗不安薬、あるいは場合によっては感情調節薬を併用する場合もあります。
抗うつ薬は全て即効性はなく効果が出るまでに少なくとも2週間は必要であり根気よく服用を続ける必要があります。これらは精神を直接活性化させるのではなく、心身のエネルギーが回復する働きを持っています。服用するとハッピーになる訳ではありません。
治療開始から暫くは十分な休養が必要です。まず抑うつ気分が軽減し、不安緊張も徐々に緩和されます。その後少しずつ意欲の改善がもたらされます。この時期には適切な休養と、多少の心身への刺激(軽い運動や散歩、あまり負担のない気晴らし)のバランスを取りながら、心身のエネルギーの回復を待ちます。
はっきりとしたストレス要因があるなら、それから距離を置かなければなりません。現実の中でストレス対処を工夫するだけでは不十分であれば、休職や休学をすることも必要となります。

* DDまっぷDrインタビューもご覧下さい
* *


不安障害の代表的な疾患がパニック障害です。主症状はパニック発作と空間恐怖です。
パニック発作とは、自律神経症状(動悸、息切れ、胸痛、発汗、痺れなど)を伴う強度の不安が発作的に出現することです。発作時の恐怖はこのまま倒れて死んでしまうのではないかと感じるほど強いものです。身体疾患の精密検査を行っても何も異常がみつからないのが特徴です。パニック発作の原因は、緊急時だけに必要とされるパニックを起こす中枢神経系の回路が、平常時に誤作動を起こしてしまうことです。
一度パニック発作を体験すると、発作がおさまった後も、「また発作が来るのではないか」という不安(予期不安)から、助けを呼べないあるいは逃げ出せない場所(新幹線や高速道路など)を避けるようになります。これが空間恐怖です。パニック発作は一度起きると二度三度と続けて起きやすくなり、発作が起きるのではないかと意識すると本当に発作が起きてしまうのが特徴です。つまり発作を巡る悪循環が形成されてしまうのです。
パニック障害の治療には、抗不安薬や抗うつ薬でパニック発作の出現を防止し、それと同時にもし発作が起きても慌てず抗不安薬の頓服を服用し発作がおさまるのを待ては大丈夫であることを学習することが必要です。そうすれば発作を巡る悪循環を断つことができます。そして不安の程度が軽減すれば、発作を怖れすぎず徐々に避けている場所にも慣れていくことが大切です。

* DDまっぷDrインタビューもご覧下さい
* *


従来は対人恐怖症と呼ばれていた症状です。会議や大学のゼミなど特定の場面で強い不安緊張を感じてそのような場を避けたくなります。手が震え赤面すること、うまく喋れないことを怖れるようになります。
このような不安は、お互いに知っているが親しくはないという中間距離の人間関係の場で起きます。都会の雑踏など互いに関係ない人の集まりでは症状は起きませんし、親しい友人や家族に対しても大丈夫です。
誰でもある程度はこのような不安緊張を体験したことがあるでしょう。ですがあまり症状が強いようであれば、抗うつ薬(特にSSRI)や抗不安薬を服用することになります。その上で中間距離の人間関係に慣れていくことが大切です。

* *


生きている以上は誰でも不安を抱えていますが、普段は不安に圧倒されないように我々の自我が不安をコントロールしています。何かの要因でこれがうまくいかなくなることがあります。必要以上の不安や理由の定まらない不安や心配が続くようになります。不安の対象は、家庭生活、仕事、学校、近所づきあい、地震などの天災へと拡散していく傾向があります。それと共に動悸、頭痛、めまいなどの身体症状も起きてきます。
このような状態を全般性不安障害と言います。
不安によって日常生活に支障があるようなら、抗うつ薬(特にSSRI,SNRI)や抗不安薬が必要になります。

* *


環境にうまく適応することができず、さまざまな心身の症状があらわれて社会生活に支障をきたしている状態です。職場での人間関係、職務上の責任、結婚生活における葛藤、学校生活に馴染めないことなどから引き起こされます。不眠、食欲不振、全身倦怠感、易疲労感、頭痛などの身体症状が自覚され、不安感が高まり、抑うつ感を自覚するようになります。社会人の方であれば、仕事上のミスや不注意が誘発され、次第に対人関係や社会的機能が低下して行きます。そうすると症状もより一層顕著になります。
この悪循環が続けばうつ病や不安障害になりますから、適応障害はそれらの準備状態と言うことができます。
ストレスが軽減されるよう環境調整を行う必要があります。様々な症状に対しては抗うつ薬・抗不安薬などの服用が有効です。

* *


ある考えが頭から離れない(強迫観念)、手洗いや消毒など何度も繰り返さずにはいられない(強迫行為)ことが主な症状です。このためになかなか外出できず遅刻してしまうなど、日常生活に滞りが生じます。強迫行為に家族も巻き込まれて、儀式的行動に付き合わざるを得なくなることがあります。
ある程度の強迫傾向は注意深さでもありますから、社会生活を維持するために必要なものです。しかし限度を超えると強迫性障害になります。
強迫性障害はもともと強迫傾向のある人が、人生の節目で起こすことが多いようです。
治療は比較的難しいのですが、抗うつ薬がある程度効果があると言われており、服用しながら強迫行為の回数を減らしていくよう医師の指導を受けるとよいでしょう。

* *


嘔気、手足の麻痺、痛みや痺れなどの症状が起持続しますが、症状を裏付ける身体医学的基礎疾患が見当たらない、あるいは基礎疾患があっても症状の強度と一致しない場合に身体化障害と診断されます。背景に何らかのストレス要因が関与していると言われていますが、臨床的には明確でない場合も多いようです。慢性的に軽度に続いていた症状が、ストレスによる負荷が高まることでより強く感じられるようになることが発症のメカニズムです。
身体化障害は慢性症状であることがほとんどなので、薬を服用しながらうまく症状と折り合いをつけていくことが必要です。

* *


身体的基礎疾患がないにもかかわらず、声が出なくなる(失声症)、音が聞こえなくなる、歩けなくなる(失立失歩)などの症状が出現します。多くの場合明確なストレス要因が認められます。例えば歌手が公演前に声が出なくなったり、運動選手が突然歩けなくなったりします。
このように症状に象徴的な意味があるのが特徴です。
転換性障害は葛藤が身体症状に転換された状態であると言うことができます。
環境調整を行いストレスから距離を置き、薬物療法と精神療法を用いて葛藤に圧倒されないようにしていくことが必要です。

* *


拒食症・過食症のことです。二つのタイプがあります。
☆ストレス反応としての過食症
職場のストレス、身近な人との葛藤が引き金となり、過食になることがあります。お腹が一杯のはずなのに強い空腹感を感じて、パンやスナック菓子などを衝動的に食べてしまいます。あまりおいしいという感覚はありません。ストレス対処ができるようになると収まることが多いのですが、嘔吐する習慣がつくと慢性化するので注意が必要です。抗うつ薬であるSSRIが補助的に有効です。ほとんどが女性です。
☆ダイエットを契機とする拒食症、そのリバウンドの過食症
かつては極度のやせを維持しようとする拒食主体の例が多かったのですが、現代ではダイエットが一時的に成功したが故のリバウンドによる過食あるいは過食・嘔吐が主体の方が激増しました。ほとんどが女性です。やせていることをよしとする価値観があるためです。無理にダイエットをすると、体重減少とともに過食衝動も高まりますので、ある限界を超えると過食が始まります。いわゆるリバウンド現象です。無理なダイエットをやめればある程度肥りますが自然に改善するものです。しかし肥ることを怖れて嘔吐するようになると、過食嘔吐が習慣化して改善が極めて困難になります。食べても吐けばいいので食衝動とやせを維持したい願望が妥協してしまうからです。抗うつ薬や抗精神病薬を服用し食衝動をある程度緩和し、少し冷静になってやせること以外の本当の価値を見つけていくとよいのではないでしょうか。

* *


統合失調症は非常に多い精神障害です。生涯有病率は約0.7%です。
中枢神経系の障害によって発病する慢性疾患で、急性期には被害的内容の幻聴(例えば「見張っているぞ」という脅しの声が聞こえる)や妄想(例えばマスコミに私生活が暴露されていると確信する)が顕著になり、精神運動興奮や行動障害が引き起こされます。幻覚や妄想が改善し残遺期(慢性期)になると、思考障害(思考のまとまりが悪くなる)や引きこもりが目に付くようになります。人格全体に病気の影響が及びます。
病気の原因には、神経伝達物質ドパミンの代謝異常が関係しているという説が有力です。
急性期には幻聴や妄想が著しくなりますが、急性期が過ぎて幻聴や妄想が改善しても病気そのものが消滅したのではないことに注意が必要です。統合失調症には抗精神病薬が著効しますが、服薬中断から再発しやすいことを知っておく必要があります。
最近は副作用が比較的少ない非定型坑精神病薬と呼ばれる新しいタイプの薬剤が主流になりましたが、従来の定型坑精神病薬も必要に応じて使用されます。
いずれにせよ根気強く治療することが大切です。

* *


広汎性発達障害には、自閉症、アスペルガー障害などが含まれます。
いずれも生まれつきの中枢神経系の障害で、養育や環境が原因ではありません。
自閉症は、数字や機械などの限定された対象に強い関心興味やこだわりがあります。知らない場面が苦手でパニックを起こしてしまいます。対人関係でのコミュニケーション能力の発達が障害され、情緒的コミュニケーションが困難です。言葉の発達が遅れがあり、知的発達の遅れもしばしば認められます。
アスペルガー障害も同様の特徴を認めますが、言語発達の遅れはありません。表情やボディランゲージなどニュアンスを理解する事が困難で、他人の感情を読み取ることが苦手です。
定形発達のお子さんと比較して、WISKやK式などの発達検査上のアンバランスが大きいのが特徴です。
ご家族や周囲の方々が広汎性発達障害の特徴を理解し、子供なりのペースで発達していくことを援助することが必要です。
成人の方の発達障害の確定診断はかなり困難です。成長の過程で上記の特徴が代償され、不明瞭になるからです。診断には、幼少期に上記の特徴が明らかであることに加えて、より成人を対象とした発達検査、MRIなどの画像診断を行う必要があります。(当クリニックでは対応できません)

* *


ADHDと略称されます。いわゆる落ち着きのないお子さんのことです。
原因はまだわかっていませんが、何らかの中枢神経系の不安定によると考えられており、養育や環境が原因ではありません。
落ち着きがなくじっとしていられない多動性、唐突な行動をとる衝動性、集中力が続かず不注意が多い集中困難が症状です。年齢とともに多動性・衝動性は改善して行くことがほとんどですが、集中困難は少し残ることがあります。
幼稚園・保育所や小学校で、学校生活に支障をきたすことをきっかけに、医療機関を受診されることになります。症状のために基礎学力の獲得が困難になったり、人間関係が難しくなったりすることが最大の問題です。
代表的な治療薬がコンサータです。朝服用すると半日間症状が改善します。主な副作用は食欲不振や不眠です。18歳以下で本疾患のみ処方可能です。ストラテラはSSRIに属する薬剤で、効果発現までに2週間以上必要ですが、症状が軽度であったり、コンサータの中止を検討している場合には有効です

* *