国産インプラント

現在、全世界で200社以上のインプラントメーカーがあります。そのうち、日本には40社以上のインプラントメーカーがあります。

世界では、ストローマン社(スイス)とノーベルバイオケア社(スイス)のインプラントが世界シェアの4割ほどを占めています。日本国内においても、この2社のインプラントがかなり使用されていますが、国内メーカーによるインプラントも多く使用されています。



●国産インプラントの特徴

殆どの国産インプラントは日本人向けに開発され、低価格を利点として国内において多く使用されています。その一方で規模の小さなメーカーが多く、社員数名というメーカーもあり、実績に乏しいという欠点があります。

ジルコニアインプラント(セラミックインプラント)を開発、実用化したメーカーはありません。


日本人向けに開発。低価格なインプラントが多い。

国内では使用している歯科医院が多いものの、海外での使用実績は殆どない。

従業員数50人以下の小さなメーカーが多く、海外大手メーカーに比べると研究発表、症例数、インプラント埋入後の長期経過などの実績が乏しく、経営基盤が弱い傾向があります。販売実績が世界10位以内に入るメーカーはありません。

海外大手メーカーのインプラントを模倣しているメーカーもあります。


関連するページ  インプラントの種類  外国製インプラント  ジルコニアインプラントの種類



●主な国産インプラント

国産インプラントでは、POI EXインプラント、AQBインプラント、プラトンインプラントなどが知られていますが、その他にも様々なメーカーからインプラントが販売されています。


POI EX(ピーオーアイイーエックス)インプラント 国産インプラント最大手 認定医(Certificate)在籍
日本人のあごの大きさを考慮して開発されたインプラント。1978年に国産初のインプラント(バイオセラムインプラント)、1991年に国産初のチタン製インプラントの販売を始めるなど、国産インプラントでは最も歴史と実績があります。
開発・製造元は京セラから出発し、京セラ・神戸製鋼の共同出資会社、京セラ子会社を経て、2017年4月に京セラに吸収合併されます。

関連するページ  インプラントの歴史


AQB(エーキュービー)インプラント 国産インプラント大手 研修会受講済み
1983年に東京医科歯科大学と開発を開始、1994年に販売を始めたインプラント。国産インプラントの中でも費用の安さ、術式が簡単なことで、2000年代に治療をおこなう歯科医院が急増しました。
インプラント表面をハイドロキシアパタイトで覆っており、骨との結合が早いとされています。


プラトンインプラント 町田市鶴川のインプラントメーカー
鶴川(東京都町田市)にある会社が、日本人向けに1990年に開発を開始、2001年に販売を始めたインプラント。ストローマンインプラントを模倣しているとされています。企業や研究施設主導ではなく、臨床現場の声を積極的に取り入れ、開発に取り組んでいます。


マイティスインプラント(マイティスアローインプラント) 大井町のインプラントメーカー
大井町(東京都品川区)にある会社が開発したインプラント。AQBインプラントに形状が似ています。


オクタフィックスインプラント 金沢八景のインプラントメーカー
金沢八景(横浜市金沢区)にある会社が、1995年に松本歯科大学、信州大学と開発を開始、2013年に販売を始めたインプラント。費用が安く、日本人のあごの大きさを考慮した形態となっています。


OAM(オーエーエム)インプラント
名古屋市立大学の歯科医師が開発し、2006年に販売を始めた新しいインプラント。従来のインプラントとは異なり、ドリルをほとんど使用しません。特殊な器具を使用して穴を開け、少しずつ穴を拡げてインプラントを埋入します。

OEMインプラントの治療方法


GC(ジーシー)インプラント 国内最大手の歯科医療機器メーカー
国内最大手の歯科メーカー・GCが開発、製造するインプラント。ブローネマルクインプラントなど海外大手メーカーの良い点を模倣しているとされています。


バイオフィックスインプラント 国内最大手の歯科医療機器メーカー
GCと並ぶ国内最大手の歯科メーカー・松風が、2015年に販売を始めたインプラント。


オガインプラント
福井県で開業している歯科医師が1992年に開発したインプラント。術式が簡単なほか、治療後の痛みが少ないとされています。インプラントが細いため、本数が多く必要となります。


アルファタイトインプラント
これまで他社から販売されたインプラントを参考に開発され、2008年に販売を始めたインプラント。


ミューワンHAインプラント
東京電機大学が中心となって開発し、2009年に販売を始めたインプラント。インプラント表面をハイドロキシアパタイトで覆っており、骨との結合が早いとされています。


IAT EXA(アイエーティーエグザ)インプラント
歯科金属メーカー・石福金属工業が昭和大学歯学部と1988年に共同で開発を始め、1994年にIATインプラント、2008年からはIAT EXAインプラントとして使用されています。2014年に石福金属工業から自動車部品会社・日本ピストンリングに譲渡されました。


POI EXインプラントPOI EX AQBインプラントAQB プラトンインプラントプラトン GCインプラントGC ミューワンHAインプラントミューワンHA IAT EXAインプラントIAT EXA



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)



関連するページ  インプラント



国産インプラント 横浜・中川駅前歯科クリニック