インプラント治療のための抜歯方法(ソケットプリザベーション) 横浜・中川駅前歯科クリニック

インプラント治療のための抜歯方法(ソケットプリザベーション)

●ソケットプリザベーションとは※1、2

歯を抜くと、歯があった部分は時間とともに骨がやせて薄くなっていきます。歯を抜いた周囲の骨は、そのままにしておくと2〜3年の間に40〜60%がなくなるといわれています。

また、抜歯後1年ほどで2〜4mmもの骨の高さがなくなるとされています。多くのインプラントの長さは8〜12mmほどですので、4mmもの骨の高さを失うことは、ブリッジや入れ歯で治療するのであればそれほど問題とはなりませんが、インプラントにするのであれば治療を難しくします。

ソケットプリザベーションは、歯を抜いた部分を移植した骨、人工の骨、コラーゲンなどを入れることにより、骨がやせていくのを防ぎ、インプラントを入れやすくする方法です。リッジプリザベーション、サイトプリザベーションとも言われます。


診察 インプラント手術時の負担が軽くなります

関連するページ  なぜクラウンやブリッジにするの?  インプラント治療で使用される移植骨



●ソケットプリザベーションの利点

歯を抜いた部分の骨がやせていくのを防ぐことができます。

インプラント埋入時に、骨再生誘導法(GBR)や骨移植(ボーングラフとト)などの補助手術をしなくてすむ可能性が高まります。また、治療期間が短く、治療費も抑えることができます。


当クリニックではインプラント治療される場合は、抜歯してからでなく、抜歯前にインプラント治療をすることを お決 めになることをおすすめしております。抜歯前にインプラント治療をお決めになると、(1)ソケットプリザベーションがおこなえること、(2)その後のインプラント治療のご負担が軽くなること、(3)抜歯時に歯科医師がインプラントを埋入する部位の骨や歯肉の状態を目で確認できる等の利点があります。

関連するページ  インプラントの補助手術



●ソケットプリザベーションの効果と欠点

数多くの研究によりソケットプリザベーションによって、歯を抜いた部分の骨がやせていくのが防げることは明らかにされています。その結果、インプラント治療時の負担を少なくできます。

その一方で、どの材料(人工の骨など)を使用すれば最も効果的なのかは、まだはっきり分かっていません。今後の研究成果が待たれるところです。

また、既にインプラント治療の成功率は90%以上となっているため、ソケットプリザベーションをおこなってもインプラントの成功率が大きく上がるわけではありません。


ソケットプリザベーションの効果を裏付ける主な研究※3、4、5
研究者 使用材料 結果
ハーバード大学
(アメリカ)
rhBMP-2 ソケットプリザベーションにより、インプラント手術時に補助手術をおこなう必要性が大幅に減少した
カリフォルニア大学
ロサンゼルス校
硫酸Ca ソケットプリザベーションにより、抜歯後に骨がやせていくのが防げた
ルイビル大学
(アメリカ)
FDBA ソケットプリザベーションをおこなった人は骨が1.3mm(頬側中央)増加したが、おこなわなかった人は骨が0.9mm(同)減少した

関連するページ  インプラント治療で使用される移植骨



ソケットプリザベーションの治療方法

抜歯1 ソケットプリザベーション2 骨の再生

(1)残せない歯を抜きます。そのままにしておくと骨がやせていきます。

(2)歯があった部分に、人工の骨などを入れます。治療時間は10分程度です。

(3)骨ができ、インプラントが入れやすくなります。



※1 Carlsson GE, Persson G. Morphologic changes of the mandible after extraction and wearing of dentures. A longitudinal, clinical, and x-ray cephalometric study covering 5 years. Odontol Revy. ;18(1):27-54.  ※2 Misch CE. Contemporary Implant Dentistry. 2nd ed. St Louis, Mo: Mosby; :455-464.  ※3 Fiorellini JP, Howell TH, Cochran D, Malmquist J, Lilly LC, Spagnoli D, Toljanic J, Jones A, Nevins M.. Randomized study evaluating recombinant human bone morphogenetic protein-2 for extraction socket augmentation J Periodontol. ;76(4):605-13.  ※4 Camargo PM, Lekovic V, Weinlaender M, Klokkevold PR, Kenney EB, Dimitrijevic B, Nedic M, Jancovic S, Orsini M. Influence of bioactive glass on changes in alveolar process dimensions after exodontia. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod. ;90(5):581-6.  ※5 Iasella JM, Greenwell H, Miller RL, Hill M, Drisko C, Bohra AA, Scheetz JP. Ridge preservation with freeze-dried bone allograft and a collagen membrane compared to extraction alone for implant site development: a clinical and histologic study in humans. J Periodontol. ;74(7):990-9.



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)



関連するページ  インプラント