抜歯が必要な乳歯 横浜・中川駅前歯科クリニック
抜歯が必要な乳歯

抜歯が必要な乳歯

下記に当てはまる場合は、乳歯を抜歯することがあります。


1)ひどい虫歯
大きな虫歯で歯がほとんど残っていない場合は、強い痛みや歯肉の腫れがあったり、永久歯に悪影響を及ぼすことがあります。治療によって治る場合は問題はありませんが、治らない場合は抜歯になることがあります。

大きな虫歯(前歯)1   大きな虫歯(奥歯)
1.歯の根だけになってしまった前歯の虫歯(治療により、抜歯せずに歯を残すことができます)
2.大きな穴があいてしまった奥歯の虫歯(治療により、抜歯せずに歯を残すことができます)



2)歯の生え変わり
乳歯が抜けずに、横から永久歯が生えてくることがあります。横から生えてくるといっても、下の前歯は通常は内側(舌側)から生えてくるなど、問題ないこともあります。放置しておくと歯並びがデコボコになることがあり、そのような場合は抜歯をします。

また、永久歯が生えてくると乳歯はグラグラしてきますが、なかなか抜けない場合は乳歯を抜くことがあります。

グラグラの乳歯 グラグラの前歯の乳歯(この乳歯は抜歯の必要はありません)


3)怪我
転んで顔をぶつける、走り回って壁にぶつかるなどして、乳歯がグラグラになることはあります。グラグラになっても治療によって治ることが多いものの、歯が真っ二つに割れてしまった場合などは、抜歯が必要なことがあります。

関連するページ  怪我で歯が抜け落ちてしまったときは  子供の歯の怪我



乳歯の抜歯

乳歯の抜歯は、治療を嫌がらければ5〜10分程度で終わります。通常は抜歯に伴う痛みを抑えるために麻酔をおこないますが、麻酔をおこなわずに抜歯が可能なこともあります。永久歯の抜歯に比べて、負担は軽いものです。

電動注射器 注射が苦手なお子様は、電動注射器を使用すると痛みは大幅に軽減できます



乳歯を抜歯した後

抜歯した部位は、通常はそのままにして永久歯が生えてくるのを待ちます。乳歯を早い時期に抜歯したときは、歯並びが変わらないようにする処置をおこなうこともあります。

抜歯後の処置 歯が移動しないようにする処置(クラウンループ、健康保険適応)



お子様の歯とお口の健康についてご不明な点等がありましたら、ご来院の際にお気軽にスタッフまでお問い合わせください。


※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  小児歯科