クラスB高圧蒸気滅菌器 横浜・中川駅前歯科クリニック
クラスB高圧蒸気滅菌器
中川駅前歯科クリニックでは、世界最高クラスの高圧蒸気滅菌器(クラスB)を3台完備して、診療機器の滅菌をおこなっています。また、歯を削る機器(治療用ドリル)専用の滅菌器を2台完備して、歯を削る機器を使い回しにせず、患者様毎の滅菌をおこなっています。



●高圧蒸気滅菌器とは

滅菌とは、全ての細菌やウイルスを死滅させることをいいます。滅菌は、殺菌、消毒、除菌と同じように思われがちですが、これらは滅菌とは大きな違いがあります。

殺菌は細菌やウイルスを死滅させることをいいますが、滅菌のように全ての細菌やウイルスを死滅させるわけではなく、死滅させる程度は決まっていません。少しでも細菌やウイルスが死滅すれば、殺菌したといえます。

消毒は全ての細菌やウイルスを死滅させるわけではなく、害のないレベルまで減らすことをいい、除菌は細菌やウイルスの数を減らすことをいいます。

高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)は、診療器具を滅菌する器械です。歯科においては、患者さんの口の中に診療器具を入れることがあります。感染予防のため、高圧蒸気滅菌器は、歯科医院にとっては欠かせない器械となっています。

消毒剤 除菌スプレー 滅菌は殺菌、消毒、除菌とは異なります(消毒剤、除菌スプレー)



●高圧蒸気滅菌器の基準

歯科医院などで使用される小型の高圧蒸気滅菌器の基準は、ヨーロッパの基準(EN13060)が世界で広く使用されています。基準は、性能の優れるものからクラスB(Big Autocrave Cycle)、クラスS(Specific Cycle)、クラスN(Naked Cycle)に分類されています。

ヨーロッパの歯科医院では、当たり前のようにクラスB高圧蒸気滅菌器が導入されています。しかしながら、日本の歯科医院ではクラスN高圧蒸気滅菌器の使用が圧倒的に多く、クラスB高圧蒸気滅菌器の普及率は数%(2014年現在)とされています。

クラスB高圧蒸気滅菌器の普及率が低いのは、価格がクラスN高圧蒸気滅菌器の3倍以上もすること、水道水が使用できるクラスN高圧蒸気滅菌器とは異なり、純水や精製水が必要で、維持費用がかかることが要因の一つとしてあげられます。


クラスB 滅菌前および乾燥時に、何度も真空状態を作り出すことで滅菌をおこないます。あらゆる種類、形状の器具を滅菌できる性能を備えています。
クラスS 滅菌前および乾燥時に、真空状態を作り出すことで滅菌をおこないます。滅菌前の真空工程は1回となります。
クラスN 蒸気と空気の重量の違いを利用して、空気除去をおこなうことで滅菌をおこないます。日本の歯科医院では最も普及しているクラスですが、用途や滅菌できる器具には限りがあります。
※ヨーロッパ基準(EN13060)に基づく分類

クラスB高圧蒸気滅菌器の普及率 クラスB高圧蒸気滅菌器の普及率※1



●中川駅前歯科クリニックの取り組み

中川駅前歯科クリニックでは、世界65ヶ国で取引をおこない、滅菌装置分野での世界トップメーカーであるドイツ・メラグ社のクラスB高圧蒸気滅菌器を3台完備しています。3台完備することにより、もしも高圧蒸気滅菌器の故障や不具合があっても、問題なく診療をおこなうことができます。

クラスB高圧蒸気滅菌器は、滅菌の工程において、これまでの歯科医院で使用されているクラスN高圧蒸気滅菌器よりも、はるかに高い滅菌効果を得ることができます。

患者様が安心して治療を受けていただける環境をお作りし、大切な患者様のお身体をお守りすることも、私たち歯科医療に携わる者の責任と考えております。


クラスB高圧蒸気滅菌器 高圧蒸気滅菌器(ヨーロッパ基準) クラスB高圧蒸気滅菌器(当院)



歯を削る機器専用の高圧蒸気滅菌器

2014年に「7割の歯科医院が滅菌せず使い回している」として社会問題化した歯を削る機器(治療用ドリル)の滅菌も、使い回しはせず、患者様毎に滅菌をおこなっています。歯を削る機器専用の高圧蒸気滅菌器を2台完備しています。


記事 読売新聞



●週刊ポスト(2016年9月9日号)

週刊ポストの特集「やってはいけない歯科治療 第8弾 悪徳歯科医を見抜く逆問診マニュアル」にて、当クリニックの滅菌に対する取り組みが紹介されました。


滅菌に関する記事1
滅菌に関する記事2 週刊ポスト9月9日号 週刊ポスト9月9日号 表紙

関連するページ  週刊ポスト(2016年9月9日号)



※1 「医療安全」の潮流に歯科業界はどう応えるか(クラスB高圧蒸気滅菌器の普及状況に関する公立医療機関のデータ、月刊デンタルパワー)及び医療機器販売代理店のヒアリングをもとに作成