●コンポジットレジンとは

コンポジットレジンとは、プラスチック(レジン)でできた部分的なつめ物です。略してCR(シーアール)ともいわれます。比較的小さな虫歯の治療に使用されます。

前歯の小さな虫歯の治療は、ほとんどのケースにおいてコンポジットレジンが使用されています。以前は前歯の治療のみに使用されていましたが、性能の向上によって、最近では奥歯の治療にも使用されるようになってきました。



●銀歯、セラミックスのつめ物との違い

コンポジットレジンは、健康保険適応のため安価で、銀歯に比べて見た目がよく、歯を削る量を少なくでき、来院回数を減らすことができるという利点があります。

その一方で、銀歯に比べると削れやすく、耐久性が落ちるという欠点があります。また、吸水性があるため、吸水によって歯とプラスチックの間に汚れや細菌が付着しやすい、つまり虫歯や口臭の原因になりやすいという欠点もあります。

各素材には、それぞれ特徴があります。健康のことを考えて、ご自身にあったものを選択されるのがよいでしょう。


つめ物の特徴
  コンポジットレジン 銀  歯 セラミックス
素材 プラスチック(レジン) 金銀パラジウム合金
銀合金
セラミックス
黄ばんでくる 変わらない
審美性 ×
耐久性 ×
硬さ ×
適応
部位
前歯 適応 適応外
奥歯 適応
虫歯の大きさ 小さな虫歯に適応 小さな虫歯から大きな虫歯まで適応
治療回数 1回 2回
健康保険 適応 適応外
※優れているものから順に「○、△、×」で表示。
※上記はおおよその目安です。ご不明な点などがありましたら、ご来院の際にお気軽にお問い合わせください。



セラミックス1  プラスチック

1.セラミックスのつめ物の表面はツルツルしています(500倍拡大)
2.コンポジットレジンの表面はデコボコしています(500倍拡大)


関連するページ  セラミックス、ハイブリッドセラミックス  虫歯  口臭



各素材の硬さコンポジットレジンの硬さ
※ビッカース硬度(Hv) ※金パラ合金:金銀パラジウム合金

コンポジットレジン 硬質レジン 金銀パラジウム合金 金合金 セラミックス
健康保険適応 健康保険適応外
プラスチックのつめ物 プラスチックのかぶせ物 銀歯 金歯 セラミックスのつめ物、かぶせ物
※上記はおおよその目安です。製品によって多少性能は異なります。
※資料 大手歯科関連企業(モリタ、GC、トクヤマデンタル、山本貴金属)発表の製品データ。


関連するページ  ゴールド(金合金)  保険診療と自費診療の違い



●コンポジットレジンの治療例

銀歯治療前 コンポジットレジン治療後    銀歯治療前 コンポジットレジン治療後



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)



関連するページ  審美歯科


コンポジットレジン
コンポジットレジン 横浜・中川駅前歯科クリニック