フッ素塗布 横浜・中川駅前歯科クリニック
フッ素塗布

●フッ素塗布(とふ)とは

フッ素塗布とは、歯科医院で歯にフッ素を塗る虫歯予防法です。歯みがき粉の10倍の高濃度のフッ素を使用します。

1回限りでは虫歯予防効果はなく、年2〜4回、継続的に実施することにより虫歯予防効果がでます。フッ素塗布をおこなっている回数が多い小児ほど虫歯が少ない傾向にあります。生えたての歯(生えてから2年以内の歯)にフッ素塗布をおこなうと、特に効果が高いとされています。


フッ素の濃度
フッ素の濃度


レノビーコ(100ppm)フッ素スプレー フッ素をぬって!ママはワタシの歯医者さん(136ppm) ホームジェル(970ppm)フッ素ジェル フッ素塗布(歯科医院用、9000ppm)フッ素塗布(歯科医院用)

ご家庭で使用する市販のフッ素ジェルや歯磨き粉は、薬事法でフッ素濃度が1500ppm以下(2017年2月までは1000ppm以下)と定められています。歯科医院ではご家庭で使用するフッ素の6〜100倍の濃度のフッ素を使用します。

当クリニックでは、1種類だけでなく複数のフッ素塗布剤を取りそろえ、お子様の歯の状態やご要望に応じて使い分けています。

関連するページ  フッ素  フッ素洗口  フッ素 Q&A



方法

歯科医院で歯垢(しこう)と歯石を除去して歯をきれいにした後に、歯に高濃度のフッ素を塗ります。


診察 フッ素塗布の様子 フッ素塗布

関連するページ  歯垢と歯石




●フッ素塗布の普及状況

フッ素塗布をおこなう子供は年々増え続けています。30年前には10%程度だったフッ素塗をおこなう子供は、現在では6割以上にまで増えています。フッ素塗布が普及していくのと同時に、虫歯のある子供も減少しています。


フッ素塗布をおこなった子供の割合
フッ素塗布をおこなった子供の割合
赤:虫歯(永久歯)の経験のある子供(5〜9歳)の割合 青:フッ素塗布を経験した子供(1〜14歳)の割合
資料:2005年、2011年歯科疾患実態調査(厚生労働省)




フッ素塗布をおこなったことのある子供は3歳児で57%、8歳児で76%となっています。特に5〜9歳児のフッ素塗布率が高い傾向にあります。


フッ素塗布、フッ素洗口をおこなった子供の割合(年齢別)
フッ素塗布、フッ素洗口をおこなった子供の割合(年齢別)
資料:2016年歯科疾患実態調査(厚生労働省)


フッ素塗布についてご不明な点等がありましたら、ご来院の際にお気軽にスタッフまでお問い合わせください。



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)



関連するページ  小児歯科  予防歯科