朝食を食べる工夫 横浜・中川駅前歯科クリニック
朝食を食べる工夫

●朝食を食べない人が増えています

朝食を食べないことがある人は年々増え続け、20〜40歳代の20%以上が朝食を食べないことがあります。朝食を食べないことがある人は、女性よりも男性、一人暮らしの人に多くみられます。


朝食を食べないことのある人の割合(欠食率)
朝食を食べないことのある人の割合(男女別)

朝食を食べないことのある人の割合(推移)
※1 2006年国民健康・栄養調査(厚生労働省)



朝食を食べないと‥

朝食を食べると、体や脳にエネルギーが届いて集中できます。一方、朝食を食べないと、エネルギー不足で、身体も脳も元気に働きません。朝食を食べた人と食べなかった人では、疲れやすさや、集中力に差がでることがわかっています。仕事、家事、勉強などをしっかりするためには、朝食は欠かせないものです。

朝食 朝食は大切です



●朝食を食べる工夫

朝はギリギリまで寝ていて、食べる時間がない
朝食に必要な時間は、単に食べている時間だけではありません。寝ている間に休んでいた胃腸が活動を始めるまでにはある程度の時間が必要です。その時間も考えて、少し早めに起きるようにしましょう。

夕食は早めに食べましょう
寝ている間は胃の活動も休んでしまいます。寝る前に夕食を食べると、食べたものは消化できず、朝食が食べられない原因となります。


食べやすいものを選びましょう
どうしても食べられないのであれば、果物、野菜、牛乳、おにぎり、パン、シリアルなど、簡単に食べられるものを用意します。少しずつ食べるものの種類を増やしていき、理想的な朝食に近づけていきましょう。

目覚まし時計 少し早めに起きて、しっかり朝食



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  食育・栄養  子供の朝食