健康保険適応のハイブリッドセラミックス 横浜・中川駅前歯科
健康保険適応のハイブリッドセラミックス

2014年の健康保険改正により、ハイブリッドセラミックス(ハイブリッドレジン)の一部が健康保険適応になりました。初めてセラミックス治療が健康保険適応になりました。

2016年には金属アレルギーの患者さん限定で健康保険の適応範囲が広がり、2017年12月からはさらに健康保険の適応範囲が広がりました。

健康保険が適応になるには、厚生労働省が定める下記の基準を満たす必要があり、中川駅前歯科クリニックでは基準を満たし、いち早く2014年4月より健康保険が適応となるハイブリッドセラミックスの取り扱いを始めさせていただきました。お気軽にご来院、ご相談いただけたらと思います。


厚生労働省が定める基準(一部抜粋、改変)

厚生労働省に施設基準の届け出をおこない、認可された歯科医院であること。

歯科補綴治療に関する専門の知識及び3年以上の経験を有する歯科医師が在籍していること。

厚生労働省の定める歯科用CAD/CAM装置、材料を使用して、作製すること。

作製する歯科技工所との連携がとれていること。



健康保険適応のハイブリッドセラミックスの特徴

従来の健康保険適応の白いかぶせ物(プラスチック)よりも、審美性、強度に優れたものが装着できます。

健康保険適応外のハイブリッドセラミックスに比べると費用は大幅に安いものの、審美性、強度はやや劣ったものとなります。白いかぶせ物を安価に装着したい方、歯の色に強いこだわりがない方におすすめです。

適応となる歯やハイブリッドセラミックスの種類、製品は限定されます。

治療をおこなっている歯科医院は一部となっています。


関連するページ  セラミックス、ハイブリッドセラミックス



部位
健康保険適応となる部位は、第1小臼歯(前から4番目の歯)第2小臼歯(前から5番目の歯)となります。2017年12月からは、第1大臼歯(注1)に対しても健康保険が適応になりました。

金属アレルギーの患者さんは、第1大臼歯(前から6番目の歯)、第2大臼歯(前から7番目の歯)、第3大臼歯(前から8番目の歯)も健康保険が適応になります。(注2)

詳細はご来院の際にお問い合わせください。

診察 ご不明な点がありましたら、ご来院の際にお気軽にご相談ください

注1 上下顎両側の第2大臼歯(前から7番目の歯)が全てがあり、左右のかみ合わせがしっかりしており、過度にかむ力が加わらない場合において健康保険が適応になります。

注2 医師による金属アレルギーの検査、診断があり、医師の紹介状が必要となります(小臼歯は必要ありません)。医師の検査、診断を希望される場合は、当クリニックで適切な医療機関をご紹介させていただくこともできます。


関連するページ  乳歯と永久歯  歯科金属アレルギー



種類
クラウン(かぶせ物)に限ります。インレー、アンレー(部分的なつめ物)、ブリッジ(数本の歯を連結したつめ物)は健康保険が適応になりません。

関連するページ  なぜクラウンやブリッジにするの?



構造
全てハイブリッドセラミックス(ハイブリッドレジン)でできたものに限ります。かぶせ物内面を金属で補強したタイプは、健康保険適応外となります。

  表面 内面
表側 裏側
健康保険適応 ハイブリッドセラミックス(表側) ハイブリッドセラミックス(裏側) ハイブリッドセラミックス(内面)
ハイブリッドセラミックス
健康保険適応外 ハイブリッドセラミック(表側) ハイブリッドセラミック(裏側) ハイブリッドセラミック(内面)
ハイブリッドセラミックス 金属



歯の色
歯科技工士が手作業で作製するハイブリットセラミックスに比べると、色の細かな調整ができないため、審美性は健康保険外のハイブリッドセラミックスに比べると少し劣ります。

セラスマート 単色のセラミックスブロックを削り取って歯の形にします



製品

2014年4月にラスマート(GC)、松風ブロックHC(松風)が厚生労働省に認可されたのを皮切りに、いくつかの製品が認可されました。 主な製品は下記となります。

製品名 会社名 認可年月 当院
セラスマート ジーシー 2014年4月 
松風ブロックHC 松風
ラヴァアルティメット ※2015年6月販売中止 スリーエム 2014年6月 ×
カボ エナミック カボデンタルシステムズ
カタナ アベンシア ブロック クラレノリタケデンタル 2014年10月
KZR-CAD ハイブリッドレジンブロック 山本貴金属
アルテサーノ 山八歯材工業 2016年8月 ×

当クリニックでは、5種類の健康保険適応のハイブリッドセラミックスを取り扱っています。

関連するページ  ハイブリッドセラミックスの種類



費用
歯の状態等により費用は前後しますが、3割負担の方で1本8000~10000円ほどです。健康保険外で作製するセラミックス、ハイブリッドセラミックスに比べると、費用は1/7~1/15程度となり、大幅に安くセラミックスの歯を装着することができます。

白い歯 健康保険外のセラミックスに比べると、安価に白い歯を装着できます



作製方法
健康保険が適応になるには、厚生労働省が定めた歯科用CAD/CAM装置を使用して作製することが必要となります。従来の歯科技工士が手作業で作製するものは、健康保険は適応になりません。

歯科用CAD/CAM装置の導入には500万円以上の費用がかかり、投資費用が大きいこと、採算性の問題から、導入している施設はごく一部に限られています。

作製方法は、歯科医院で歯型(1)をとり、模型(2)を作製します。歯科技工所にて歯型をコンピュータで読み取り(3)、ハイブリッドセラミックを機械で削り取り(4、5)、完成(6)させます。最短で2回の来院で装着できます。


歯型をとります1  模型を作製します2  コンピュータで読み取ります データを微調整

機械が削っていきます4  完成しました5  完成! 歯に装着



治療例

術前治療前  術後治療後

治療前は健康保険の銀歯が装着されていましたが、健康保険が適応になったことにより、安い費用でセラミックス(ハイブリッドセラミックス)の歯を装着できるようになりました。


術前治療前  術後治療後

治療前は、左側はプラスチックの変色したかぶせ物、右側は部分的なつめ物(金歯)が入っています。左側の歯は健康保険適応、右側は健康保険適応外でのセラミックス(ハイブリッドセラミックス)治療となりました。



健康保険適応のハイブリッドセラミックス(ハイブリッドレジン)についての詳細は、ご来院の際にお問い合わせください。



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)



関連するページ  審美歯科



健康保険適応のハイブリッドセラミックス