卑弥呼の歯がいーぜ 〜かむことの大切さについて〜 横浜・中川駅前歯科クリニック
卑弥呼の歯がいーぜ(ひみこのはがいーぜ)

〜かむことの大切さについて〜
食べ物をよくかむというのは当たり前のようですが、最近の食事ではハンバーグやカレーなど軟らかく食べやすいものが増え、軟らかいものを好んで食べるようになりました。その結果、「かまない、かめない」子供が増え、あごの発育不全や歯並びの乱れも頻繁に見られるようになりました。

かむというのは食べ物をかみ砕くだけでなく、様々な効果があります。「卑弥呼の歯がいーぜ」は、かむことの大切さを分かりやすく表したものです。



●卑弥呼の歯がいーぜ(ひみこのはがいーぜ)

 肥満防止
かむことにより、脳に食欲を抑える作用が働き、食べ過ぎを防ぎ、ダイエット効果が生まれます。


 味覚の発達
かむことにより食物の味が溶け出し、おいしさがよく分かるようになります。


 言葉の発達
かむことにより顔の筋肉が発達し、言葉の発音も明瞭になり、顔の表情も豊かになります。


 脳の発達
かむことにより脳の細胞や血流が活発になり、子供は賢く、大人はボケにくくなります。


 歯の病気予防
かむことにより唾液がよく出るようになり、口内の清掃効果が生まれます。また歯肉も活性化されます。虫歯、歯周病、口臭の予防に有効です。


 がん予防
かむことにより唾液がよく出るようになり、唾液中の酵素により、食品の発がん性を弱めます。


 胃腸の働きを促進
食品をかみ砕くことで胃腸の負担を和らげ、胃腸の働きを活発にします。


 全身の体力向上、全力投球
しっかりかむことで全身に力が入り、体力や運動能力向上につながります。


食事 かむことは様々な健康につながります



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  小児歯科  食育  味覚障害  かむ回数が増える食事をしましょう!