味がしない、味がうすく感じるときの食事の工夫 横浜・中川駅前歯科クリニック
味覚障害によって、「食べ物の味がしない」、「食べ物の味がうすく感じる」ことがあります。原因は亜鉛の不足、ドライマウス(口腔乾燥症)、血糖値のコントロールが不良の糖尿病、抗がん剤の服用など様々です。

食べ物の味が感じにくいときは、腎機能や血圧に問題がなければ、一時的に塩味を濃くするのも一つの方法です。しかしながら、いつも塩味を濃くすることはできません。塩味を濃くするだけでなく、味をはっきりさせるのも一つの方法です。

以下は味がしない、味がうすく感じるときの食事の工夫です。ご参考になれば幸いです。



うま味やこくをきかせる
塩分を増やすのではなく、だしを濃いめにとる、バター、みりん、酒などで「こく」を出すと、味を感じやすくなります。

味見 調理方法の工夫

関連するページ  味覚障害について  味覚障害の症状



●酸味をきかせる
酸味は塩味の代わりになるほど、食材の味を引き立てます。焼き魚、鳥の唐揚げなどの料理に使用するとよいでしょう。
がん治療に伴う口内炎があるときは、酸味がきつくないかんきつ類を使用すると、酸味がしみにくくなります。

柚子 ゆず   かぼす かぼす   ほっけの塩焼き 調理例(ほっけの塩焼き)

関連するページ  抗がん剤による口内炎(口腔粘膜炎)



●食べ物の温度を調節する
味は熱すぎても、冷たすぎても感じにくいものです。煮物、みそ汁、シチュー、茶碗蒸しなどはある程度冷ましてから食べると、味が感じやすくなります。飲み物は氷を入れすぎると味は感じにくくなります。

茶碗蒸し 茶碗蒸し



香辛料や調味料を加える
からし、わさび、しょうが、梅など、香辛料や調味料を加えると食材の持ち味がはっきりします。ただし、症状によっては不快に感じることがありますので、注意が必要です。

とうがらし 唐辛子



●口の中をきれいにしてからの食事
少しの汚れであれば問題はありませんが、口の中の汚れが多いと、食べ物の味が感じにくくなることがあります。歯みがき粉を使用して歯をみがき、口の中をサッパリしてから食事をするのも一つの方法です。歯みがきができないときは、水やお茶でうがいをするのもよいでしょう。

訪問歯科 口の中をきれいにしてからの食事



●食べ物はよくかんでから飲み込む
食べ物の味がしないと美味しくないため、流し込むように食べてしまうことがあります。唾液の中には味を感じやすくする物質があり、よく咬むことにより唾液の分泌が促進されます。

関連するページ  唾液の働き



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)



関連するページ  味覚障害
  がん治療前・治療後の歯科治療


味がしない、味がうすく感じるときの食事の工夫