唾液の働き
唾液は舌、耳、顎の下などで作られ、1日の分泌量は1~1.5リットルにも達します。唾液のほとんどは水分ですが、抗菌物質、免疫物質、消化酵素なども含まれています。

唾液は、ただ単に口の中に流れてくるだけでなく、食べ物の消化を助けたり、虫歯や歯周病を予防するといった、さまざまな働きがあります。



唾液の作用

希釈・洗浄作用
お口の中の細菌や食べかすなどを希釈し洗い流します。

関連するページ  唾液の分泌


抗菌作用
さまざまな抗菌物質(リゾチーム、ペルオキシダーゼ、ラクトフエリンなど)により、細菌の発育を抑制します。

関連するページ  シェーグレン症候群(Sjögren syndrome  歯周病菌ってどんな菌?


歯や粘膜の保護作用
唾液中のタンパクが皮膜を形成して、歯や粘膜を保護します。


緩衝作用
酸性に偏った虫歯になりやすい口の中を、虫歯になりくい中性に戻します。


歯の再石灰化作用
脱灰により歯の表面から失われたカルシウムやリンを補い、再石灰化させることにより、歯を修復します。

関連するページ  酸蝕症  胃食道逆流症(逆流性食道炎)


免疫作用
唾液中の抗体(IgA、IgG)が口の中の細菌と戦います。


消化作用
唾液中の酵素(アミラーゼ)により、でんぷんを分解します。


溶解作用
味物質を溶解して味覚を促進します。

関連するページ  味覚障害



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  ドライマウス(口腔乾燥症)


唾液の働き 横浜・中川駅前歯科クリニック