抗がん剤による口内炎(口腔粘膜炎)

●抗がん剤による口内炎(口腔粘膜炎)

口内炎(口腔粘膜炎)は、口の中の粘膜にあらわれる炎症をいいます。がん治療中は、抗がん剤治療(化学療法)に伴う免疫力(抵抗力)の低下により、高い頻度で口内炎を発症します。

痛みを伴うことが多く、抗がん剤投与後3〜4日で口の中の粘膜が赤くなったり、腫れ、1ヶ月で粘膜の再生が進み治ります。抗がん剤は繰り返し投与されるため、投与の度に発症します。


抗がん剤治療による口腔粘膜炎(口唇) 軽症の口内炎(口唇)

当クリニックは、国立がん研究センター連携歯科医院、横浜市周術期連携歯科医院に認定されています。

関連するページ  がん治療に伴う口腔合併症  口腔粘膜炎の分類  口内炎



口内炎(口腔粘膜炎)の発症頻度

通常の抗がん剤を使用したときは30〜40%、大量の抗がん剤を使用したときは70〜90%、顔や首周囲への放射線治療をおこなったときはほぼ100%の割合で口内炎が発症します。

入院 高い確率で口内炎ができます

関連するページ
頭頸部がん治療に対する口腔ケアの効果  胃がん、大腸がん、甲状腺がん治療に対する口腔ケアの効果




●口内炎(口腔粘膜炎)の症状

抗がん剤の投与1〜2週間後に症状のピークを迎えます。口の中が痛い、血が出る、熱いものや冷たいものがしみる、口の中が渇く、口が動かしにくい、食べ物が飲み込みにくい、味がおかしいといった症状がでることがあります。

痛みにより食事や会話がしにくくなり、身体的な苦痛だけでなく、精神的にも大きな苦痛を伴います。


口内炎(口腔粘膜炎)に伴い口の中にみられる症状
違和感/接触痛/冷水痛/温水痛/ドライマウス(口腔乾燥症)/口臭/歯肉出血/開口障害/咀嚼障害/嚥下障害/発音障害/味覚障害

関連するページ  ドライマウス(口腔乾燥症)  放射線障害性ドライマウス  味覚障害


口の中の汚れ、免疫力の低下、放射線治療との併用、喫煙は症状を悪化させます。虫歯や歯周病の治療、歯の清掃(クリーニング)など、抗がん剤治療前に可能であれば治療や予防処置を済ませておきます。


口内炎(口腔粘膜炎)の症状を悪化させる要因
虫歯/歯周病(歯槽膿漏)/合っていない入れ歯(不適合義歯)/歯石の沈着/口の中の汚れ/不十分な歯みがき/糖尿病/ステロイド剤の使用/喫煙/栄養不良/放射線治療との併用(主に顔や首周囲のがん)/とがった歯

関連するページ  タバコ  歯のクリーニング(PMTC)  歯のクリーニングの効果



●口内炎(口腔粘膜炎)をおこしやすい抗がん剤

多くの抗がん剤は、口内炎をおこします。特に5−FUなどの一部の抗がん剤は、重度の口内炎を頻繁におこします。


口内炎(口腔粘膜炎)をおこしやすい主な抗がん剤

抗がん剤の種類 一般名 商品名
抗がん性抗生物質 ダウノルビシン ダウノマイシン
ドキソルビシン アドリアシン、ドキシル
エピルビシン ファルモルビシン
代謝拮抗薬 フルオロウラシル 5−FU(フルオロウラシル)
テガフール・ウラシル UFT
テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム TS−1
メソトレキセート メソトレキセート
トポイソメラーゼ阻害薬 イリノテカン トポテシン、カンプト
アルキル化薬 シクロフォスファミド エンドキサン
プラチナ製剤 シスプラチン ブリプラチン、ランダ



口内炎(口腔粘膜炎)の予防方法

口の中を清潔に保つことにより、予防をはかります。殺菌消毒作用のあるうがい薬の使用、口の中の清掃(口腔ケア)をおこないます。また、口の中の乾燥(ドライマウス)は症状を悪化させることから、保湿剤を使用するなどして保湿をはかります。


歯みがき
毛先の軟らかい、ブラシが小さい歯ブラシを使用します。ブラシが小さいと、頬や舌の粘膜に触れにくくなるため、歯の清掃がしやすくなります。
市販されている歯みがき粉の殆どはしみて痛みを伴うので、症状が強いときは使用を控えます。

歯みがき 歯みがきはいつも以上にしっかりおこないます


うがい
市販の洗口液の多くはアルコール(エタノール)が入っているため、刺激が強く使用できません。症状が強いときは水でもしみるので、生理食塩水でうがいをすると、しみることは少なくなります。


歯のクリーニング(口腔ケア)
歯科医院での歯の清掃をおこなうことにより、口の中の細菌を減らすことができ、口内炎の発症予防、症状の軽減ができます。がん治療前には、歯のクリーニングを済ませておきます。
乳がん、頭頸部がん、胃がん、大腸がんなどは入院せず、通院により治すことも多くあります。通院しながら歯科医院で歯のクリーニングを頻繁におこなうのもよい方法です。


オーラルバランス ジェル状の保湿剤  含嗽用ハチアズレ うがい薬(粉を溶かして使用)

関連するページ  ドライマウスの治療で使用される薬剤(保湿剤)



●口内炎(口腔粘膜炎)の治療方法

治療は、予防方法と同じく殺菌消毒作用のあるうがい薬の使用、口の中の清掃(口腔ケア)をおこないます。また、口の中の乾燥を防ぎ、粘膜を保護するために保湿剤や人工唾液を使用します。漢方薬が使用されることもあります。

痛みが強い場合は、痛み止めの薬の服用、麻酔薬の入ったうがい薬や軟膏、医療用麻薬(モルヒネ)を使用します。


口内炎(口腔粘膜炎)の痛みを止める治療方法
症状 軽症 中等症 重症
治療方法 口腔ケア
うがい
口腔ケア うがい
保湿剤 痛み止め
口腔ケア うがい 保湿剤
痛み止め 医療用麻薬

関連するページ  口内炎(口腔粘膜炎)ができたときの食事の工夫



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  がん治療前・治療後の歯科治療  口内炎・口唇炎


抗がん剤による口内炎(口腔粘膜炎) 横浜・中川駅前歯科クリニック