●放射線性ドライマウス

顔や首に発生した癌の治療では、放射線治療がおこなわれ、大きな成果を上げています。しかしながら、がん治療時に照射された放射線によって、唾液腺の細胞も障害を受け、唾液は出なくなることがあります。

唾液が出なくなると、食事がしづらい、食べ物の味がしない、口の中がヒリヒリする等の症状がみられるようになります。また、虫歯、歯周病、口臭の原因にもなるほか、口内炎ができたり、味覚障害がおきることもあります。

放射線治療に加えて手術に伴い唾液腺が摘出されると、さらに唾液は出なくなり、ドライマウスの症状は悪化します。

ドライマウス 放射線治療によってドライマウスを発症することがあります

関連するページ  ドライマウス  ドライマウスを引きおこす全身の病気  味覚障害



●頭頸部がん(とうけいぶがん)

鼻、口、あご、耳、のどなど、鎖骨より上、脳より下の部分を頭頸部といい、この部分にできる「がん」を総称して頭頸部がんといいます頭頸部のがんが全てのがんに対して占める割合は5%程度ですが、この部位には生活していくうえで欠かせない臓器が狭い部位に集まっています。

重要な臓器が入り組み手術の難易度が高いこと、放射線治療の効果が判断しやすいこと、正確な放射線照射をおこないやすいことなどから、放射線治療が多くおこなわれます。

一般に放射線照射30〜60Gy(グレイ)で、唾液腺の機能は30〜50%も減少します。放射線照射後、唾液腺の機能は1〜2年で多少回復しますが、十分でないことがほとんどです。


主な頭頸部がん
口腔底がん/歯肉がん/頬粘膜がん/口唇がん/舌がん/上顎がん/喉頭がん/鼻腔がん/耳下腺がん/顎下腺がん/甲状腺がん/上咽頭がん/中咽頭がん/咽頭がん/喉頭癌がん


頭頸部がんの放射線治療に伴うドライマウス(口腔乾燥症)の変化

放射線量 開始〜20Gy サラサラした唾液から、ネバネバした唾液になる。味覚障害がおきる。
20〜60Gy 唾液の分泌量が減る。口からの食べ物の摂取が次第に難しくなる。
60〜70Gy ドライマウスの症状が悪化。口内炎(口腔粘膜炎)と重なり、会話や食べ物を飲み込むのが難しくなる。
放射線治療後 多少改善するものの、ドライマウスの症状は続きます。味覚障害は治ります。

頭頸部 ドライマウスの症状は放射線量に関係します

関連するページ  がん治療に伴う口腔合併症 頭頸部がん治療に対する口腔ケアの効果 舌がん



放射線性ドライマウスの治療

放射線性ドライマウスの治療では、口腔ケアや歯のクリーニング、保湿剤の使用、口の周囲の筋力アップをはかるために筋機能訓練、薬(サラジェン)の服用などをおこないます。


オーラルバランス保湿ジェル オーラルウエットスプレー保湿スプレー

関連するページ  歯のクリーニング(PMTC)  ドライマウスの治療で使用される薬剤



当クリニックはドライマウス(口腔乾燥症)唯一の学会組織である「ドライマウス研究会」が発足した2002年からメンバーとして参加しています。

当クリニックは、国立がん研究センター連携歯科医院、横浜市周術期連携歯科医院に認定されています。


※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)



関連するページ  ドライマウス(口腔乾燥症)  がん治療前・治療後の歯科治療


放射線障害性ドライマウス
放射線障害性ドライマウス 横浜・中川駅前歯科クリニック