口腔粘膜炎の分類

口腔粘膜炎の分類には、アメリカ国立がん研究所(National Cancer Institute、NCI)の分類(Common Terminology Criteria for Adverse Events、CTCAE)が広く使用されています。
グレード1からグレード5までの5つに分類されます。

通常の抗がん剤を使用したときは30〜40%、大量の抗がん剤を使用したときは70〜90%、顔や首周囲への放射線治療をおこなったときはほぼ100%の割合で口腔粘膜炎を発症します。



●グレード1 粘膜の紅斑
頬や舌など、口の中の粘膜が赤みをおびて、むくみます。ヒリヒリしたり、少し痛みが出ることもありますが、食事への影響はほとんどありません。

対象方法としては、口腔粘膜炎ができる前から、うがい薬(ハチアズレなど)でうがいを頻繁におこなうようにします。


含嗽用ハチアズレうがい薬(粉を溶かして使用)

関連するページ  抗がん剤による口内炎(口腔粘膜炎)



●グレード2 斑状潰瘍または偽膜
まだら状の潰瘍もしくは偽膜ができます。粘膜の赤みが強くなり、ジーンとした痛みを伴うこともあります。食事は不自由になり、食べやすいように加工した食品なら何とか食べられる状態です。

対処方法としては、麻酔薬入りのうがい薬を使用してうがいをしたり、モルヒネなどの痛み止めの薬を使用します。


グレード1グレード1   グレード2グレード2

※潰瘍(かいよう)とは
体の組織の表面が炎症をおこしてくずれ、内部の組織にまでその傷が及ぶこと。

※偽膜(ぎまく)とは
正常な組織としての構造をもたない膜。繊維組織、膿(うみ)などが固まってできます。




●グレード3 融合した潰瘍または偽膜、わずかな外傷で出血
まだら状の潰瘍や偽膜が合わさり、わずかな刺激でも出血します。粘膜の赤みは強く、痛みが強くなります。口の粘膜に白く、薄い偽膜をのせた潰瘍ができます。

グレード3以上は重症の口腔粘膜炎とされます。頭頸部がんの治療は重症化しやすく、30〜60%の患者さんがグレード3以上の口腔粘膜炎を発症します。

関連するページ  頭頸部がん治療に対する口腔ケアの効果



●グレード4 組織の壊死、顕著な自然出血、生命を脅かす
組織は死んでしまい、出血も多く、生命を脅かす段階。この状態はそれほど多くはないものの、感染が全身に広がるリスクも高まります。


グレード3グレード3  グレード4グレード4



グレード5 死亡



当クリニックは、国立がん研究センター連携歯科医院、横浜市周術期連携歯科医院に認定されています。

※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  がん治療前・治療後の歯科治療  口内炎・口唇炎


口腔粘膜炎の分類 横浜・中川駅前歯科クリニック