口内炎 横浜・中川駅前歯科クリニック
口内炎
●口内炎とは
口内炎とは、口の中の粘膜にみられる炎症の総称です。歯肉炎、舌炎、口角炎、口唇炎も口内炎の一つですが、一般的にはアフタ性口内炎のことをいいます。

歯肉炎 歯肉炎(矢印:歯肉が炎症している部位)

関連するページ  口内炎 Q&A  舌炎  口唇炎  口角炎



●口内炎の症状
口の中の粘膜や歯肉が赤く腫れたり、水ぶくれ、ただれ、潰瘍などができます。自覚症状としては、さわると痛い、食事のときにしみる、食べ物が飲み込みにくい、話しにくいなどの症状があります。

長引く口内炎は口腔がんのこともあるため注意が必要です。実際に、当クリニックに「口内炎がなかなか治らない」とのことで来院された患者様で、口内炎ではなく口腔がんだった患者様もいます。

口内炎 口の中に強い痛みが生じることがあります

関連するページ  口腔がん検診  オーラルID(口腔がん検査機)



口内炎の原因
口内炎の原因には、口の中の汚れ、傷、全身の病気、食べ物など様々なものがあります。


1)口の中の汚れ
不十分な歯みがき、虫歯、歯周病、ドライマウス(口腔乾燥症)により口の中が汚れると、細菌が繁殖して口内炎ができやすくなります。

歯のクリーニング 歯科医院での歯の清掃も口内炎予防に有効です

関連するページ  ドライマウス(口腔乾燥症)


2)外傷
合わない入れ歯、矯正装置、悪い歯並び、熱い食べ物、不必要な歯の接触(TCH)やくいしばり(歯ぎしり)等を原因として、口の中の粘膜が傷つくと口内炎ができやすくなります。

関連するページ  舌、歯ぐきの火傷  TCH(歯列接触癖)  歯ぎしり


3)全身の病気、健康
風邪、栄養不足、偏食、ダイエット、疲れ、睡眠不足、ストレスなどによって体力、免疫力が低下すると、口内炎ができやすくなります。また、がん、貧血、金属アレルギー、ベーチェット病、全身性エリテマトーデス、細菌やウイルス性の病気(梅毒、淋病、手足口病、帯状疱疹、HIVなど)も口内炎の原因となります。

訪問歯科診療 免疫力が低下すると、口内炎ができやすくなります

関連するページ  がん治療前後の歯科治療  歯科金属アレルギー  ベーチェット病



口内炎の種類
口内炎で最も多いのはアフタ性口内炎です。一般に口内炎というと、アフタ性口内炎のことをいいます。代表的な口内炎として下記があります。


1)アフタ性口内炎
表面が白く(あるいは黄色がかった白色)、周囲が赤くなった円形の口内炎。触ると痛みがあり、食事や歯みがきがしにくくなることもります。口の中の傷、疲れ、ストレスなどによってできます。通常1〜2週間で治ります。

アフタ性口内炎 アフタ性口内炎(頬の粘膜)


2)カタル性口内炎
口の中の粘膜が赤く炎症がおき、荒れた状態となります。ヒリヒリ感、灼熱感があり、刺激物にしみたり、痛みのため食事がしにくくなることもあります。炎症が強くなると、表面が白く濁ることがあります。火傷したときできる口内炎の多くはカタル性口内炎です。


3)口腔カンジダ症
カビの一種、カンジダによって口の中に引きおこされる口内炎。舌や頬(ほお)の内側、口蓋、歯肉に白い膜ができます。
口の中がヒリヒリ痛む、熱いものを口にしたときに痛む、舌が痛い、食べ物の味を感じにくい(味覚障害)などの症状があります。

口腔カンジダ症 口腔カンジダ症(舌)

関連するページ  口腔カンジダ症  味覚障害について


4)口腔扁平苔癬(こうくうへんぺいたいせん)
銀歯や入れ歯の金属バネなど、金属に接する粘膜に発症することが多い口内炎。金属アレルギーが関与しているとされています。舌に発症した場合は、舌痛症(ぜっつうしょう)、口腔灼熱症候群(バーニングマウス症候群)、舌がんとの鑑別が必要なこともあります。触ると痛みが生じることがあります。

口腔扁平苔癬 口腔扁平苔癬(頬の粘膜)

関連するページ  口腔扁平苔癬  歯科金属アレルギー  舌痛症  口腔灼熱症候群  舌がん


5)ヘルペス性口内炎
ヘルペスウイルスを原因とする口内炎で、発熱、強い痛みを伴います。感染力が強く、親子、夫婦間など密接な間柄で感染します。

関連するページ  口唇ヘルペス  性感染症と口腔


6)口腔粘膜炎
がん治療に伴う副作用で最も頻度が高いのが口腔粘膜炎です。頬や口唇の粘膜が炎症をおこし、症状が悪化すると出血したり、激痛を伴います。痛みのため、食事や会話ができなくなることもあります。

関連するページ  抗がん剤による口内炎(口腔粘膜炎)  口腔粘膜炎の分類


7)天疱瘡(てんぽうそう)
口の中に水ぶくれができる病気です。治療の進歩によって致死率が改善された病気ですが、命にかかわる病気となっています。

関連するページ  天疱瘡



口内炎の治療
軟膏塗ったり、抗菌性のうがい薬で消毒をします。睡眠と栄養としっかりとって体調を整えることも大切です。小さな子供は、食事を嫌がって脱水症状をおこすこともありますので、注意が必要となります。

診療 セルフケアに加えて、歯科医院で治療をおこないます

関連するページ  口内炎の治療



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  口内炎・口唇炎