口内炎 Q&A 横浜・中川駅前歯科クリニック

Q.口内炎とは、どのような病気でしょうか?

A.口の中の粘膜や歯肉が赤く腫れたり、水ぶくれたり、ただれたりする病気です。さわると痛い、食事のときにしみる、食べ物が飲み込みにくい、話しにくいなどの症状があります。

関連するページ  口内炎



Q.中川駅前歯科クリニックでは口内炎の治療をおこなっていますか?

A.おこなっています。お気軽にご来院いただけたらと思います。



Q.口内炎の原因は何ですか?

A.口内炎の原因としては、口の中の汚れ、傷、全身の病気、生活習慣、食べ物など様々なものがあります。

日中の眠気 疲労も口内炎の原因となります



Q.いつも口が渇いて、口内炎がよくできます。口の渇きも口内炎の原因ですか?

A.
口が渇くと細菌が繁殖したり、粘膜は傷つきやすくなるため、口内炎ができやすくなります。

水分補給 口の渇きを訴える病気「ドライマウス」が原因のこともあります

関連するページ  ドライマウス(口腔乾燥症)



Q.虫歯があります。口内炎の原因になりますか?

A.
虫歯によってできた歯の鋭縁は、舌や頬の粘膜を傷つけて口内炎の原因となります。



Q.虫歯の近くに口内炎があります。歯医者さんに口内炎を触られそうで怖いです。口内炎が治った後に虫歯の治療をしたほうがよいでしょうか?

A.
歯科医師に伝えれば、口内炎を触れずに虫歯の治療してくれます。口内炎の状況にもよりますが虫歯は進行してしまいますので、予定通りに虫歯の治療をおこなったほうがよいかと思います。



Q.口内炎は他人にうつりますか?

A.
ウイルスを原因とした口内炎(ヘルペス性口内炎)は、他人にうつることがあります。

関連するページ  口唇ヘルペス



Q.2週間前に口唇をかんでしまってから、1週間後には3個、2週間後には10個もできています。口内炎の薬を塗っても全く治りません。

A.
口唇ヘルペスの可能性が高いと思われます。医療機関に受診してください。



Q.口内炎で一番多いものは何でしょうか?

A.最も多いのは口の中の粘膜や歯肉に潰瘍ができるアフタ性口内炎です。多くは1~2週間で治ります。



Q.口内炎の治療は何科でおこないますか?

A.
歯科、口腔外科もしくは耳鼻咽喉科、皮膚科でおこないます。



Q.口内炎はどのようにすれば治るのでしょうか?

A.塗り薬やうがい薬の使用、口内の清掃などをおこないます。また、十分な休養や栄養摂取などの生活習慣の改善も大切です。

関連するページ  口内炎の治療



Q.歯科医院での歯のクリーニングは口内炎予防になりますか?

A.口内炎予防になります。ぜひ、定期的に歯科医院で歯のクリーニングをしてください。

関連するページ  歯科検診



Q.市販の口内炎の薬を使っても治りません。漢方薬が効果的と聞いたのですが。

A.
塗り薬で効果がみられない口内炎でも、漢方薬の服用により治ることがあります。

漢方 医療機関で処方される口内炎の漢方薬の一つ「茵蔯蒿湯」



Q.口内炎がなかなか治らないのですが、他の病気の可能性もありますか?

A.2週間以上たっても治らない場合は、がん、口腔扁平苔鮮(こうくうへんぺいたいせん)、ベーチェット病、天疱瘡など、他の病気の可能性があります。

関連するページ  舌がん  口腔がん検診  天疱瘡  扁平苔癬



Q.口内炎ができる全身の病気には、どのようなものがありますか?

A.
がん、貧血、ベーチェット病、全身性エリテマトーデス、手足口病、エイズなどがあります。

関連するページ  ベーチェット病  全身性エリトマトーデス(SLE)



Q.舌の口内炎が治りません。がんでないか心配です。口腔がん検診をしてもらうことは可能ですか?

A.
可能です。お気軽にお申し付けください。

関連するページ  口腔がん検診  口腔がんの予防方法



Q.口内炎にいい食事はありますか?

A.
口内炎の予防には、バランスのよい食生活が大切です。特にビタミンBは、粘膜を守る働きがあるため、十分に摂取したほうがよいでしょう。身近な製品としては、チョコラBBがあります。

チョコラBBプラス チョコラBB



Q.口内炎が痛くて十分な食事ができません。何かよい方法はありませんか?

A.
熱い、辛い、すっぱいなどの刺激の強い食物は避ける、水分の多い食事にする、うす味にするなどの工夫をします。

レモン とうがらし 刺激物を避けるようにします

関連するページ  口内炎(口腔粘膜炎)ができたときの食事の工夫



Q.友人から亜鉛をたくさん摂取すると口内炎が治るので、牡蠣を食べるのがよいといわれました。本当でしょうか?

A.
亜鉛の摂取で治ることもありますが、亜鉛の摂取だけでは治らないことも多くあります。かかりつけの歯科医師、薬剤師、管理栄養士に相談されるのがよいでしょう。

牡蠣 カキには亜鉛がたくさん含まれています

関連するページ  身体に必要な金属



Q.口内炎が長く続いて困っています。食事の相談をしてもらうことはできますか?

A.
可能です。当クリニックには管理栄養士が在籍していますので、口内炎ができたときの食事、口内炎ができにくい食事などのご説明をさせていただきます。お気軽にお申し付けください。

関連するページ  栄養指導(栄養相談)  栄養指導 Q&A



Q.口内炎の薬の相談をしてもらうことはできますか?

A.できます。当クリニックには薬剤師が在籍していますので、お気軽にご相談ください。

関連するページ  服薬指導(服薬相談)  服薬指導 Q&A



Q.歯肉に口内炎ができて、その近くにある歯も痛みます。歯の痛みは口内炎が原因ですか?

A.
口内炎が原因ではなく、虫歯が原因だと思われます。早めに歯科医院に受診されるのがよいでしょう。



Q.歯肉に白っぽいものがあり、手で押すとへこみます。口内炎でしょうか?

A.
歯の根に膿がたまっているものと思われます。歯の根の治療をおこなうことで治ります。



Q.頬に何かができているので観察したところ、黒っぽいものがあります。癌でしょうか?

A.
恐らく血豆と思われますが、念のため歯科、口腔外科に受診してください。



Q.舌が全体的に痛みます。口内炎でしょうか?

A.
おそらく舌痛症(ぜっつうしょう)や口腔カンジダ症でないかと思われます。

舌 舌痛症や口腔カンジダ症のこともあります

関連するページ  舌痛症(舌の痛み、違和感)  口腔カンジダ症



Q.受診前にメールで相談することはできますか?

A.メールにてご相談をお受けしています。お気軽にご相談ください。



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  口内炎・口唇炎


 

口内炎 Q&A