●ベーチェット病とは
ベーチェット病とは、口内炎、皮膚症状、眼症状、外陰部潰瘍の4つを主な症状とする慢性の全身性の病気です。症状の消失と再発を繰り返します。病名はトルコのイスタンブール大学皮膚科、フルス・ベーチェット(Hulsi Behcet)教授が、1932年に報告したことに由来します。

アフタ性口内炎 口内炎(頬の粘膜)

関連するページ  口内炎  口内炎 Q&A




ベーチェット病の患者像
シルクロード病ともいわれ、地中海沿岸、中東、中国、韓国、日本で多くみられます。日本では北日本に多く、厚生労働省の公費対象となっている患者さんは1.8万人います。

男女差はなく、発症年齢は10〜40歳代で、30歳代が最も多い傾向があります。

ベーチェット病の世界分布 ベーチェット病の世界分布

推定有病率を面積で相対的に示した  推定有病率が10万人当たり1人未満の地域
有病率は不明であるが、発症がまれである地域   ×これまでに発症の報告なし



●原因
病気の原因は不明ですが、白血球の型であるHLA−B51、HLA−A26をもつ患者さんが多いことから、遺伝的な要因に口の中の細菌、公害や化学物質などの環境因子、ストレスが加わり、白血球の機能が過剰となって炎症をおこすと考えられています。



症状
口内炎、皮膚症状、眼症状、外陰部潰瘍の4つの主症状のほか、関節炎、消化器や血管の異常、認知症などの副症状があります。

一度に3つ、4つの症状がそろって出るわけでなく、最初は1つの症状のみが多い傾向にあります。最初の症状は口内炎が多く、副症状はベーチェット病を発症してから数年後に出現することが多い傾向にあります。症状は以前に比べると軽症化しています


1)口内炎
歯肉、舌、頬の粘膜などに口内炎(潰瘍)ができます。痛みを伴い、再発を繰り返します。ほぼ100%の患者さんにみられます。

2)皮膚症状
にきびのような発疹が顔、胸などにできます。皮膚が過敏になり、ヒゲそり後に顔が真っ赤に腫れることもあります。ひざから足にかけてが赤く腫れることもあります。

3)眼症状
ベーチェット病は、ぶどう膜炎をおこす代表的な病気の一つです。目が充血したり、痛んだり、視力が低下したりします。

4)外陰部潰瘍
男性では陰茎から陰嚢、女性では外陰部から膣内がただれることがあります。



診療科
ベーチェット病の治療は、大学病院を中心としたリウマチ科、膠原病科、眼科、アレルギー科などの専門の医療機関でおこないます。口内炎の予防や治療は、歯科でおこなうこともあります。

大学病院の受診は、原則として紹介状が必要となります。ご紹介を希望される場合は、当院で診させて頂いた後に適切な医療機関をご紹介させて頂くことも可能です。お気軽にご相談下さい。



診断方法
ベーチェット病を診断するための特別な検査はなく、口内炎を主とする病気のため、歯科医院で見つかることもあります。診断は、厚生労働省の診断基準をもとにおこないます。

4つの主症状全てがそろったものを「完全型ベーチェット病」、主症状2つ、副症状2つ、もしくは主症状1つと眼症状、副症状2つと眼症状があるものを「不全型ベーチェット病」といいます。

臓器病変が主体である場合は、症状に応じて血管型、神経型、腸管型に分類され、「特殊病型ベーチェット病」と総称されます。

ベーチェット病の診断ベーチェット病の診断



治療
皮膚病変には、ステロイド薬を使用します。症状が強い場合や重い臓器の病気を合併する場合は、炎症を抑えるために免疫抑制薬「コルヒチン(商品名:同)」を使用します。コルヒチンは下痢、乏精子症、月経異常、催奇形性などの副作用があるため、使用にあたっては注意が必要となります。

眼病変(ぶどう膜炎)に対しては、日本では2007年に世界に先駆けてインフリキシマブ(商品名:レミケード)の使用が認可され、コルヒチンやシクロスポリン(商品名:ネオーラル)などの既存の薬では改善が難しかった患者さんに対しても、大変よい治療効果が得られています。

十分な休養とバランスのとれた食事、禁煙も大切です。



●ベーチェット病と歯科
ベーチェット病は発症要因、症状などで歯科と大きく関わっています。

口内炎
口内炎の治療では、ステロイド軟膏、漢方薬、うがい薬の使用のほか、毎日の歯みがきをしっかりおこなったり、歯科医院で定期的に歯のクリーニング(PMTC)をおこなうことによって、口内を清潔にしていきます。

クリーニング前 クリーニング後 歯のクリーニング前(左)と後(右)

関連するページ  口内炎の治療  歯のクリーニング(PMTC)


虫歯

ベーチェット病の患者さんは、虫歯の既往が多く、口内の衛生状態が悪い人が多く、抜歯後や歯科治療にベーチェット病の症状が悪化したという報告や歯周病との関連が考えられています。

また、口の中の細菌である「ストレプトコッカス サンギス(Streptococcus sanguis)」に対する過敏反応が、発症原因の一つと考えられています。そのため、虫歯の治療をおこなうのはもちろんのこと、口内炎の治療と同様に、口内を清潔に保つことも重要となります。


歯肉増殖症
ベーチェット病の治療で使用されるシクロスポリンは、歯肉を増殖(ものすごく腫れます)させることがあり、その発症率は25〜30%とされています。口内を清潔に保つことが歯肉増殖の予防になり、増殖してしまった歯肉に対しては、歯のクリーニング、歯肉切除手術などをおこないます。



●治療費
ベーチェット病は国の「特定疾患治療研究事業」の対象となっています。そのため、ベーチェット病と診断された患者さんは、保健所にて所定の手続きをおこなうことで、医療費の全額、もしくは一部の助成を受けることができます。



予後
主症状は良くなったり悪くなったりを繰り返しますが、10年ほどたつと症状は改善されて症状がなくなったり、軽度の口内炎のみになったりすることが多い傾向にあります。予後は良好といえます。

一方で、眼病変はひどくなると失明することがあります。以前はベーチェット病を発症すると視力が0.1以下になる確率が40%と高いものでしたが、現在では効果的な薬が開発されたことにより、失明に至る患者さんは少なくなっています。

特殊病型は治りにくいことが多く、免疫抑制剤、生物学的製剤などを使用した治療がおこなわれています。



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  口内炎・口唇炎  全身のご病気をおもちの方の歯科治療


ベーチェット病
ベーチェット病 横浜・中川駅前歯科クリニック