乳歯の虫歯をそのままにしていませんか?

乳歯の虫歯をそのままにしていませんか?「どうせ永久歯に生え変わるし‥」、「いやな思いをさせてまで治療をしなくても」、「治療する時間がないから」などと思われている保護者の方は多いと思います。

乳歯は食べ物をかみ砕くだけでなく、永久歯が生える場所を確保して永久歯を正しい位置に導いたり、きちんと発音するのを助け、あごや顔の形を整えるなど様々な働きがあります。



●乳歯の虫歯をそのままにしておくと

食べ物がよくかめないので、その分胃腸に負担をかけます。十分な栄養摂取も難しくなり、成長の点から問題があります。

前歯が大きな虫歯になると、発音に影響します。口元が不自然になり、生活に支障をきたすこともあります。大きく口を開けて笑えなくなるなど、内向的な性格の原因になります。

虫歯を放置しておくと、他の歯に虫歯がうつります。また、虫歯菌などが繁殖して、口臭の原因になります。

虫歯の穴が大きくなると、隣の歯がその穴に向かって倒れてきたり、反対側のかみ合う歯が伸びたりして、かみ合わせがおかしくなったり、歯並びが悪くなる原因になります。

虫歯がひどくなると、永久歯への生えかわりがうまくいかず、永久歯の歯並びが悪くなることがあります。

乳歯は永久歯に比べて神経が太く、歯の質が軟らかくて薄いので、虫歯の進行が早く痛みもでやすいという特徴を持っています。

通院を始めた時に治療が難しくなります。また治療回数が増え、治療費も高くなります。治療に対するお子さんの負担も大きくなってしまいます。

虫歯の痛み 虫歯をそのままにしておくと…

関連するページ  小児の虫歯治療  小児の虫歯治療 Q&A



●お子さんの治療に対する負担を軽くするには

痛みがでてからの来院は、お子さんの治療に対する負担は大きく、歯医者さん嫌いになる原因になります。虫歯になる前から予防処置などで通院して、“歯科治療=痛い!”と思わせないことが大切です。

また、虫歯ができる前に、保護者の方の治療時に一緒に来院して、歯科医院の雰囲気に慣れておくのもよいでしょう。

幼児の治療は、体調の良い午前中の受診がおすすめです。お昼寝の頃や夕方になると疲れて機嫌が悪くなることが多いものです。

なるべく嘘をついて連れてこないようにしましょう。かえって嫌がる原因になります。そのかわりに治療の後はたくさん褒めてあげてください。

待合室ではなるべくリラックスさせるように保護者の方が本を読み聴かせたり、遊具で遊ばせてあげてください。

診療 優しく、できる限り押さえつけない治療をおこなっています

お子様の歯とお口の健康についてご不明な点等がありましたら、ご来院の際にお気軽にスタッフまでお問い合わせください。



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  小児歯科


乳歯の虫歯をそのままにしていませんか? 横浜・中川駅前歯科クリニック