Q.虫歯のチェックは、いつからしてもらえますか?

A.
歯が生え始めたときから可能です。お気軽にご来院ください。

ご相談 お気軽にご来院、ご相談ください

関連するページ  小児の虫歯治療



Q.3歳の子供です。痛みを訴えていなかったのに、大きな虫歯ができてしまいました。痛みはでないものでしょうか?

A.
小さなお子様は、虫歯の痛みを経験したことがないため、また意思表示が十分できないため、大きな虫歯があっても痛みを訴えないことが多いようです。



Q.子供の虫歯は進行が早いのでしょうか?

A.
乳歯や生えたばかりの永久歯は、歯が軟らかく虫歯の進行が早い傾向にあります。ご注意ください。



Q.小さな虫歯は、治療しなくてもよいと聞きました。本当でしょうか?

A.ごく初期の小さな虫歯は、歯を削らなくても予防処置により治すことができます。また、進行せず、そのままにしていても問題ない虫歯もあります。

関連するページ  歯の白斑(初期虫歯)



Q.小さな虫歯が治療が必要かどうかを、診断してもらうことはできますか

A.
はい、できます。歯科医師の視診のほか、治療が必要な虫歯かどうかを判定する検査装置(ダイアグノデント ペン)を使用して診断させていただきます。

ダイアグノデントペン ダイアグノデントペン

関連するページ  レーザーで見えない虫歯も発見!(ダイアグノデント ペン)



Q.虫歯があります。乳歯なので治療しなくても平気でしょうか?

A.
乳歯の虫歯をそのままにしておくと、永久歯に虫歯がうつったり、歯並びが悪くなったりします。また、発音が悪くなったり、栄養摂取の点で問題が生じることもあります。治療をされたほうがよいでしょう。

虫歯をそのままにしておくと… 乳歯の虫歯をそのままにしておくと…

関連するページ  乳歯の虫歯をそのままにしていませんか?




Q.治療を嫌がると思いますが、大丈夫でしょうか

A.
大丈夫です。当クリニックでは、歯医者さん嫌いのお子様でも優しく対応させていただいております。ご安心ください。

関連するページ  小さなお子様の治療の流れ



Q.治療を嫌がるので、断られたことがあります。そのような子供でも診てもらえますか?

A.
当クリニックでよろしければ、お気軽にご来院ください。

診療 練習をしながら治療をすすめます



Q.子供の頃に押さえつけて治療をされ、歯科治療が苦手になりました。今でも治療ができない子供は、押さえつけての治療になるのでしょうか

A.
当クリニックでは、保護者の方が希望されたり、緊急の場合を除いて、押さえつけての治療はおこないませんので、ご安心ください。

抑制ネット
 ネットで包んで身動きできないようにする器具は使用しません



Q.押さえつけての治療は、大人になってからの歯科恐怖症の原因になりますか?

A.
状況にもよりますが、歯科大学での研究
※1により、大人の歯科恐怖症の患者さんは、小児期の押さえつけられての歯科治療が、大きな要因であることが明らかにされています。可能な限り押さえつけての診療は避けたほうがよいでしょう。

※1 鬼頭秀明(愛知学院大学歯学部小児歯科) 幼少期の歯科治療体験が現在の歯科恐怖に及ぼす影響 −第1編 抑制治療体験の記憶について− 小児歯科学雑誌 37(5)1020−1025 ほか



Q.治療ができなくても、練習すれば治療ができるようになるのでしょうか?

A.
3歳以上のほぼ全てのお子様は、練習をしながら治療をおこなうことにより、抑制ネットを使用したり、無理やり押さえつけなくても、治療ができるようになります。



Q.治療中に子供が動くと思います。銀歯になった場合、きちんと歯型をとることはできるのでしょうか?

A.
スタッフはお子様の対応に慣れていますので、問題ありません。きちんと歯型をとることはできます。

虫歯治療 虫歯治療



Q.レントゲン写真は安全ですか?

A.
歯科医院で撮影するレントゲン写真の放射線量は、極めて少ないため安全です。当クリニックでは、従来のものに比べると、1/10の線量での撮影が可能なレントゲン撮影装置を導入しています。

関連するページ
当院のレントゲン写真 
レントゲン写真って安全なのでしょうか? レントゲン写真 Q&A



Q.虫歯の進行止めの薬とは、どのようなものでしょうか?

A.
虫歯の進行止めの薬は、商品名を「サホライド」といいます。虫歯に液体の薬を塗るだけで、虫歯の進行が止まります。治療時間は1〜2分です。

サホライド サホライド

関連するページ
虫歯の進行止めの薬(サホライド)  虫歯の進行止めの薬(サホライド) Q&A




Q.フッ素と虫歯の進行止めの薬は同じものですか?

A.
違うものです。フッ素は虫歯を予防します。虫歯の進行止めの薬は、フッ素と銀が入っており、虫歯の進行を抑えます。

フッ素塗布の様子 フッ素塗布

関連するページ  フッ素  フッ素洗口  フッ素塗布  フッ素 Q&A



Q.シーラントは虫歯治療の一つの方法ですか?

A.
シーラントは、歯の溝をフッ素の入った樹脂で埋める虫歯の予防処置です。

関連するページ  シーラント



Q.なるべく歯を削らずに治療をしてもらえますか?

A.
当クリニックでは、できる限り歯を削らない虫歯治療をおこなっています。



Q.MI(ミニマルインターベンション)とは何ですか?

A.
国際歯科連盟(世界の歯科医師会)が提唱し、世界の虫歯治療の常識となりつつある概念です。
従来の虫歯治療は、歯を大きく削って銀歯をかぶせることで、いかに銀歯を外れないようにするかに重点を置いていました。これは歯の寿命を短くしてしまうことから、虫歯治療ではなるべく歯を削らないようにしようというのがMIの概念です。技術進歩により、歯を大きく削らなくても、つめ物が外れることはなくなったことから可能となりました。



Q.銀歯は目立つので避けたいのですが、可能でしょうか?

A.
大きな虫歯では銀歯になることはありますが、可能な限り銀歯にしない虫歯治療をおこなっております。

銀歯 銀歯(乳歯冠)



Q.小児の虫歯治療において、乳歯冠の使用頻度は今でも高いのでしょうか?

A.昔はよく使用されていましたが、全国小児歯科開業医会※2が会員に対しておこなった調査では、月1回以下の使用が46%と最も多く、今は小児専門の歯科医院でも使用しないことが多いようです。当クリニックではおこなっていません。

※2 日本小児歯科学会会員で、小児歯科を専門または小児歯科を中心に開業している歯科医師の組織



Q.子供は金属アレルギーなので、金属以外の材料で治療してもらえますか?

A.
金属以外の材料で治療をさせていただくことは可能です。年に数人、同様のご要望があります。

関連するページ
小児の歯科金属アレルギー  小児の金属アレルギー Q&A  歯科金属アレルギー




Q.
かなり大きな虫歯なので抜歯が必要だと思います。抜歯は大変ですか?

A.多くは5分ほどで簡単に抜歯できます。



Q.一度虫歯を治せば、もう虫歯の再発はありませんか?

A.
一度虫歯を治しても、お口の中が虫歯になったときと同じ環境であれば、また再発します。歯みがきや食生活を見直したり、歯科医院での予防処置の頻度を多くするなどの対策が必要になります。

ドーナツ 治療後の歯みがき、食生活、歯科医院での予防処置が大切です



お子様の虫歯治療ついて、ご不明な点等がありましたら、ご来院の際にお気軽にスタッフまでお問い合わせください。


※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  虫歯  小児歯科


小児の虫歯治療 Q&A
小児の虫歯治療 Q&A 横浜・中川駅前歯科クリニック