小児の金属アレルギー Q&A 横浜・中川駅前歯科クリニック

小児の金属アレルギー Q&A

Q.金属アレルギーとは何ですか?

A.金属製品、アクセサリー、銀歯などによっておきるアレルギーのことをいいます。

関連するページ  歯科金属によるアレルギーについて  金属アレルギー Q&A



Q.金属アレルギーの症状には、どのようなものがありますか?

A.皮膚かぶれ、アトピー性皮膚炎、顔面湿疹などの症状があります。

アレルギー 足の湿疹


Q.口の中の銀歯が原因で、皮膚がかぶれることがあるのでしょうか?

A.歯科材料による金属アレルギーは、口の中に症状はあらわれることは殆どなく、顔面、手足など全身の皮膚に症状があらわれます。

銀歯 銀歯(乳歯冠)


Q.患者さんは多いのでしょうか?

A.金属アレルギーの患者数は、予備軍も含めると日本国内に1000万人もいるとされています。ただし、気付いていない人がほとんどです。



Q.子供でも金属アレルギーになりますか?

A.金属アレルギーの多くは、子供のうちから金属に接していくうちにアレルギー体質となり、大人になって発症します。大人に比べると発症率は低いものの、子供でも金属アレルギーになります。

関連するページ  小児の歯科金属アレルギー



Q.子供が金属アレルギーにならないためには、どうすればよいでしょうか?

A.不必要な金属の接触を避けることです。虫歯予防につとめ、銀歯になるような虫歯をつくらないことも大切です。

 歯科医院でのフッ素塗布(虫歯予防)


Q.金属アレルギーは完治しますか?

A.症状を和らげることはできますが、一度発症すると完治することはないとされています。



Q.母親が金属アレルギーです。子供に遺伝しますか?

A.遺伝することはありません。ご安心下さい。

母子 金属アレルギーは遺伝することはありません


Q.1歳の子供です。金属製のおもちゃをよく口の中に入れているためか、口のまわりが赤くなっています。金属アレルギーでしょうか?

A.金属アレルギーの可能性もありますが、食物アレルギーなど他のアレルギーの可能性が高いと思われます。

おもちゃ 金属アレルギーの患者さんの殆どは、大人になってから発症します


Q.5歳の子供です。小児科で金属アレルギーと診断されました。金属製品は身に着けていませんし、銀歯も口の中に入っていません。何か原因でしょうか?

A.砂場や食品の中に含まれる金属によって、金属アレルギーを発症することがあります。金属アレルギーが原因で、公園の砂場(ニッケル、クロムなどの金属を含有)で遊ぶと手が赤くなったり、チョコレート(同ニッケルなど)を食べると顔が赤くなるお子さんもいます。

関連するページ  日常生活で使用する金属  金属アレルギーと食べ物



Q.金属が入っている食品は避けた方がよいのでしょうか?

A.ほぼ全ての食品に金属が含まれているため、避けるのは不可能です。また、鉄や亜鉛など、身体に必要な金属もあります。お子様の成長のためにも、金属アレルギーでなければ、気にせずに摂取していくのがよいでしょう。



Q.アレルギーをおこしやすい金属は何ですか?

A.最もアレルギーをおこしやすい金属はニッケルです。クロム、コバルト、水銀もアレルギーをおこしやすい金属です。歯科金属では、上記以外にパラジウムがアレルギーを比較的おこしやすい金属です。

アレルギーをおこしやすい歯科金属 NHKでは左記の歯科金属がアレルギーをおこしやすいと放送

関連するページ  アレルギーをおこしやすい金属


Q.ニッケルは子供が装着する銀歯にも入っていますか?

A.一般に使用する銀歯にはニッケルは使用されていませんが、乳歯冠という種類の銀歯には使用されています。

EU ヨーロッパではアレルギー予防のため、ニッケルは使用制限されています

関連するページ  小児の虫歯治療  小児の虫歯治療 Q&A


Q.乳歯冠は金属アレルギーがないと聞いたのですが、本当でしょうか?

A.残念ながら、乳歯冠による金属アレルギーはあります。乳歯冠を装着後にアトピー性皮膚炎を発症した症例、逆に乳歯冠を外すとアトピー性皮膚炎が完治した症例などが、歯科大学の研究者から多数報告※1されています。

また、乳歯冠はフッ素により腐食して金属成分が溶け出すこと※2、乳歯冠から極めて多くのニッケルが溶け出す※3ことが、歯科大学の研究により明らかにされています。

東北大学 乳歯冠による金属アレルギーは、東北大学などの研究で報告されています

※1 高橋薫(東北大学歯学部小児歯科) アトピー性皮膚炎患児にみられた歯科用金属アレルギーの6例 小児歯科学雑誌35(4)740−749 ほか  ※2 白井裕子(日本大学松戸歯学部小児歯科) 乳歯用既製金属冠に与えるフッ化物の影響 小児歯科学雑誌48(6)689−695 ほか  ※3 青山哲也(愛知学院大学歯学部小児歯科) 乳歯用既製金属冠からの組成元素の溶出と細胞毒性 愛院大歯誌40(4)551−565 ほか

関連するページ  フッ素  フッ素洗口  フッ素塗布  フッ素 Q&A  子供の歯磨き粉の選び方


Q.乳歯冠が装着されている場合は、歯科医院でフッ素を塗らないほうがよいのでしょうか?

A.乳歯冠に含まれるニッケルは、短時間の使用、低濃度のフッ素でも腐食して容易に溶け出すことが明らかにされていますが※4、金属アレルギーがなければ、虫歯予防のために歯科医院で定期的にフッ素を塗った方がよいでしょう。

※4 能美誠(日本大学松戸歯学部小児歯科) フッ化物溶液中の乳歯用既製冠からの金属溶出の検討 小児歯科学雑誌44(2)277 ほか



Q.小児の虫歯治療において、乳歯冠の使用頻度は高いのでしょうか?

A.当クリニックでは開院以来、全く使用していません。昔はよく使用されていましたが、全国小児歯科開業医会※5が会員に対しておこなった調査では、月1回以下の使用が46%と最も多く、今は小児専門の歯科医院でも使用しないことが多いようです。

× 乳歯冠は殆ど使用されなくなりました

※5 日本小児歯科学会会員で、小児歯科を専門または小児歯科を中心に開業している歯科医師の組織


Q.虫歯治療で銀歯は使用しないほうがよいのでしょうか?

A.虫歯治療においては、銀歯が必要なことはあります。かみ合わせの回復など、必要なときは銀歯を使用したほうがよいでしょう。



Q.乳歯でも、銀歯ではなくセラミックスで治療したほうがよいでしょうか?

A.乳歯の治療はセラミックスが向いていないこと、セラミックスは高額の費用がかかることから、セラミックスよりも銀歯がおすすめです。



Q.金属アレルギーの子供がいます。金属を使用しないで虫歯治療をおこなってほしいのですが、可能でしょうか?

A.金属以外の材料で治療をさせていただくことは可能です。年に数人、同様のご要望があります。



Q.小児の金属アレルギーの治療は、何科でおこなっていますか?

A.皮膚科のほか、歯科、小児科、内科、アレルギー科などでおこなっています。



Q.ラテックスアレルギーとは何ですか?

A.ゴム製品に含まれるタンパク質によるアレルギーです。歯科治療では、ゴム手袋(ラテックスグローブ)、ラバーダムシート(ゴムシート)により、皮膚かぶれ、口唇の腫れ、アナフィラキシーショックなどの症状がおきることがあります。

ラバーダムシート 小児が多いものの発生頻度はまれです

関連するページ  ラテックスアレルギー



※金属アレルギーのご相談、治療をご希望の方は、お手数ですが事前にご予約ください。


※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)



関連するページ  歯科金属アレルギー  小児歯科