アレルギーをおこしやすい金属 横浜・中川駅前歯科クリニック

アレルギーをおこしやすい金属

アレルギーをおこしやすい金属

金属には、アレルギーをおこしやすいものとおこしにくいものがあります。一般に卑金属はアレルギーをおこしやすく、貴金属は耐食性が高いため、金属アレルギーをおこしにくい傾向があります。

アレルギーをおこしやすい主な金属は、水銀ニッケルクロム、コバルト、パラジウムです。


1)水銀
赤チン(マーキュロクロム液)が1973年に日本で製造されなくなり、1970年代まで盛んに使用されていた歯科金属「アマルガム合金」も、1990年頃にはほとんど使用されなくなりました。その結果、接触する機会が減り、アレルギーをおこす人は減少しつつあります。

マーキュロクロム液 赤チンは水銀を含有しているため、使用されなくなりました

関連するページ  歯科金属によるアレルギー  アマルガム合金


2)ニッケル
ステンレスなど多くの製品で使用されているほか、アクセサリーとして身につける機会が多く、アレルギーをおこす人は増加傾向にあります。世界で最も多いアレルギーはニッケルと言う専門家もいます。

そのため、ヨーロッパ(EU)では1994年にピアス、イヤリング、指輪、腕時計など、皮膚に長時間接する製品に対して、ニッケルの使用が規制されました。その後、2004年、2009年に規制はさらに強化されていきました。

ピアス 日本ではピアス、イヤリング、指輪などにニッケルが使用されています

関連するページ  金属アレルギーとピアス(ニッケルアレルギー)


3)クロム
クロムはセメントによる皮膚炎が最も多かったものの、セメント中のクロムを減らす取り組みなどがおこなわれた結果、アレルギーをおこす人は減少しつつあります。

ステンレスやニッケルクロム合金として、広く使用されています。歯科治療では、小児の虫歯治療(乳歯冠)、入れ歯のバネなどに使用されています。

道路工事 以前は建設業に携わる人にクロムアレルギーが多くみられました

関連するページ  小児の虫歯治療  小児の歯科金属アレルギー


4)コバルト
歯科治療では入れ歯のバネなどに使用されます。ほかに塗料(エナメル、ラッカー)、装飾品、ニッケル合金製品、口紅、クレヨン、顔料など極めて多くのものに使用されています。


5)パラジウム
銀歯の材料として使用されています。日本で使用されている銀歯の殆どはパラジウムが含まれていますが、日本以外では歯科材料として使用されることはまずありません。また、日用品に使用されることはまずありません。



アレルギーをおこしにくい金属

金、銀、白金(プラチナ)、チタンは、金属アレルギーをおこしにくい金属です。

金や白金は、ピアスや指輪などのアクセサリーを身につける人の増加により接触する機会が増え、アレルギーをおこす人が増えてきています。金や白金は安全と考える人が多くいますが、ニッケルやクロムほどではないものの、アレルギーを引きおこします。

金属アレルギーをおこさないといわれているチタンでも、最近ではチタンの鍋や包丁、チタンのゴルフクラブなどチタン製品の普及により接触する機会が増え、チタンアレルギーの人が増えています。

関連するページ  チタン  チタンアレルギー



パッチテストの陽性率※1etc.

パッチテスト(金属アレルギー検査)の大規模調査によると、ニッケル、コバルト、クロム、パラジウムの陽性率(アレルギー反応)が高いという結果となりました。

歯科医療機関では、銀歯に含まれる金属「パラジウム」の陽性率が高い傾向にありました。同様の結果は、広島大学歯学部付属病院などの歯科医療機関からも報告されています。

アレルギーをおこしやすいとされている水銀は、アマルガム合金(銀歯)や赤チンが殆ど使用されなくなったことから、陽性率は年々減少し続けています。


主な金属のパッチテスト陽性率
主な金属のパッチテスト陽性率
※池田市回生病院皮膚科(1827人)、中川駅前歯科クリニック(384人)、愛知学院大学歯学部付属病院(1000人)
※金属アレルギーもしくは金属アレルギーの疑いのある方の検査のため、一般よりも陽性率は高くなっています。



あさイチ ほっとかないで!金属アレルギー  あさイチ 歯による金属アレルギー?  あさイチ アレルギーをおこしやすい歯科金属
朝の情報番組「あさイチ」(NHK)では、アレルギーをおこしやすい歯科金属はニッケル、コバルト、パラジウム、水銀と放送。

関連するページ  パッチテスト  歯科治療で使用する金属  治療データ(歯科金属アレルギー)



※1 西井貴美子、須貝哲郎、赤井育子、水尾淳、田水智子 金属アレルギーのパッチテスト陽性率と臨床的関連性 皮膚42(1) 


※歯科金属アレルギー治療をご希望の方は、お手数ですが事前にご予約ください。

※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)



関連するページ  歯科金属アレルギー