●フッ素入りの歯磨き粉を選びましょう

歯磨き粉は、フッ素入りを選ばれることをおすすめします。歯磨き粉の成分表示に、モノフルオロリン酸ナトリウム(MFP)、フッ化ナトリウム、フッ化第一スズと表示のあるものがフッ素です。フッ素の濃度が低くなければ、どのフッ素でも効果はほぼ同じです。

フッ素は、市販されている子供用歯磨き粉のほとんどに含まれており、一定の虫歯予防効果があります。

フッ素の種類 特徴 主な歯磨き粉

モノフルオロリン酸
ナトリウム(MFP)

最も使われているフッ素です。多くの製品はフッ素濃度は900〜1000ppmとなっています。

ライオンこどもハミガキ
こどもクリアクリーン

フッ化ナトリウム

Doクリアこどもハミガキ
クリニカライオンKids

フッ化第一スズ 茶渋が付きやすくなるため、あまり使用されていません。 Home Gel

お子様の歯磨き粉についてご不明な点等がありましたら、ご来院の際にお気軽にスタッフまでお問い合わせください。

【 お知らせ 2017年4月 】
薬事法により、歯みがき粉のフッ素濃度は「1000ppm以下」と定められていましたが、2017年3月に「1500ppm以下」に変更されました。5月から従来の歯みがき粉よりも虫歯効果の高い、フッ素濃度が1000〜1500ppmの歯みがき粉の販売が始まりました。ただし、6歳未満の小児はフッ素濃度が高いため使用できません。


関連するページ  歯磨き粉の選び方と使い方



●低濃度以外のフッ素入り歯磨き粉を使用しましょう

保護者の方から「低濃度のフッ素入り歯磨き粉のほうがよいのですか?」と時々ご質問を受けます。

水道水、粉ミルクなどフッ素の利用が盛んな欧米諸国では、6歳以下の小さな子供はフッ素を摂りすぎる危険性があるため、フッ素濃度500ppm以下などフッ素入り歯磨き粉が推奨されています。

フッ素の利用がほとんどおこなわれていない日本では、年齢に応じてフッ素濃度が900〜1500ppmの歯磨き粉を使用するとよいでしょう。

フッ素濃度については、500ppm未満の歯磨き粉では虫歯予防効果が低下し、250ppm未満では虫歯予防効果はないとされています。※1


フッ素の濃度が低い主な歯磨き粉※2
歯磨き粉 フッ素濃度
 アパガードキッズ(サンギ) 配合なし
 レノビーコ(フッ素スプレー) 100ppm
 親子で乳歯ケア ジェル状歯みがき(ピジョン)
 ママはぼくの歯医者さん(アース製薬) 136ppm
 ジェル歯みがき(アカチャンホンポ) 300ppm
※1 荒川浩久:フッ化物配合歯磨剤の現状と臨床応用、日本歯科医師会雑誌、60、2007ほか

毎日しっかり歯磨き 毎日しっかり歯みがき



●フッ素入り歯磨き粉の上手な使い方

フッ素を無駄にしないようにしましょう
フッ素入り歯磨き粉を使用すると、歯磨きが終わった後も、しばらくの間は口の中にフッ素が残留して虫歯予防効果を発揮します。そのため、歯磨き後のうがいを過度にしたり、歯磨きが終わってからすぐの飲食は、フッ素の効果を半減させてしまいますので、避けましょう。

レノビーコフッ素スプレー フッ素をぬって!ママはワタシの歯医者さん ホームジェルフッ素ジェル フッ素塗布(歯科医院用)フッ素塗布(歯科医院用)


うがいができないときは
歯磨き粉を飲み込むことが多かったり、うがいができない時は、まだまだ歯磨き粉を使うのが早いかもしれません。そのような時は、フッ素スプレーやフッ素液磨き等を使用するとよいでしょう。これらの方法はフッ素の濃度が低いため、飲み込んでも問題はありません。

うがい うがい

関連するページ  フッ素


歯磨き粉を嫌がるときは
うがいができるようになっても、歯磨き粉を嫌がるお子様がいます。そのような時は、アンパンマン、ミッフィー、ミッキーマウスなど、お子様が好きなキャラクターの入った歯磨き粉を使用するのも一つの方法です。

また、どうしても歯磨き粉を嫌がるときは、フッ素洗口(フッ素の入った水でのブクブクうがい)だけでもおこなうとよいでしょう。

関連するページ  フッ素洗口



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)



関連するページ  小児歯科  予防歯科


子供の歯磨き粉の選び方
子供の歯磨き粉の選び方 横浜・中川駅前歯科クリニック