金属アレルギー Q&A 横浜・中川駅前歯科クリニック

金属アレルギー Q&A

Q.なぜ金属アレルギーになるのでしょうか?

A.金属から溶け出た金属イオンが、皮膚や粘膜のたんぱく質と結合して、新しいたんぱく質を作ります。このたんぱく質に免疫細胞が過度に反応しアレルギーをおこします。

ピアス ピアスは最も金属アレルギーをおこしやすい装飾品とされています

関連するページ アレルギーとは 歯科金属によるアレルギーについて 歯科金属アレルギー治療 Q&A


Q.金属アレルギーの患者さんは多いのでしょうか?

A.患者さんは多く、世界で最も患者数の多いアレルギーは、金属アレルギーとされています。日本国内だけでも金属アレルギーの患者数は、予備軍も含めると1000万人とされています。ただし、気付いていない人がほとんどです。



Q.子供でも金属アレルギーになりますか?

A.大人に比べると発症率は低いものの、子供でも金属アレルギーになります。

関連するページ  小児の歯科金属アレルギー  小児の金属アレルギー Q&A



Q.金属アレルギーの症状には、どのようなものがありますか?

A.症状には皮膚かぶれ、アトピー性皮膚炎、顔面湿疹、円形脱毛症、味覚障害、舌痛症、歯肉炎等があります。

舌 舌痛症


Q.金属を身に着けなければ大丈夫ですか?

A.アクセサリーなど身に着けた金属以外にも、歯科金属、生活用品、化粧品、食品に含まれる金属を原因として金属アレルギーがおきることがあります。

アクセサリー アクセサリーの中では、ピアスが最もアレルギーをおこしやすいとされています

関連するページ  日常生活で使用する金属  金属アレルギーとピアス  金属アレルギーと化粧品


Q.予防のため、金属が含まれる食品は避けたほうがよいでしょうか?

A.健康の維持のために必要な金属もあります。例えば鉄は体内に酸素を運ぶのに使用され、亜鉛は味覚に関わり、銅は細胞内でエネルギーを生み出す反応に関わっています。かかりつけの歯科医師、医師と相談しながら決めるのがよいでしょう。

朝食 食事制限は注意が必要です

関連するページ  金属アレルギーと食べ物  身体に必要な金属


Q.なぜ、銀歯でアレルギーがおきるのですか?

A.口の中の金属は、劣悪な環境下にあります。食べ物の酸、食べカス、微生物、かみ合わせによるすり減りなどで、金属が腐食、溶け出しやすい状態にあります。溶け出した金属を原因としてアレルギーがおきます。



Q.アレルギーをおこしやすい金属はありますか?

A.ニッケル、クロム、コバルト、水銀がアレルギーをおこしやすい金属です。歯科金属では、パラジウムがアレルギーをおこしやすい金属です。

関連するページ  アレルギーをおこしやすい金属



Q.医療用ステンレスを使用したアクセサリーは安全ですか?

A.医療用ステンレス(サージカルステンレス)は錆びにくい特徴はありますが、金属アレルギーの原因となるニッケル、クロムが入っています。「医療用」と言うと安心感はありますが、チタンなどの金属に比べると、金属アレルギーを引きおこしやすい素材と言えます。



Q.ニッケルフリーのアクセサリーは大丈夫でしょうか?

A.ニッケルフリーと言っても、少量のニッケルが含まれていることがあります。従って、金属アレルギーの原因になることがあります。



Q.金はアレルギーをおこさないのでしょうか?

A.いいえ。金がアレルギーの原因となることもあります。当クリニックに金属アレルギー治療をお受けになられている患者様の約10%は、金にアレルギーがあります。

ゴールド 金もアレルギーをおこすことがあります

関連するページ  治療データ(歯科金属アレルギー)


Q.金に対してはアレルギーはありません。18金のアクセサリーなら大丈夫ですか?

A.いいえ。18金は成分の75%は金でできていますが、残りの25%は他の金属でできています。他の金属にアレルギーの原因金属が含まれているようでしたら危険です。



Q.チタンは金属アレルギーをおこさないのですか?

A.
以前はアレルギーをおこさないと言われていましたが、最近ではチタンに対するアレルギーも報告されてきています。

関連するページ  チタン  チタンアレルギー



Q.金属アレルギーとアトピー性皮膚炎は同じですか?

A.アレルギーの分類では金属アレルギーはW型(遅延型)アレルギーですが、アトピー性皮膚炎はT型(即時型)アレルギーで種類が異なります。ただし、アトピー性皮膚炎をもつ患者さんは、金属アレルギーを合併する割合が高く、何らかのかかわりがあるとされています。

関連するページ  アトピー性皮膚炎と金属アレルギー



Q.体内に入った金属はどんどん蓄積されていきますか?

A.蓄積されず、尿、便、汗として排出されます。そのため、鉄、亜鉛など身体に必要な金属は、摂取し続けていく必要がああります。



Q.食べてはいけない食物はありますか?

A.ニッケルアレルギーであればチョコレートやココア、亜鉛アレルギーであれば牡蠣など、避けた方がよい食べ物はあります。詳しくはかかりつけの歯科医師、医師に相談されるのがよいでしょう。

牡蠣 カキには亜鉛が豊富に含まれています



※歯科金属アレルギー治療をご希望の方は、お手数ですが事前にご予約ください。

※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)



関連するページ  歯科金属アレルギー