顎関節症の種類

顎関節症の種類は、障害のある部位によって5つのタイプに分類されています。タイプが違っても、治療方法が大きく変わるわけではありません。一般に下にいくほど重症とされています。


1)咀嚼筋障害(1型)
あごの周囲にある筋肉に障害がおき、痛みが生じます。顎関節症の患者さんの15%程度を占めます。

関連するページ
顎関節症(がくかんせつしょう)  小児の顎関節症  顎関節症の治療  顎関節症 Q&A



2)顎関節痛障害(2型)
かたい物をかんだり、あごをぶつけたりするなどして、顎関節を取り巻く組織が傷ついたことによっておきます。顎関節症の患者さんの10%程度を占めます。


3)顎関節円板障害(3型)
顎関節のクッションである関節円板の位置がずれてしまっている状態。痛みは弱く、口を開けるとカクカク、コキコキ音がします。口が開きにくくなることもあります。音がなるだけの症状であれば治療をおこなうことはありません。顎関節症の患者さんのほとんどが3型です。


4)変形性顎関節症(4型)
顎関節の骨が変形してしまい、あごの動きが悪くなったり痛みがでます。口を開け閉めすると、ゴリゴリ、ジャリジャリ音がすることがあります。顎関節症の患者さんの1%程度を占めます。


5)その他(5型)
1〜4型に当てはまらないもの。心因的な要因のこともあります。5型の患者さんはほとんどいません。



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  顎関節症


顎関節症の種類 横浜・中川駅前歯科クリニック