ラグビーにおけるマウスガード 横浜・中川駅前歯科クリニック

●ラグビーにおける外傷

ラグビーにおける外傷において、障害見舞金(厚生労働省)請求のあった1612件のうち、口周辺の外傷は150件(9%)、マウスガードの効果が高いとされる脳震盪(のうしんとう)は46件(3%)でした。

ラグビーの外傷状況全身の外傷に対する口周辺の外傷、脳震盪の割合

関連するページ  スポーツマウスガードと脳震盪



受傷状況は、口周辺の外傷、脳震盪とも試合中、練習試合中、練習中の順に多いという結果でした。

口腔周辺の外傷の受傷状況 脳震盪の受傷状況
口周辺の外傷がおきたときの状況(左)  脳しんとうをおこしたときの状況(右)




受傷原因はタックルが圧倒的に多く、口周辺の外傷では72%、脳震盪では89%でした。

口腔周辺の外傷の受傷原因 脳震盪の受傷状況
口周辺の外傷がおきた原因(左)  脳しんとうをおこした原因(右)




口周辺の外傷部位、外傷状況では、下あごの骨(下顎骨)の骨折が多く53%を占めました。次いで、歯の破折、上顎の骨(上顎骨の骨折)の順でした。

口腔周辺の受傷部位、外傷状況口周辺の外傷部位、外傷状況



●ラグビーにおけるマウスガード

ラグビーは、体と体が激しくぶつかり合うため、外傷を受けやすいスポーツです。そのため、社会人、大学でのマウスガードの普及率は高いものとなっています。

ラクビー ラグビー


2006年からは、高校ラグビーでのマウスガード着用が、日本ラグビーフットボール協会により義務化されました。義務化されたのは、顔面(顎顔面)の外傷の比率が高かったこと(一例として、第79回全国高等学校ラグビーフットボール大会では全外傷の約40%)があげられます。

マウスガードの装着により、口周辺の外傷や脳震盪の予防だけでなく、運動能力の向上がはかれます。

日本ラグビーフットボール協会の通達協会の通達



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  スポーツ歯科


ラグビーにおけるマウスガード