入れ歯のお手入れ方法 横浜・中川駅前歯科クリニック
●入れ歯の汚れの原因

入れ歯の汚れの原因として、お茶、紅茶、コーヒーの茶渋、タバコのヤニ、食べカス、歯垢(しこう、プラーク)、歯石などがあります。入れ歯を汚れたままにしておくと、入れ歯が傷むだけでなく、残った歯の虫歯や歯周病、口内炎、誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)、口腔カンジダ症、口臭の原因にもなります。

食べカスや歯垢の除去は、毎日の清掃で除去します。タバコのヤニや歯石はなかなか取れませんので、定期的に歯科医院できれいにしてもらうのがよいでしょう。


入れ歯の汚れの原因
 お茶、コーヒーの茶渋 着色のある食品 タバコのヤニ 食べカス 歯垢、歯石


入れ歯を汚れたままにしておくとおきること
 入れ歯の劣化、破損   虫歯   歯周病   口内炎   誤嚥性肺炎

 口臭   口腔カンジダ症   味覚障害、味覚異常   舌の痛み(舌痛症)

関連するページ  歯垢と歯石  誤嚥性肺炎  味覚障害  舌痛症  口腔カンジダ症



入れ歯の清掃方法

入れ歯は汚れや細菌がつきやすいため、毎日歯をみがくように、入れ歯も清掃が必要です。入れ歯をブラシで清掃し、水で洗い、入れ歯洗浄剤につけます。

入れ歯の清掃時は、歯みがき粉は使用しないようにします。入れ歯は本物の歯よりもやわらかい素材でできています。歯みがき粉をつけて入れ歯をみがくと、歯みがき粉の中に入っている研磨剤により傷ついてしまいます。傷ついた入れ歯は、カビ(カンジダ菌)の温床となります。


入れ歯を外してブラシで洗います(1)  入れ歯を水で洗います(2)  入れ歯洗浄剤に入れ歯をつけます(3)

(1)入れ歯を外してブラシで清掃します。

(2)水で洗います。

(3)入れ歯洗浄剤につけます。使用後は水ですすいでから装着します。

関連するページ  入れ歯洗浄剤  入れ歯洗浄剤の使い方  ノンクラスプデンチャーの清掃方法



●入れ歯の長期保管方法

入れ歯を水に入れたままにすると、カビ(カンジダ菌)が繁殖するので、乾燥して保管するようにします。

関連するページ  口腔カンジダ症



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  入れ歯  ノンクラスプデンチャー


入れ歯のお手入れ方法