虫歯予防のためには、歯みがきは大切な生活習慣の一つです。乳幼児から子供自身に歯みがきをさせる保護者も増えています。自分で歯ブラシを持って歯をみがくことは、子供の成長発育にとって大切なことです。

一方で、乳幼児が歯みがき中に事故をおこし、手術や入院が必要になった事例も多く報告されています。乳幼児の歯みがきは保護者が注意し、事故の危険性についての認識を持つことが大切です。



●事故の概要

消費者庁と国民生活センターが0〜3歳の1人で頻繁に歯みがきをおこなっている乳幼児を持つ保護者1200人(各年齢300人ずつ)を対象におこなった調査では、4人に1人が歯みがき中に怪我をした(もしくは怪我をしそうになった)経験をもちます

事故の内訳では、歯みがき中に転んだ(転びそうになった)乳幼児が16%(197人)、人や物にぶつかった(ぶつかりそうになった)乳幼児が6%(71人)、踏み台等から転落した(転落しそうになった)乳幼児が2%(25人)、そのほかが1%(7人)となっています。

歯みがき事故の経験 事故の経験


東京都(東京消防庁管内)では、2010年から2014年までの5年間に、5歳以下の乳幼児207人が歯みがき中に受傷した事故により救急搬送されています。年齢では1〜2歳が最も多くなっています。

特に1歳児は歯ブラシを口にくわえたり、手に持ったまま歩き回ることが多く、これが事故の多さにつながっています。

歯みがき事故を起こす年齢 年齢(人)


症状では軽症が85%と多くを占めるものの、入院が必要な乳幼児が14%、生命の危機が強い乳幼児が1%いました。

歯みがき中の事故の症状 症状

関連するページ  子供の歯磨き粉の選び方  子供が誤飲してしまったら



●事故事例

消費者庁、国民生活センターによる調査では、歯みがき中の事故として下記が報告されています。


事例1  歯みがき中に歩いて転倒(2歳、男児、中等症)

室内で歩きながら歯みがきをしていたところ、畳の部屋で前方に転倒。歯ブラシ全体に血液がつき、のどに傷ができていた。


事例2  歯みがき中に物にぶつかる(1歳、男児、中等症)

兄に追いかけられて歯ブラシをくわえて走っていたところ、ソファにぶつかって歯ブラシがのどに突き刺さる。嘔吐し、鼻と口から出血。


事例3  歯みがき中に椅子から転落(1歳、男児、軽症)

椅子(高さ50cm)の上に立って歯みがきをしていたところ、椅子から転落。歯ブラシが2つに割れて口の中に刺さっていた。歯ブラシを抜いたところ出血していたため、救急を要請した。

救急車 東京都内だけで、5年間で207人の乳幼児が救急搬送されています

関連するページ  子供の歯の怪我  怪我で歯が抜け落ちてしまったときは



予防方法

歯ブラシを口にくわえたり、手に持たせたまま歩き回らせないようにします。歯みがきに集中させます。

椅子や踏み台から転落して怪我をすることがあるので、不安定な場所での歯みがきは避けるようにします。

歯みがき中に人や物と接触して怪我することも多くあるため、歯みがき中は保護者がそばに付き添い、周囲に注意を払うようにします。

毎日しっかり歯磨き 乳幼児の歯みがきには細心の注意を払います



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)



関連するページ  小児歯科


乳幼児の歯みがき中の事故
乳幼児の歯みがき中の事故 横浜・中川駅前歯科クリニック