てんかんと歯科 横浜・中川駅前歯科クリニック
てんかんと歯科治療

てんかんは突然意識を失ったり、けいれんをおこす脳の病気です。年齢、性別、人種に関係なく発症し、世界での有病率は1%ほどとされています。

てんかんがあっても、抗てんかん薬を服用してしっかり管理されている場合は、歯科治療は問題なくおこなえます。問題となるのは、抗てんかん薬を服用していない場合やストレス、疲れ、感染症が認められる場合です。この場合は、歯科治療はすぐにはおこなわず、見合わせることもあります。

歯科治療はできる限りストレスを少なく、光刺激など発作の原因となる要因を最小にしておこないます。

歯科治療

関連するページ  道路交通法と睡眠時無呼吸症候群



歯肉増殖  薬の副作用により歯肉が腫れる

てんかんの薬の一つである「アレビアチン(フェニトイン)」の副作用により、歯肉が腫れることがあります。歯肉の腫れを抑えるためには、毎日の歯みがきをしっかりおこうほか、定期的に歯科医院で歯のクリーニングをおこなうなどして、歯肉が腫れないようにしていきます。

歯肉の腫れが大きい場合は、手術によって歯肉を切除します。

歯のクリーニング

関連するページ  子供の歯周病(歯肉炎)  歯のクリーニング(PMTC)



口腔カンジダ症  薬の併用により吐き気、めまいがおきることがある

口腔カンジダ症は、カンジダ(カビ)によって引きおこされる口内の感染症です。口内の違和感、痛み、味覚障害などの症状があらわれることがあります。

口腔カンジダ症の治療で使用される薬(抗真菌薬)とてんかんの薬を同時に服用すると、眠気、めまい、吐き気が生じたり、薬の効果が弱まることがあるため注意が必要となります。

抗真菌薬 抗てんかん薬 作用
イトリゾール
(イトラコナゾール)
 アレビアチン
(フェニトイン)
イトリゾールの効果が低下する
フロリードゲル経口用
(ミコナゾール)
テグレトール
(カルバマゼピン)
テグレトールの効果が高まり、中毒症症があらわれることがある

関連するページ  口腔カンジダ症  口腔カンジダ症の治療



歯科治療において注意すべきこと

麻酔についての問い合わせを受けますが、治療で使用する麻酔自体は問題ありません。

口腔カンジダ症以外にも、併用に注意が必要な鎮痛薬や抗生物質があるため、治療をおこなう際は、歯科医師に服用している薬を申し出るようにしてください。

発作が度々おきるなど状態がよくない場合は、てんかんの治療を優先させます。必要に応じて医師と歯科医師が連携と取りながら治療をおこなっていきます。

痛みなどの症状がおきてから、何かあってから歯科に受診をするのではなく、早い時期から歯科に受診して、虫歯や歯周病(歯肉炎)の予防処置をおこなうことが、治療の負担を減らすうえで大切です。

歯磨き

関係するページ  歯科検診


当クリニックでは、てんかんの方の歯科治療に対応させて頂いております。ご不明な点等がありましたら、お気軽にお問い合わせください。



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  小児歯科  全身のご病気をおもちの方の歯科治療


てんかんと歯科