ジスキネジア(舌や口が勝手に動いてしまう症状) 横浜・中川駅前歯科クリニック
ジスキネジア(舌や口が勝手に動いてしまう症状)

ジスキネジアとは

ジスキネジアとは、自分の意思とは関係なく身体の一部が動いてしまうことを、まとめた呼び名です。決して珍しい症状ではなく、パーキンソン病治療薬の長期服用患者の40%、抗精神薬服用者の30%にジスキネジアあらわれたとの研究報告もあります。

原因の一つは薬の副作用で、パーキンソン病治療薬、向精神薬、抗うつ約、抗てんかん薬、胃腸薬の長期服用、薬が効きすぎることによっておきると考えられています。ゆっくりあるいは遅れて発症することから、これを「遅発性ジスキネジア」といいます。

原因となる薬には、スルピリド(商品名:ドグマチールほか)、カルバマゼピン(同:テグレトールほか)などがあります。(下図)

そのほかに老化やパーキンソン病、ハンチントン病、脳梗塞などの病気を原因としておきることがあります。

パーキンソン病治療薬 レボドパ、セレギリン ほか
抗精神薬 クロルプロマジン、ハロペリドール、スルピリド、オランザピン、リスペリドン ほか
抗うつ薬 アモキサピン、ミルナシプランン ほか
消化管機能改善薬 メトクロブラミド、スルピリド ほか
抗てんかん薬 カルバマゼピン、フェニトイン ほか

薬

当クリニックには歯科医師、薬剤師が在籍しています。ジスキネジアについてご不明な点等がありましたら、お気軽にご相談ください。

関連するページ  ジスキネジア Q&A  統合失調症  双極性障害  強迫性障害



ジスキネジアの症状

ジスキネジアは口をもぐもぐさせる、舌を前に出すなど口周辺の症状が多いものの、手足などにも症状があらわれることがあります。年齢が低い人ほど症状が全身に広がりやすく、緊張しているときに症状が強くあわられ、睡眠中は症状があらわれない傾向にあります。

軽い症状の場合は本人が気付いていないこともあるため、家族など身近な人が気付いて、かかりつけの医師や歯科医師に相談、必要に応じて治療をおこなうことも重要となります。

口周辺の症状
舌を前に出す/舌打ち/舌を左右に動かす/口を突き出す/口をもぐもぐさせる/歯を食いしばる/唇がふるえる/顔をしかめる

手足などにおきる症状
勝手に手が動いてしまう/手に力が入って抜けない/足が動いてしまって歩きにくい/足が突っ張って歩きにくい

診察



ジスキネジアの問題点

ジスキネジアによって舌や頬をかむ、舌がこすれて痛む、あごが痛んだり外れる(顎関節症)、入れ歯が合わない、食べにくい、飲み込みにくい、発音がしにくい、入れ歯が合わないなどの症状があらわれます。

十分な栄養摂取ができずに体重が減少したり(オーラルフレイル)、人目を気にして社会へ参加を控え、孤立、引きこもり、失業、うつ病の原因となることもあります。

関連するページ  食育・栄養



ジスキネジアの治療

原因となっている薬の量を減らしたり、1回の服用量を減らして回数を増やす、薬の種類を変更するなどの対応がおこなわれます。

歯科ではマウスピースを作製したり、傷つきにくい入れ歯の作製、とがっている歯を丸めるなどして、舌や頬の外傷を軽減していきます。

マウスピース



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  歯ぎしり(食いしばり)  歯痛・顔面痛  舌痛症  顎関節症  口内炎