オーラルフレイルと口腔機能低下症 横浜・中川駅前歯科クリニック
オーラルフレイルと口腔機能低下症
●フレイルとは

高齢になり心身の機能や活力が衰えて、虚弱になった状態を「フレイル」といいます。

フレイルは健康と要介護との中間にあたり、要介護になる危険性が高まる、身体の衰えだけでなく、心や社会性の衰えも含みます。

フレイル



フレイル・ドミノ

家に引きこもっていたり、食事を一人で摂るなど、人とのつながりが少なくなると、フレイルから要介護状態へとドミノ倒しのように「負の連鎖」が進みます。この状態を放置すると死亡するリスクも高まります。フレイルに早く気づき、対策をおこなっていくことが大切です。

フレイル・ドミノ



オーラルフレイル、口腔機能低下症とは

口の機能が低下した状態のことを「オーラルフレイル」、病名を「口腔機能低下症」といいます。

オーラルフレイル、口腔機能低下症を放置すると、「歯を失う→かむ能力の低下→かめない、飲み込めない(摂食嚥下障害)→栄養不足(低栄養)→身体機能の衰え→要介護」という経過をたどることがあります。

オーラルフレイルになると要介護になるリスクは2.4倍死亡するリスクは2.1倍に高まります。

オーラルフレイル、口腔機能低下症においても、早いうちから対策、治療をおこなうことによって、口や歯の機能の衰えを防ぐことが大切です。治療により滑舌、かむ力、飲み込む力が改善します。

当クリニックでも検査、治療をおこなっていますのでお気軽にお問い合わせください。


オーラルフレイル

関連するページ  口腔機能低下症(オーラルフレイル)の治療  オーラルフレイルと低栄養



オーラルフレイル該当者

2016年に神奈川県が東京大学、神奈川県歯科医師会とおこなった大規模調査では、オーラルフレイルになっている高齢者は43%にもなりました。一方でオーラルフレイルについて知っている高齢者は2%にとどまりました。

オーラルフレイルに気付かないまま口と歯の機能が衰えていき、要介護になる高齢者が多い状況が明らかにされました。

関連するページ  オーラルフレイル Q&A



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  訪問歯科  認知症  食育・栄養