Q.フレイルとは何でしょうか?

A.
フレイルは、医学の分野で使用されている「Frailty(フレイルティ)」の日本語訳です。「Frailty」を日本語に訳すと、虚弱、老衰、脆弱となります。日本老年医学会によって2014年に提唱されました。

杖

関連するページ  オーラルフレイルと口腔機能低下症  オーラルフレイルと低栄養


Q.なぜフレイルが提唱されたのでしょうか?

A.
加齢とともに身体機能が低下して、日常生活を送るうえで様々な障害があらわれますが、適切な治療や支援によって健康な状態に戻すこともできます。これを多くの人に知ってほしいという思いから、フレイルが提唱されました。



Q.フレイルが発症しやすい年齢はありますか?

A.
高齢の方が発症しやすい傾向にあります。

老夫婦


Q.オーラルフレイルとは何でしょうか?

A.
オーラルフレイルは、フレイルに「オーラル(oral)」をつけたした言葉です。歯や口の機能が低下し、虚弱になることをいいます。



Q.オーラルフレイルの原因は何でしょうか?

A.
歯の喪失、入れ歯の未使用、ドライマウス(口腔乾燥症)、虫歯、歯周病のほか、認知症、脳卒中、がん、慢性腎不全などの全身の病気もオーラルフレイルの原因となります。

関連するページ  入れ歯  ドライマウス  認知症  がん治療前後の歯科治療  慢性腎臓病



Q.オーラルフレイルに気付く方法はありますか?

A.
奥歯でかめない、食べこぼしがある、むせやすい、口内が乾燥しやすい、滑舌が悪いなどです。自分自身では気付かず、周囲の人が気付くことも多くあります。歯科医院での検査により分かることもあります。



Q.オーラルフレイルが進むとどうなりますか?

A.
低栄養から身体機能の低下が進み、要介護や寝たきりになることがあります。

介護


Q.オーラルフレイルの予防方法はありますか?

A.
虫歯や歯周病の治療、入れ歯の作製、口腔ケア、ドライマウス治療などにより、オーラルフレイルを予防することができます。

関連するページ  口腔ケア  口腔ケア Q&A  口腔ケアの効果



Q.オーラルフレイルの検査や予防は、何科でおこなっていますか?

A.
歯科もしくは口腔外科でおこなっています。



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  訪問歯科  認知症


オーラルフレイル Q&A
オーラルフレイル Q&A 横浜・中川駅前歯科クリニック