オーラルフレイルと低栄養 横浜・中川駅前歯科クリニック
オーラルフレイルと低栄養
高齢者の低栄養

厚生労働省の調査によると、高齢者の低栄養の割合は増加傾向にあります。男性よりも女性の方が低栄養の傾向にあり、70歳以上の女性の2割が低栄養の傾向にあります。

男性は70歳代は1割が低栄養の傾向となっており女性よりも少ないものの、80歳代になると急増します。低栄養は筋力の減少、活動量の減少、要介護、寝たきりにつながるため、早い時期での対策が必要となります。


低栄養傾向者の割合
低栄養傾向者の割合
平成28年国民健康・栄養調査(厚生労働省)



かみ合わせと低栄養

在宅療養高齢者716人を対象におこなった大規模な調査では、かむ能力が低下するほど低栄養になる傾向がみられました。

かむ能力が維持されている人に比べると、入れ歯によってかむ能力が維持されている人が低栄養になるリスクは1.7倍でした。また、かみ合わせが崩壊して、かむ能力が大幅に低下している人が低栄養になるリスクは3.2倍にもなりました。


かみ合わせ(かむ能力)と低栄養のリスク
かみ合わせと低栄養のリスク
Geriatr Gerontol Int.13(1):50-4. Kikutani T Yoshida M Relationship between nutrition status and dental occlusion in community-dwelling frail elderly people.



●オーラルフレイルと低栄養

歯の喪失、かむ能力の低下など、口の機能低下「オーラルフレイル」によって低栄養がおきます。虫歯や歯周病の治療、入れ歯の作製、口腔ケア、摂食嚥下訓練などの歯科診療をおこなうことにより低栄養を防ぎ、要介護や寝たきりにならないようしていくことが大切です。


オーラルフレイルと低栄養

関連するページ  オーラルフレイルと口腔機能低下症  オーラルフレイル Q&A



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  訪問歯科  認知症