高齢者の睡眠時無呼吸症候群 横浜・中川駅前歯科クリニック
高齢者の睡眠時無呼吸症候群
高齢者の睡眠時無呼吸症候群の頻度

高齢者の睡眠時無呼吸症候群の発症率は、65歳以下の成人と比較すると高くなっています。

65歳以上の20%以上が睡眠時無呼吸症候群という報告もありますが、ほとんどの高齢者は無症状なため、治療を受けている人はごく僅かに留まっています。


健康な女性 高齢になると、睡眠中の無呼吸がおきやすくなります



●高齢者の睡眠時無呼吸症候群の症状

高齢者の睡眠時無呼吸症候群は、いびき、
無呼吸、日中の眠気などに加えて、夜間の頻尿、失禁、認知機能障害(認知症)、抑うつ、ドライマウス(口腔乾燥症)といった症状があらわれることがあるのが特徴です。日中の眠気のために転倒、骨折をして、寝たきりになることもあります。

重症度に応じて認知機能が低下することが報告されており、大規模な調査(メタ解析)では睡眠時無呼吸症候群の患者さんは1.26倍認知機能障害を発症しやすいこと、注意能力、記憶、認識能力に影響を及ぼすことが明らかにされています。

その他に、睡眠時無呼吸症候群は
心筋梗塞、不整脈、心不全などをおこしやすいとされています。


高齢者の睡眠時無呼吸症候群の症状
いびき/無呼吸/低呼吸/日中の眠気/活動性の低下/夜間頻尿/尿失禁/抑うつ/夜間の窒息感/認知機能障害(認知症)/ドライマウス(口腔乾燥症)/早朝の頭痛


高齢者の睡眠時無呼吸症候群の合併症
心筋梗塞/不整脈/心不全/高血圧/脳卒中/認知症/記憶障害/糖尿病/交通事故

あくび 症状の一つとして、日中に眠気が生じることがあります

関連するページ  ドライマウス(口腔乾燥症)  糖尿病  認知症



高齢者の睡眠時無呼吸症候群の治療法

一般成人と同じく、CPAP(持続的陽圧呼吸装置)、スリープスプリントなどを使用して治療をおこないます。

ただし、高齢になるにつれて歯の本数が少なくなったり、歯周病が進行してしまうため、スリープスプリントによる治療が困難なこともあります。酸素療法、人工呼吸器を使用した換気法(NPPV、ASV)が有効なこともあります。

高齢者は何らかの薬を服用していることが多く、睡眠薬や向精神薬など薬の服用は、睡眠時無呼吸症候群の症状を悪化させるため、必要以上の薬の服用は避ける必要があります。また、昼間の活動量が少なかったり、長時間の居眠りが不眠と睡眠時無呼吸症候群の症状を悪化させる要因となるため、生活習慣の改善が必要となることもあります。

関連するページ  CPAPについて  スリープスプリント



※スリープスプリントは、問題がなければ2〜3回のご来院で簡単に作製できます。また、手術や持ち運びの不便な大きな器具は必要ありません。ほとんどの方にいびきの改善がみられます。お気軽にご相談ください。

※いびき治療の受診をご希望の方は、お手数ですが事前にご予約ください。


※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  いびき・睡眠時無呼吸症候群