ぐっすり眠る12の方法
その1 睡眠時間は人それぞれ、日中の眠気で困らなければ十分

睡眠時間は長い人もいれば短い人もいます。季節や年齢でも睡眠時間は変化します。8時間睡眠の医学的根拠はありませんので、こだわらいことが大切です。

関連するページ  適正な睡眠時間  マイナビ ウーマン、Yahoo! JAPAN ネタりか(睡眠)



その2 刺激物を避け、眠る前にはリラックス

カフェインやニコチンは、目を覚ます作用があります。眠る4時間前から、コーヒーやコーラなどカフェインが入っている食品の摂取は避けるようにしましょう。また、眠る1時間前から喫煙は避けるようにしましょう。

眠る前の軽い読書(難しい本は避けましょう)、軽いストレッチ、音楽(癒し系の音楽がおすすめです)、入浴(就寝時間の30分〜1時間前、ぬるめのお湯)、アロマテラピーなどでリラックスするのもよいでしょう。

タバコ タバコ

関連するページ  タバコ



その3 眠たくなってから床につく、眠る時刻にこだわりすぎない

眠ろうとする意気込みが頭をさえさせ、寝付きを悪くします。眠くなってから床につくようにしましょう。



その4 同じ時刻に毎日起床

早寝早起きでなく、早起きが早寝に通じます。朝起きる時間を決めて、習慣にすることが大切です。休日だからといって、夜更かしや朝寝坊をするのは、体内時計を狂わせるもとになるので、注意が必要です。

目覚まし時計 同じ時刻に起床

関連するページ  眠育(子供の睡眠)



その5 光の利用で良い睡眠

目が覚めたら日光を取り入れ、体内時計をスイッチオン。夜は間接照明を利用するなど、明るすぎない照明にするとよいでしょう。



その6 規則正しい3度の食事、規則的な運動習慣

朝食は心と体の目覚めに重要です。しっかり摂りましょう。夜食はごく軽く。運動習慣は熟睡を促進します。



その7 昼寝をするなら、15時前の20〜30分

長い昼寝はかえってぼんやりのもとになります。夕方以降の昼寝は、夜の睡眠に悪影響を及ぼしますので、しないようにしましょう。

昼寝 昼寝は短時間で…



その8 眠りが浅いときは、むしろ積極的に遅寝・早起きに

寝床で長く過ごしすぎると、熟眠感が減ります。眠くなってから床につくようにしましょう。



その9 睡眠中の激しいいびき・呼吸停止や足のぴくつき・むずむず感は要注意

背景に睡眠時無呼吸症候群など、睡眠を妨げる病気の可能性があります。専門医に相談してみましょう。

関連するページ  いびきと睡眠時無呼吸症候群  ナルコレプシー  むずむず脚症候群



その10 十分眠っても日中の眠気が強いときは専門医に

長時間眠っても、日中の眠気で仕事や学業に支障がある場合は、専門医に相談してみましょう。

日中の眠気 十分眠っても眠気が強いときは専門医を受診



その11 睡眠薬代わりの寝酒は不眠のもと

夜なかなか眠れないからといって、お酒を飲んでから寝るのは危険です。寝酒は深い睡眠を減らし、夜中に目が覚める原因となります。また、何とか寝ようとして寝酒が習慣づいてしまうと、アルコール依存症の原因になってしまいます。



その12 睡眠薬は医師の指示で正しく使えば安全です

一定時刻に服用し寝るようにしましょう。このとき、アルコールとの併用は避けましょう。



※いびき治療の受診をご希望の方は、お手数ですが事前にご予約ください。

※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  いびき・睡眠時無呼吸症候群  歯ぎしり


ぐっすり眠る12の方法 横浜・中川駅前歯科クリニック