心臓性歯痛 横浜・中川駅前歯科クリニック
心臓性歯痛

心臓性歯痛とは

心臓に酸素と栄養を送る血管(冠動脈)が突然つまり、心臓への血液供給が大きく減少または遮断されると、狭心症や心筋梗塞がおき、最悪の事態では心臓突然死がおきます。

狭心症や心筋梗塞の痛みの85%は胸の痛みと同時に顔面の痛みがおき、15%は顔面のみの痛みがおきます。胸の痛みが多いものの、関連痛として歯、下あご、肩、左前腕が痛むことがあり、ときには歯のみの痛みが自覚されることがあります。

心臓発作 心臓発作の85%は、胸の痛みと同時に顔面の痛みがあります

関連するページ  非歯原性歯痛(歯が原因ではない歯痛)  歯痛 Q&A  歯周病と心臓病



心臓性歯痛の特徴

短時間の痛みが発作的におきること、運動時に痛みが生じやすい傾向にあります。走ったり階段を上るなど運動をすると歯の痛みが悪化し、休息をすると歯の痛みがなくなるといったことがおきます。痛みの持続時間は数分〜20分程度で、30分以上続く場合はより深刻な症状と言えます。



心臓性歯痛の治療

歯科では、歯や下あごの痛みの原因が虫歯や歯周病など歯科に関する病気でないかを診査します。心臓性歯痛が疑われる場合は、適切な医療機関を紹介し、紹介先医療機関での検査、治療となります。

歯の痛みが明らかに心臓性歯痛と思われるときは、早急に内科、循環器科、循環器内科、心臓血管外科などの医療機関を受診します。治療は、狭心症治療薬や抗血栓薬(血管をつまらなくする薬)の服用、心臓バイパス手術などがおこなわれます。

診察 歯の痛みがあるときは、速やかに医療機関を受診します



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  歯痛・顔面痛