横浜・中川駅前歯科クリニック
ちょっと気になるまわりの人のお口の中 

〜日本人の虫歯、歯周病事情〜
どのくらいの歯が虫歯になっているのでしょうか?

日本は先進国で最も虫歯の多い国の一つです。30歳頃には虫歯、あるいは虫歯等で治療した歯が10本を超えます。45歳頃までに半分近くの歯が虫歯になってしまいます。

1人あたりの虫歯の本数  ※親知らずを除くと、永久歯は28本あります。
1人あたりの虫歯の本数(平成23年歯科疾患実態調査)資料:2011年歯科疾患実態調査(厚生労働省)



他の国の人も虫歯がたくさんあるのでしょうか?

調査時期の近い統計で12歳児を比較すると、日本人は1人あたり2.4本の虫歯があります。
これは、先進国の中ではかなり多い虫歯の本数です。12歳児に限らず、日本は大人も子供も虫歯が最も多い先進国の一つとなっています。

12歳児の虫歯の本数
12歳児の虫歯の本数資料:1999年歯科疾患実態調査(厚生労働省)、WHO(世界保健機関)のホームページ

調査年:日本(1999年)、アメリカ(1994年)、イギリス(2001年)、オーストラリア(1998年)、フィンランド(1997年)、スウェーデン(2002年)



●甘いものをたくさん食べているから虫歯が多いのでしょうか?

日本人は、他の先進国に比べて甘い物を控えているにもかかわらず、虫歯が多くなっています。アメリカ、イギリス、フランス、ドイツなどの国では、日本人の2〜3倍も砂糖を摂取しています。

1人あたりの砂糖の消費量(年間)
1人あたりの砂糖の消費量資料:農畜産業振興機構委託調査会社 LMC International Ltd. の推計(2007−2008年度)



●歯をみがいていないから虫歯が多いのでしょうか?

日本では毎日歯をみがく人が95%、1日2回以上も歯をみがく人は73%もいます。ここまで歯をみがいているにもかかわらず虫歯が多いのは、他の先進国に比べて定期検診や予防処置(フッ素、クリーニングなど)の受診者が少ないことが一因としてあげらています。

歯をみがく回数
歯を磨く回数(平成23年歯科疾患実態調査)資料:2011年歯科疾患実態調査(厚生労働省)

関連するページ  毎日歯を磨いているのに虫歯や歯周病になってしまう理由



歯周病の人は、どのくらいいるのでしょうか?

歯周病にかかっている人は、日本人成人の8割もいます。年齢が増すにつれて重症化していき、歯周病にかかっている人の割合は40〜60歳代でピークを迎えます。65歳以上では、歯周病や虫歯によって歯を失う人が増えるため、歯周病にかかっている人の割合も減ります。

歯周病の罹患率
歯周病の罹患率(平成23年歯科疾患実態調査)資料:2011年歯科疾患実態調査(厚生労働省)




歯をもたせるコツは何でしょうか?

虫歯をもたせるコツは、毎日しっかり歯をみがくことはもちろんのこと、食生活や生活習慣に気をつけることが大切です。

また、しみたり、うずいたり、痛んだりするなど悪くなってから歯科医院に通院するのではなく、他の先進国のように、虫歯や歯周病予防のために歯科医院に通院することも大切です。歯科医院では、フッ素塗布、クリーニングなどの予防処置をおこないます。

関連するページ  歯科検診  歯のクリーニング(PMTC)  歯のクリーニング(PMTC)の効果  フッ素



歯があると、かえって医療費がかかってしまうのではないでしょうか?

歯は全身の健康にも大きく関与します。北海道歯科医師会が70歳以上の高齢者、レセプト(診療録)16.7万件を対象におこなった調査では、歯が20本以上ある人は、歯が0〜4本の人に比べて医療費が月額14730円も安く済むという結果となりました。

香川県が65歳以上の高齢者、レセプト(診療録)8.1万件を対象におこなった調査では、歯が20本以上ある人は、歯が0〜4本の人に比べて医療費が月額12199円も安く済むという結果(下図)となりました。

歯がたくさん残っている人のほうが健康に過ごせるだけでなく、医療費も安く済んでいるのです。

1カ月の医療費と歯の本数
1カ月の医療費と歯の本数
資料:北海道歯科医師会の広報、香川県のホームページ

関連するページ  歯を失うことによる損失



●歯があると他にもいいことがありますか?

歯があると食事がおいしく感じられます。55〜75歳の人(1518人)におこなった調査では、「食事がとてもおいしい」と感じている人は平均20本の歯が残っていたのに対し、「食事がおいしくない」と感じている人は平均11本しか歯が残っていませんでした。

歯があると、おいしく食事をすることもできます。

食事のおいしさの感じ方と歯の本数
食事のおいしさと歯の本数
資料:「食の満足度および歯科保健行動と現在歯数との関連について」(8020推進財団 指定研究事業報告2007)


愛知県がんセンターが、おおよそ5000人の癌患者を含む16000人を対象におこなった調査では、歯の本数の多い人ほど癌になるリスクが低いことがわかりました。

歯が0本の人は歯が21本以上ある人に比べると頭頚部癌(舌癌、口腔癌、咽頭癌、喉頭癌)にかかるリスクが3倍、食道癌にかかるリスクは4.4倍も高いという結果となりました。

歯の本数が多くよくかめることは、癌予防にもつながります。

歯の本数と癌になるリスク(歯が21本以上ある人が癌になるリスクを1としたときのオッズ比)
歯の本数と癌になるリスク
資料:第68回日本癌学会学術集会ほか

関連するページ  卑弥呼の歯がいーぜ 〜かむことの大切さについて〜



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  虫歯  歯周病