磁石を使った入れ歯
磁石を使用した入れ歯とは

磁石を使用した入れ歯(磁石式入れ歯、マグネット義歯)は、残っている歯(もしくはインプラント)に金属を装着、入れ歯に高性能の超小型磁石を取り付けた入れ歯です。取り外しがしやすく、見た目に優れる利点があります。

磁石を入れ歯に使用する試みは1950年代にアメリカで始まりましたが、形態が大きく、磁力が弱く、錆びてしまうために普及しませんでした。1992年に日本で錆びない小型の強力磁石(磁性アタッチメント)が開発、販売され、世界での普及が進みました。

日本製品が現在も世界で最も優れており、2012年には日本の主導により国際規格が決まり、2021年9月に磁石を使用した入れ歯が健康保険適応になりました。

当クリニックでは2000年の開院以来、磁石を使用した入れ歯の取り扱いをしています。そのほか、ノンクラスプデンチャーコンフォート金属床義歯など様々な入れ歯の取り扱いをしています。お気軽にご相談ください。

磁性アタッチメント(円形) 磁性アタッチメント(楕円) 様々な形態の磁石が使用されます

関連するページ  磁石を使った入れ歯 Q&A



●磁石の特徴

米粒よりも小さな強力磁石を使用します。精密レーザー溶接によって、腐食に強い金属で磁石を完全に密封しているため、磁石が腐食することはありません。


米粒よりも小さな超小型磁石 米粒(右)よりも小さな磁石(左)です

卵10個を持ち上げる強力磁石 小さくても卵10個をラクラク持ち上げるほど強力です




●磁石を使用した入れ歯の利点


1)装着・取り外しが簡単
強力な超小型磁石により、入れ歯を近づけるだけで、所定の位置にカチッと吸い付くようにはまります。残っている歯にバネを引っかける手間がありませんので、装着・取り外しが簡単にできます。


2)しっかり固定、見た目もスッキリ
小さくても強力な磁石です。入れ歯が外れることなく、しっかり固定されます。バネがないので見た目もスッキリと自然で違和感がありません。


3)手入れが簡単
バネや複雑な装置がないシンプルな構造ですので、食べカスがつまりにくく、清掃も簡単にできます。


マグネット義歯  磁石を使用した入れ歯の構造


磁石を使った入れ歯(装着前)1  磁石を使った入れ歯2  磁石を使った入れ歯(装着時)
1.装着前  2.磁石を使用した入れ歯  3.装着時



磁石を使用した入れ歯の治療方法

残っている歯もしくはインプラントに磁石と相性のよい金属を取り付けて、入れ歯に磁石(磁性アタッチメント)を取り付けるだけです。バネのない入れ歯「ノンクラスプデンチャー」に使用することもできます。

関連するページ  インプラント義歯  ノンクラスプデンチャー



磁石を使用した入れ歯の費用

健康保険適応で磁石1ヶ所につき3000円ほど(3割負担の方)の費用がかかります。そのほか入れ歯の作製費などの費用がかかります。インプラントに磁石を使用する場合は健康保険適応外となります。



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)



関連するページ  入れ歯  インプラント


磁石を使った入れ歯 横浜・中川駅前歯科クリニック