新型コロナウイルス感染症 第2波、第3波に対するお口の備え 横浜・中川駅前歯科
2020年2月から5月にかけては、新型コロナウイルスの感染者が急増して日本中がひっ迫した状況となりましたが、現在は感染者が減少して、以前ほどのひっ迫感はありません。

しかしながら、新型コロナウイルス感染拡大の第2波、第3波が懸念されています。命を守るためにも、お口の感染予防対策が必要となります。

新型コロナウイルス感染症について 感染予防の取り組み


感染に強く(清潔なお口は感染を防ぎます)

口の中が汚れていると、ウイルスは体内に侵入しやすくなり、感染リスクが高まります。また、感染したときに肺炎をおこすリスクが高まり重症化しやすくなります。

毎日の歯みがきをしっかりおこなうほか、歯科医師や歯科衛生士による口腔ケアや歯のクリーニングを受けるなどして、感染に強いお口にしていきましょう。うがい薬を使用して、うがいを頻繁におこなうのもオススメです。

感染に強く

関連するページ  学会からの提言 ウイルス感染に対抗する歯科の重要性  うがい薬



免疫力を高める(お口の機能アップは免疫力アップにつながります)

虫歯や歯周病の治療、入れ歯の作製は、しっかりかめること、しっかり食事をとれることにつながり、栄養摂取の面で免疫力を高めます。また、唾液には細菌やウイルスと戦う免疫物質が含まれていますが、治療によってしっかりかめるようになることは、唾液を増やす要因にもなります。

歯周病は心臓病や糖尿病など全身の病気とも関係しています。歯周病の症状が悪化すると全身の健康状態が悪化して、ウイルスに感染しやすくなります。

免疫力を高める

関連するページ  唾液の力で免疫力アップ!



歯科治療は早めに(治療ができるうちに、できることを)

2020年2月から5月にかけては、患者さんの自己判断による歯科治療の自粛が全国的にみられました。その結果、虫歯や歯周病の症状が悪化するなどの健康被害が各地でみられました。

お口の健康悪化は、全身の健康悪化につながるだけでなく、治療期間の長期化にもつながります。歯科治療は通院できるうちに早めに受けるようにしましょう。

歯科治療は早めに

関連するページ  神奈川県歯科医師会からの7つのお願い



追記)2020年7月24日
イギリス・ケンブリッジ大学の研究者らが、2020年6月末に「ブリティッシュ デンタル ジャーナル」に投稿した研究論文の要旨です。新型コロナウイルス感染症については未知な面が多々あるものの、同様の研究論文は2020年夏頃から世界で発表され始めています。


1918年に大流行したスペイン風邪(新型インフルエンザ)も2009年に流行した新型インフルエンザも、主な死因はウイルスではなく細菌感染だった。新型コロナウイルス感染症による死亡リスクの増加には、口内細菌や歯周病も関与する。

合併症には肺炎、血栓、敗血症、急性呼吸窮迫症候群があり、これらの合併症は歯周病菌などの細菌が関与する。重症の新型コロナウイルス感染症患者は細菌感染している。

重症の新型コロナウイルス感染症患者の肺には、口内細菌が多数存在しており(下図)、口内を清潔、健康にすることは合併症のリスクも下げる可能性がある。

歯周病菌
Could there be a link between oral hygiene and the severity of SARS-CoV-2 infections? British Dental Journal volume 228,971–975 2020





新型コロナウイルス感染症 第2波、第3波に対するお口の備え
(2020年7月1日)