静脈内鎮静法 横浜・中川駅前歯科クリニック

静脈内鎮静法

当クリニックでは患者様のご負担を減らすために、インプラント埋入手術及び補助手術(骨移植など)の際に、希望される患者様に限り静脈内鎮静法をおこなっています。



●静脈内鎮静法とは

静脈内鎮静法は麻酔方法の一つで、痛みを和らげたり、リラックスさせる作用のある薬を血管に投与して、手術時の痛みや不安感、ドキドキ感を和らげるものです。全身麻酔ではありません。

診療 手術中の痛みを和らげます

関連するページ  静脈内鎮静法 Q&A  静脈内鎮静法と全身麻酔、笑気吸入鎮静法との違い



●静脈内鎮静法のメリット

手術時の痛みや不安感、ドキドキ感が和らぎます。

手術中は寝てしまったり、うとうとしてしまうため、手術時間が短く感じられます。

手術中の血圧や脈拍が安定します。手術中はモニターを使用して全身状態を把握しますので、高血圧など全身の病気が気がかりな方でも安心して治療にのぞめます。

生体情報モニタ 手術中はモニターを使用して全身状態を把握します



●静脈内鎮静法が適応となる方

歯科治療が苦手な方。

リラックスして手術を受けたい方。

高血圧、糖尿病、心臓病など全身の病気をお持ちで、手術に不安がある方。

口の中に物が入るとオエッとなる方(嘔吐反射の強い方)。

静脈内鎮静法 当クリニックではインプラント治療時におこなっています



●静脈内鎮静法が適応にならない方

妊娠中の方。

開口障害、小顎症など気道確保が困難な方。

重篤な全身疾患をお持ちの方。

重症筋無力症、緑内障の方。

マタニティ 妊娠中の方は適応になりません



●痛みについて

静脈内鎮静法をおこなうと、手術中の痛みが和らぐほか、多くの場合、手術中の不快な経験が残らなくて済みます。手術中のことを全く覚えていない患者様もいます。



●治療方法について

当クリニックでは、専門の麻酔科医が静脈内鎮静法をおこないます。手術中は麻酔科医が患者様の全身状態を把握しながら治療をすすめていきます。


当クリニックではインプラント治療および補助手術(骨移植など)の際に、希望する患者様に限り静脈内鎮静法をおこなっております。麻酔科医が非常勤のため、保険診療では静脈内鎮静法はおこなっていません。
保険診療で静脈内鎮静法を希望される患者様においては、診させていただいた後に適切な医療機関をご紹介させていただくことも可能です。




※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)



関連するページ  インプラント