歯科麻酔 Q&A 横浜・中川駅前歯科クリニック
Q.歯科医院では、どのような治療のときに麻酔を使用しますか?

A.虫歯、歯周病、抜歯、インプラント手術など、様々な治療で麻酔が使用されます。

関連するページ  歯科麻酔


Q.中川駅前歯科クリニックでは、歯科衛生士も麻酔をしていますか?

A.2020年から歯科医院での診療にて麻酔をおこなう歯科衛生士が増加傾向にありますが、当クリニックでは歯科衛生士による麻酔はおこなっていません。


Q.注射は痛いので苦手なのですが。

A.極細の注射針の使用など、痛みを少なくする方法があります。診療の際にご相談ください。


Q.笑気麻酔とはどのような麻酔ですか?

A.笑気(しょうき)麻酔は、不安や恐怖感を軽くして、痛みを感じにくくする麻酔です。リラックスして歯科治療を受けることができます。歯科治療が苦手な方、病気や障害のある方を主な対象とした麻酔です。

関連するページ  笑気麻酔  笑気麻酔 Q&A


Q.中川駅前歯科クリニックでは笑気麻酔をおこなっていますか?

A.おこなっています。お気軽にご相談ください。


Q.笑気麻酔は健康保険がききますか?

A.健康保険適応の麻酔です。


Q.なるべく麻酔をしないで治療をしてもらうことはできますか?

A.できます。なるべく麻酔をしないでほしいという患者様がいる一方で、なるべく麻酔をしてほしいという患者様もいます。ご要望がありましたらお申し付けください。


Q.麻酔が効きにくい体質はありますか?

A.体質により麻酔の効果が影響されることはありませんが、歯や歯肉に炎症があるとき、下あごの奥歯、膿がたまっているとき、緊張が強いときは麻酔が効きにくいことがあります。


Q.麻酔をした後に気分が悪くなったことがあるのですがアレルギーでしょうか?

A.多くは針で刺した時の痛みや恐怖心によるものです。非常にまれですが、アレルギー(過敏症)もあります。


Q.麻酔は血圧を上げる成分が入っていると聞きました。

A.麻酔の大部分には効果を上げ、作用時間を延ばすために、血管を細くさせる成分が入っています。この成分は血圧を上げることがありますが、健康な人には無害とされています。高血圧、心臓病など、全身の病気をお持ちの方はご相談ください。

関連するページ  全身のご病気、障害、こころの病気をおもちの方の歯科治療


Q.妊娠中でも麻酔をして歯科治療はできますか?

A.通常は問題なくできます。

関連するページ  妊娠中の歯科麻酔


Q.歯科恐怖症です。できれば注射を避けたいのですができますか?


A.治療内容によります。ご来院の際にご相談ください。

関連するページ  歯科恐怖症  歯科恐怖症 Q&A


Q.麻酔液を飲み込んでしまったのですが大丈夫でしょうか?

A.大丈夫です。ご安心ください。


Q.以前に治療した時は麻酔は1時間で効果がなくなりましたが、今回は5時間も麻酔の効果が続きました。何か異常があったのでしょうか?

A.特に異常はないと思われます。麻酔の量、麻酔をした部位などにより、5時間ほど麻酔の効果が続くこともあります。


Q.歯科医院で麻酔をした後に予防接種を受けてしまいました。大丈夫でしょうか?

A.まず問題はありませんのでご安心ください。


Q.歯科医院で治療を受けてから頭痛があります。治療時に使用した麻酔が原因でしょうか?

A.状況にもよりますが、麻酔の可能性は低いと思われます。


Q.注射をしてから半年たっても、注射したところが痛みます。原因は何でしょうか?

A.神経障害性疼痛などが考えられます。専門の歯科医師にご相談されるのがよいかと思います。

関連するページ  神経障害性疼痛  歯科治療後の神経障害性疼痛  神経障害性疼痛 Q&A



Q.受診前にメールで相談することはできますか?

A.メールにてご相談をお受けしています。お気軽にご相談ください。



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)



関連するページ  虫歯  歯周病  親知らず  マタニティ歯科  インプラント


歯科麻酔 Q&A