胃食道逆流症と酸蝕症(酸蝕歯)
胃食道逆流症と酸蝕症(酸蝕歯)

胃酸などの胃の内容物が食道に逆流して、食道がただれたり、潰瘍ができる病気「胃食道逆流症(逆流性食道炎、GERD)」は、歯が溶ける病気「酸蝕症(酸蝕歯)」を引きおこします。

胃液はph1~2の強酸のため、胃酸が逆流して口の中に入ると、歯は酸によって溶かされていきます。

逆流する胃酸だけでなく、胃酸による酸性ガスの逆流も酸蝕症の発症に関与しています。胃食道逆流症の自覚症状がほどんどないものの、酸性ガスによって顕著な酸蝕症の症状があらわれることもあります。

酸蝕症にかかると、歯が欠ける、しみる(知覚過敏)、へこむ、つめ物がとれる、虫歯になる等の症状がでます。

胃食道逆流症と酸蝕症との関連は1937年に最初に報告され、2006年に世界各国の専門家によって発表された「モントリオール定義(Global Consensus Montreal Definition)」では、胃食道逆流症は酸蝕症との関連を明確にしています。

日本では、2009年に日本消化器病学会が作成した「胃食道逆流症 診療ガイドライン」で、酸蝕症の原因として胃食道逆流症があると明記されました。胃食道逆流症は歯に関連の深い病気となっています。


歯がしみる 歯がしみたり、痛みがでたりすることがあります

関連するページ  胃食道逆流症(GERD)  睡眠時無呼吸症候群と胃食道逆流症  酸蝕歯



酸蝕症(酸蝕歯)の発症率※1-4

胃食道逆流症にかかると、酸蝕症を発症する割合が高いことが、多くの研究により明らかにされています。

島根大学の研究者が70人を調査したところ、一般の人は酸蝕症がみられなかったのに対し、胃食道逆流症の患者さんは24.3%に酸蝕症がみられました。また、胃食道逆流症の患者さんは唾液の分泌量は少なく、飲み込む機能(嚥下機能)も低下していました。

スペインの大学の調査では、一般の人は12.5%にしか酸蝕歯はみられませんでしたが、胃食道逆流症の患者さんは47.5%に酸蝕歯がみられました。また、ナイジェリアの大学の調査では、一般の人は5%にしか酸蝕歯はみられませんでしたが、胃食道逆流症の患者さんは16%に酸蝕歯がみられました。


酸蝕症(酸蝕歯)に関する主な研究
研究者 結果
島根大学※1 一般の人には酸蝕歯の人はいなかったが、胃食道逆流症患者は24.3%に酸蝕歯がみられた。唾液の分泌量は胃食道逆流症患者の方が明らかに少なかった。
バレンシア大学
(スペイン)※2
一般の人は12.5%にしか酸蝕歯がみられなかったが、胃食道逆流症患者は47.5%に酸蝕歯がみられた
オバフェミ・アウォロウォ大学
(ナイジェリア)※3
一般の人は5%にしか酸蝕歯がみられなかったが、胃食道逆流症患者は16%に酸蝕歯がみられた
クオピオ大学
(フィンランド)※4
胃食道逆流症患者を調べたところ、24%に酸蝕歯がみられた


酸蝕症(酸蝕歯)の発症率※1-3
酸蝕症の発症率



酸蝕症(酸蝕歯)の予防と治療

酸蝕症の予防のために、胃食道逆流症の治療のほか、食生活や歯みがき方法を工夫していきます。唾液の分泌量が少ないと胃食道逆流症や酸蝕症の症状が悪化するため、必要に応じてドライマウス(口腔乾燥症)の治療もおこないます。

また、歯科医院で定期的に検診をおこない、歯に異常がないかをチェックしてもらいます。予防処置(歯のクリーニングなど)を受け、歯みがき方法や飲食物の摂取方法のアドバイスを受けることも大切です。

酸によって溶かされた歯は、治療により治していきます。


検診 食生活や歯みがき方法の工夫、歯科医院での予防処置が大切です

関連するページ  ドライマウス(口腔乾燥症)  歯のクリーニング(酸蝕歯予防)



※1 肥後智樹、向所賢一、杉原洋行 GERDと歯牙酸蝕症候群 呼吸器内科21(5)453-458  ※2 Munoz JV,Herreros B,Sanchiz V,Amoros C,Hernandez V,Pascual I, Mora F,Minguez M,Bagan JV,Benages A. Dental and periodontal lesions in patients with gastro-oesophageal reflux disease. Dig Liver Dis. 35(7):461-7. ※3 Adeleke O Oginni,Elugwaraonu A Agbakwuru,Dennis A Ndububa The prevalence of dental erosion in Nigerian patients with gastro-oesophageal reflux disease BMC Oral Health 5:1  ※4 Meurman JH,Toskala J,Nuutinen P,Klemetti E. Oral and dental manifestations in gastroesophageal reflux disease. Oral Surg Oral Med Oral Pathol. 78(5):583-9



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  胃食道逆流症(逆流性食道炎)  酸蝕症


胃食道逆流症と酸蝕症(酸蝕歯) 横浜・中川駅前歯科クリニック