インビザライン Q&A 横浜・中川駅前歯科クリニック
インビザライン Q&A
Q.インビザラインとはどのような矯正治療ですか?

A.
ワイヤー(針金)を使わず、マウスピースを使用する矯正治療です。目立ちにくく、取り外しもできるといった非常に優れた特徴をもっています。

ワイヤー矯正との比較 インビザライン(左)とワイヤー矯正(右)

関連するページ  インビザライン  ワイヤー矯正



Q.他のマウスピースを使用した矯正治療との違いは何でか?

A.
インビザラインは、歯の型をとる回数が1回で済むという利点があります。また、マウスピース矯正の中では世界で最も実績があり、2015年までに350万人以上の人が治療を受けています。

インビザライン インビザライン

関連するページ  マウスピース矯正  マウスピース矯正の比較



Q.治療期間はどのくらいですか?

A.
歯並びの状態にもよりますが、数ヶ月から2年ほどで治療は終了します。



Q.通院間隔はどのくらいですか?

A.
おおよそ3〜5週間に1回のペースでの通院となります。



Q.治療費用はどのくらいですか?

A.
治療費用は55〜110万円です。詳細はご来院の際にお問い合わせください。



Q.他のマウスピース矯正よりも、なぜ費用がかかるのでしょうか?

A.
他のマウスピース矯正は、マウスピースを日本でも作製しているのに対し、インビザラインはアメリカでマウスピースを作製しています。そのため、どうしても費用がかかってしまいます。



Q.1日何時間くらいマウスピースの装着が必要ですか?

A.
就寝時間も含めて、1日20時間以上の装着が必要です。



Q.何回くらいマウスピースを交換するのですか?

A.
矯正治療中に20〜40回、マウスピースの交換をおこないます。

マウスピース矯正 定期的にマウスピースを交換して歯を動かしていきます



Q.子供でも治療を受けることができますか?

A.
第2大臼歯(前から7番目の歯)が生える、12歳頃から治療を受けることができます。



Q.インビザラインでの治療中は、虫歯の治療ができないと聞いたのですが。

A.
虫歯の治療はできます。ただ、他のマウスピース矯正とは異なり、一つの歯の型で治療終了までのマウスピースを作製するため、虫歯の治療はしにくいといえます。



Q.抜歯を必要とするケースにおいてもインビザラインは適応になりますか?

A.
抜歯を必要とするケースにおいても適応となりますが、多くは従来のワイヤーを使用した矯正装置の併用が必要となります。



Q.タバコを吸っています。マウスピースがヤニで汚れませんか?

A.
2週間に1度、新しいマウスピースに交換しますので、目立った汚れが着くことはありません。ご安心ください。

関連するページ  マウスピースの取り扱い方法



Q.マウスピースを使った矯正治療には、他にどのようなものがありますか?

A.
インビザライン以外にも、アクアシステム、クリアアライナー、アソアライナーなどがあります。それぞれ特徴がありますので、治療の際はご自身にあったものを選んでいただけたらと思います。

関連するページ  アクアシステム  クリアアライナー  アソアライナー



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  矯正歯科・歯並び  マウスピースを使用した新しい矯正治療