シェーグレン症候群の治療 横浜・中川駅前歯科クリニック

現在のところ、シェーグレン症候群は完治させることはできません。そのため、口や目の乾燥症状を軽くさせることや病状の進行を抑えていくことに重点をおいた治療となります。



目の乾燥(ドライアイ)の治療  眼科(主な診療科)

治療では涙の補充や涙の蒸発を防ぐ方法がおこなわれます。

点眼治療ではヒアルロン酸の点眼液や涙に近い成分でできた人工涙液を使用します。これにより、角膜の障害や眼の乾きや痛みなどの自覚症状は改善されます。1日に何回も点眼しますので防腐剤の入っていない目薬を使用します。眼表面の炎症に対して、ステロイド剤の点眼薬を短期間使用することもあります。

2010年12月に、新しい画期的な点眼液「ジクアホソルナトリウム(商品名:ジクアス点眼液3%)」が販売されました。ドライアイの薬としては15年ぶりの新薬で、従来のヒアルロン酸の点眼液に比べると効果が高いものとなっています。

点眼で不十分な場合は、鼻側の上下にある涙の排出口である涙点を閉じる方法があります。また、涙の蒸発を防ぐために、眼鏡の周りにプラスチック製のカバーをつけたもの(ドライアイ眼鏡)を使用する方法もあります。

ジクアス点眼液3% ジクアス点眼液3%

関連するページ
シェーグレン症候群 シェーグレン症候群 Q&A シェーグレン症候群と歯科 Q&A




口の乾燥(ドライマウス)の治療  歯科(主な診療科)

シェーグレン症候群にかかると、唾液の減少によって口の中は汚れ、かなり虫歯なりやすくなります。そのため、しっかりした歯みがきや食生活によって、口の中を清潔にすることが非常に大切になります。

歯科医院で虫歯や歯周病の治療をおこなうのはもちろんのこと、定期的にクリーニング(PMTC)などの予防処置をおこないます。

口の乾燥感に対しては、唾液の分泌を促進する薬(サリグレン、エポザックなど)の服用や洗口液(オーラルウエットなど)の使用、生活習慣の改善などをおこないます。

SSt バイオティーン ドライマウスで使用する薬

関連するページ
ドライマウス  ドライマウスの治療で使用される薬剤  シェーグレン症候群と歯科疾患




その他の治療  内科、リウマチ科(主な診療科)

関節痛には非ステロイド抗炎症剤が主に使用されます。

唾液腺、涙腺の病気の進行を防ぐため、新しい治療として免疫抑制剤(プレディニン)による治療がおこなわれています。繰り返される、なかなか治らない唾液腺の腫れには、ステロイド剤を使用することがあります。

虫歯だけでなく、口内炎もできやすくなります。口内炎の治療では、ステロイド剤などが使用されます。

関連するページ  口内炎  口内炎の治療



日常生活で気を付けること

ストレスや疲労がたまると症状が悪化することから、日常生活においては無理のない生活を過ごしていくことが大切となります。

口や目の乾燥は、重症になると日常生活に著しく障害をもたらすため、エアコン、風の強いtころ、タバコの煙にも注意をしていきます。皮膚に対しては、石鹸の使用、頻繁に風呂に入ること、熱い湯につかることは控えます。

また、不定の全身症状が生じることも多く、個人差も大きいため、きめ細かい対応が求められます。  


日常生活でのポイント
規則正しい生活を送る/安静と十分な睡眠/バランスの取れた食事/寒冷を避ける/精神的ストレスを避ける/適正体重の維持/適度な運動/強い日光を避ける



シェーグレン症候群の治療は、内科、膠原病内科、リウマチ科、眼科、皮膚科、小児科、歯科、口腔外科などでおこないます。当クリニックは、ドライマウス研究会、日本シェーグレン症候群学会に所属する歯科医師が在籍しています。


※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  ドライマウス(口腔乾燥症)  シェーグレン症候群(Sjögren syndrome


シェーグレン症候群の治療