シェーグレン症候群 Q&A

Q.シェ―グレン症候群とはどのような病気ですか?

A.
口や目の乾燥、関節痛、発熱、疲労感などの症状のある病気です。

発熱

関連するページ  シェーグレン症候群 シェーグレン症候群の診断 シェーグレン症候群の治療


Q.日本にどのくらいの患者さんがいるのですか?

A.
30万人以上の患者さんがいるとされています。95%が女性です。



Q.小児が発症することもあるのでしょうか?

A.
まれですが、発症することがあります。小児では口や目の乾燥症状は大人に比べると少なく、発熱、関節痛などの症状、検査により診断されることが多い傾向にあります。

小児

関連するページ  小児のシェーグレン症候群


Q.慢性関節リウマチにシェーグレン症候群が合併する割合はどのくらいですか?

A.
慢性関節リウマチの患者さん(国内患者数約70万人)の20%がシェーグレン症候群を合併しているとされています。

関節痛

関連するページ  歯周病と関節リウマチ


Q.何科を受診すればよいのでしょうか?

A.
一部の内科、膠原病内科、リウマチ科のほか、眼科、皮膚科、小児科、歯科、口腔外科などで治療をおこないます。

関連するページ  シェーグレン症候群と歯科疾患  シェーグレン症候群と歯科 Q&A



Q.遺伝しますか?

A.
遺伝による発病は2%以下とされており、近親者に患者さんがいてもほとんどは発病しません。遺伝よりも、免疫異常、環境的な要因、女性ホルモンなどが複雑にからみあって発病しているのではないかと考えられています。

母子


Q.人から人へと感染しませんか?

A.
感染することはありません。



Q.色々な症状があるようですが、全て症状として現れるのでしょうか?

A.
複数の症状が現れることはよくありますが、全て症状として現れることはまずありません。最も多いのは口と目の乾燥です。

関連するページ  ドライマウス



Q.関節痛とシェーグレン症候群は関係がありますか?

A.
シェーグレン症候群の患者さんの6割に関節痛がみられます。強い関係があるといえます。



Q.慢性甲状腺炎(橋本病)とシェ―グレン症候群を同時に発症することはありますか?

A.
慢性甲状腺炎とシェ―グレン症候群は共に自己免疫疾患で、同時に発症することがよくあります。

関連するページ  ドライマウスを引きおこす全身の病気



Q.シェーグレン症候群とミクリッツ病は同じ病気ですか?

A.
長く同じ病気と考えられていましたが、2010年前後になって違う病気と認知されるようになりました。

関連するページ  ミクリッツ病(IgG4関連疾患)



Q.目が乾きます。シェーグレン症候群ですか?

A.
テレビやパソコンを長時間見たり、コンタクトレンズの常用、エアコンの使用などを原因として目が乾くこともあります。目が乾く「ドライアイ」の患者数は2200万人ともいわれており、ドライアイの患者さんのおおよそ1~2%がシェーグレン症候群にかかっています。

ドライアイ


Q.目の乾燥症状にはどのようなものがありますか?

A.
目がころころする、目がかゆい、目が疲れる、涙が出ないなどの症状があります。



Q.目の乾燥はどのようにしておこるのでしょうか?

A.
自分自身の細胞が涙腺を破壊するため、涙液が減少して目の乾燥がおきます。



Q.シェーグレン症候群の治療では、どのようなことをおこないますか?

A.
口や目の乾燥症状を改善したり、現れた症状を抑える治療がおこなわれます。根本から治す治療は現在のところありませんが研究も進んでおり、将来は完治が可能となることが期待されています。

関連するページ  シェーグレン症候群の治療



Q.病気は進行しますか?

A.
急速に進行することはあまりなく、よくなったり悪くなったりを繰り返していく傾向があります。



Q.出産はできますか?

A.
出産は基本的に問題ありません。ただ、事前にかかりつけの医師に相談されるのがよいでしょう。

マタニティ


Q.薬を飲むと、皮膚が荒れます。薬剤アレルギーですか?

A.
シェーグレン症候群の患者さんは、薬剤アレルギーをおこす割合が高い傾向があります。



シェーグレン症候群の治療は、内科、膠原病内科、リウマチ科、眼科、皮膚科、小児科、歯科、口腔外科などでおこないます。当クリニックは、ドライマウス研究会、日本シェーグレン症候群学会に所属する歯科医師が在籍しています。


※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  ドライマウス(口腔乾燥症)  シェーグレン症候群(Sjögren syndrome


シェーグレン症候群 Q&A 横浜・中川駅前歯科クリニック