ロゴ 医療法人 岡クリニック

児童の診療

発達相談と発達検査

就学前の発達検査

1歳半、3歳の健診で心身の発達の遅れを指摘されて療育を受けた、経過観察が必要と言われた、あるいは幼稚園・保育園で発達の問題があるのではないと言われたお子さんに対して、小学校入学前に発達検査と発達相談を希望される保護者の方がよくいらっしゃいます。

当院では医師が診察し、公認心理師・臨床心理士が発達検査を実施し、広汎性発達障害や ADHD(注意欠陥多動性障碍)の有無やその程度を診断し、保護者の方にご説明し、今後についてのアドバイスを行っています。必要であれば、検査結果と医師の所見を記載した診断書を発行することができます。

児童のADHDの診断と治療

小学校に入学したが、落ち着きがなく多動で、学校生活や学習に困難が生じることがあります。それには様々な要因が関係していますが、ADHD(注意欠陥多動性障碍)が背景にあることも少なくありません。

この疾患は生来的なものですので、医師と公認心理師・臨床心理士がこれまでの生育歴と現症を確かめ、発達検査を実施し、ADHDの存在の有無を確認します。そして保護者の方に疾患の性質をよくご理解いただき、学校に診断書を出すなどの環境調整を行い、それでも不十分な場合は薬物療法も併用します。

チック症

本人の意志とは関係なく、まばたき・顔をしかめる・首を振るなどの運動、あるいは咳払い・鼻を鳴らす、舌を鳴らす・うんうんと言うなどの音声を繰り返す状態が一定期間続きます。

発症のピークは5-6歳頃です。子供の10-20%で何らかのチック症が認められると言われていますが、多くは一過性で数ヶ月から1年以内に消失します。

ですので基本的には治療は必要なく、経過観察で結構です。症状をやめさせようと注意したり、叱責したりするのは逆効果です。

時に慢性化し、様々なチックが入れ替わり立ち代わり現れ、1年以上続く時には、トゥレット障碍と言われます。この場合にはリスペリドンなどの薬物療法も検討します。

不登校

登校前に腹痛・頭痛・吐き気がして、徐々に登校しにくくなり、最終的に全く登校できない状態になることが多々あります。これを不登校と言いますが、病名ではなく状態像です。対応の基本は環境調整です。

初期の段階では学校に行くことを促す(登校刺激)も有効ですが、月単位で長引くと登校刺激は逆効果です。基本的には担任の先生やスクールカウンセラーと連携して、時間をずらした登校や別室登校を利用して徐々に通学に慣れていく必要があります。

義務教育を終えた高校生なら、どうしても登校できないなら、単位制高校への転校は考慮する価値があります。最近は進学コースなども整備されていますので、ご相談に行かれることをお勧めします。

時に統合失調症の発症によって不登校になっていることがありますので、注意が必要です。