歯のクリーニング(PMTC)の効果 横浜・中川駅前歯科クリニック
歯のクリーニング(PMTC)の効果
●歯のクリーニング(PMTC)の効果

歯のクリーニング(PMTC)には、虫歯や歯周病の予防など様々な効果があります。日常の歯みがきだけでは虫歯や歯周病になりやすく、歯の健康を維持管理していくのは難しいため、定期的(3〜6ヶ月ごと)な歯のクリーニング(PMTC)が必要となります。


クリーニングの効果
歯がきれいになります/歯についたタバコのヤニ、茶渋、歯石を除去できます/歯がツルツルになります/風邪や肺炎を予防します/口臭を防ぎます/虫歯ができにくくなります/つめ物がより長持ちします/歯の寿命が延びます/歯周病になりにくくなります/歯周病の進行を抑えることができます/
口の中の細菌が減少します/がん治療後の感染等の合併症を予防できます  ほか

診察 歯のクリーニング

関連するページ  歯のクリーニング  クリーニング Q&A  歯磨きでインフルエンザ予防



●歯のクリーニング(PMTC)と残存歯数
※1、2

日本の歯科医院での結果です。定期的に歯科医院に来院し、歯のクリーニング(PMTC)をおこなった人(開始時の平均年齢39歳)は26年間に平均2.2本しか歯を失いませんでした。日本人の平均では、同じ期間に9.6本も歯を失っています。

毎日の歯みがきだけの予防であれば、年を取るとともに歯はどんどん失われていきます。
しかしながら、定期的に歯のクリーニング(PMTC)をおこなうと、歯を失うのを抑えることができます。

歯のクリーニング(PMTC)と残存歯数


関連するページ  毎日歯を磨いているのに虫歯や歯周病になってしまう理由



●歯のクリーニング(PMTC)と虫歯の本数※3

PMTCを提唱した予防歯科の世界的権威であるアクセルソン教授(スウェーデン)の研究によると、歯のクリーニング(PMTC)を定期的に続けた人とそうでない人との虫歯の発生率は、6年間で何と70倍もの差になりました。

また、定期的に歯のクリーニング(PMTC)をおこなった人は15年間に0.7歯面、30年間に1.2歯面しか虫歯になりませんでした。

「甘いものを控える」、「歯みがきをしっかりする」といった従来の虫歯予防方法だけでは、多くの人において虫歯は発生します。定期的に歯のクリーニング(PMTC)をおこなうと、虫歯の発生を防ぐことができます。

歯のクリーニング(PMTC)の虫歯予防効果



●歯周病の予防効果※4

世界的に有名なアメリカの研究所の報告によると、歯周病の治療を終えた人に対して定期的に歯のクリーニング(PMTC)をおこなうと歯周病菌は大きく減少し、その後も歯周病菌は低いレベルで維持されるという結果となりました。

下記は歯と歯肉の隙間(歯周ポケット)の歯垢(しこう、プラーク)の中の細菌数です。歯周病において最も悪さをする「レッド・コンプレックス」と呼ばれる3種類の細菌の数が、歯のクリーニング(PMTC)によって激減しているのがわかります。

歯のクリーニング(PMTC)の歯周病予防効果
Pg菌:ポルフィノモナス・ジンジバリス(Porphyromonas gingivalis) Td菌:トレポネーマ・デンティコーラ(Treponema denticola) Tf菌:タンネレラ・フォーサイセンシス(Tannerella forsythensis)

関連するページ  歯周病菌ってどんな菌?  歯周ポケット  歯垢と歯石



●癌治療に伴う合併症の予防効果※5

がん治療では、口内炎、ドライマウス(口腔乾燥症)、肺炎、味覚障害、知覚過敏、感染症など、口の中に様々な合併症が引きおこされます。

がん治療に伴う口の中の合併症の発症率は、通常の抗がん剤治療の40%、大量に使用する抗がん剤治療の80%、顔や首周囲のがんの放射線治療の100%となっています。また、食道がんなど負担の大きな手術は、手術後に肺炎など重篤な感染症がおきることがあります。

がん治療前に虫歯や歯周病の治療を済ませ、がん治療前後に歯のクリーニング(PMTC)を中心とする口腔ケアをおこなうと、痛み、感染症などの合併症が低下することが明らかにされています。

宮城県立がんセンターの研究グループが頭頸部がん(鼻、口、あご、のどなどにできるがん)の患者さんに対しておこなった調査では、手術部位の感染率は歯のクリーニング(PMTC)を中心とする口腔ケアをおこなった人は2.1%だったのに対し、おこなわなかった人は22.9%にもなりました。また、手術後の合併症発症率も大幅に下がりました。

歯のクリーニング(PMTC)の癌治療に伴う合併症予防効果

関連するページ  がん治療前・治療後の歯科治療  ドライマウス(口腔乾燥症)  誤嚥性肺炎



歯のクリーニングを希望される方は、お手数ですが事前にご予約(電話番号 045−910−2277)ください。歯のクリーニングは健康保険が適応となります。


※1 須田聡ほか:長期メインテナンス患者における歯の喪失に関する一考察.日本歯周病学会誌,51(2)169-174,2009  ※2 歯科疾患実態調査(2005年、厚生労働省)  ※3 Axelsson P, Nystrom B, Lindhe J.:The long-term effect of a plaque control program on tooth mortality, caries and periodontal disease in adults. Results after 30 years of maintenance. J Clin. Periodontol 31:749-757, 2004  ※4 Ximenez-Fyvie LA, Haffajee AD, Som S, Thompson M, Torresyap G, Socransky SS : The effect of repeated professional supragingival plaque removal on the composition of the supra- and subgingival microbiota. J Clin Periodontol, 27: 637-647, 2000.  ※5 島田純、藤原哲次、河野正允、林正樹ら 頭頸部放射線治療のおける専門的口腔ケアの取り組みについて 第3報 口腔・咽頭科21(1)、64、2008ほか


※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方




関連するページ  ホワイトニング・歯のマニキュア 予防歯科 歯科検診 歯周病 マタニティ歯科